カテゴリ: スピンオフ

北陸新幹線の延伸開業によって、かつての在来線時代のいわゆる「全停車」ではなくなった駅が2つあります。一つは、富山県の商都高岡駅の新幹線駅として設置された新高岡駅、もう一つは新潟県の上越地方の中心直江津駅の新幹線駅として設置された上越妙高駅です。

新高岡駅は地元財界の激しい運動により臨時かがやきの停車を実現させましたが、上越妙高駅については新潟県のおさがわせ知事泉田氏の強い要望にもかかわらず、今でもすべてのかがやきは通過していきます。

ただし、以前のとやどこの乗車レポートにもあるように、かがやき通過駅の中で上越妙高駅のはくたか利用者の数は明らかに群を抜いています。今回は、そんな上越妙高駅に実際に行ってみましたが、くしくもそこは同じ名称を持つ上越新幹線を枝線化するほどのポテンシャルを秘めた駅だと確信しました。

謙信公が見守る上越妙高駅の全景。JRの緑ロゴが、この駅が東日本の運営であることを実感させてくれます。

駅舎の入り口付近にはこのような円筒形の建物がありますが、

中はもてなしドームという多目的広場になっています。ここら辺のセンスはこの数年間にいくつもの新幹線の新駅を作ってきたJR東日本の面目躍如というどころです。

そして、この「越五」というキーワードにこの上越妙高駅の覚悟が見えてとれます。

もてなしドームの柱にあった佐渡航路の案内。この駅が佐渡ヶ島への玄関口でもあることがわかります。もちろん佐渡は「越五」の一角を占めます。

ドーム横のエスカレーターを昇りコンコースへ上がると最初に目につくのがこちらのパネル。実は上越地区のみなさんの顔写真を張り詰めて作ってあります。


そして、この駅の最大の見所は、もてなしドームの反対側に設置された妙高山を一望できる展望ロビー。改札外なので、もちろん入場券不要でこの景色を楽しめます。

展望ロビーのすぐ近くにえちごときメキ鉄道の乗り場があります。改札ラッチがとてもcoolです。

えちごトキめき鉄道の駅は、新幹線駅の真横に設けられてます。皆さんご存知のように、元は信越線の脇野田駅を移転して設置された駅です。

展望ロビーを背に、自由通路を望みます。木材を効果的に使った内装はcoolすぎます!北陸新幹線の新駅の自由通路の中で最も美しいのではないでしょうか。我が富山駅には、そんな自由通路そのものがありませんが。

改札前にはこんなお店も。

店内では新潟の銘酒を楽しめます。新幹線の待ち時間にちょうどいいです。

お値段も手頃でメニューも充実です。

お隣には、地元の駅弁屋さんが。

改札横にはコンビニもあります。富山県内の新幹線駅では実現できない乗車前の雑誌、新聞の購入もバッチリです。

店内には登山用のウエアも揃っています。

もちろんATMも完備。本当に細かい気配りです。

こちらが改札です。改札外からコンコース内を見渡せる開放的な造り。

改札内にある待合室です。座る部分がくぼんでいるのが特徴で、とても使いやすかったです。上越妙高駅にある椅子は全てこのタイプのものです。

ホーム全景です。駅舎は完璧なくらいにcoolな上越妙高駅の少し残念な点がこのホーム。全体的に無機質すぎて、上毛高原駅的な寒々しさを感じられずにはいられません。ホーム脇の柱も、ホーム全体の開放感を阻害しています。

この鉄骨剥き出しの天井がその要因なのでしょうか。ことホームに関しては、柱を立山杉をイメージしたデザインでホームの中央部に設置した富山駅のデザインに秀悦さを感じます。

そうこうしているうちに、富山方面へのかがやきがホームに飛び込んで来ました。JR西日本ではおなじみの列車接近時の鉄道唱歌はここでは流れません。上越妙高駅では自動アナウンスのみです。逆に、あの鉄道唱歌というのは、駅全体を盛り上げる一つの演出になっていると実感。

上越妙高駅のかがやき停車が先なのか、それとも速達タイプのはくたかが増発されるのか。そんなことを思いながら、かがやきを見送ります。

ホームのお供は、これ、改札横のコンビニで買ったアルビレックスデザインの「勝ちの種」。ことサッカーに関しては、我が富山は隣県の新潟、金沢に惨敗。カターレがかがやくのはいつのことやら。

先ほどのかがやきを見送ってから15分もしないうちに、またホームにはかがやきが。これを見た、同じホームの待合室内にいた利用者の方曰く、
「糸魚川駅と(この駅の)停車本数が同じなのはおかしい。」
「向こうは、糸魚川単体の駅だけど、こっちはいろんな地域の中心駅だよ。そういうの解ってないんだよ国鉄は。」

多少年配の方々の議論でしたが、上越地区の方々の批判の矛先が、隣接する糸魚川駅に向けられているのは興味深い点です。上越妙高駅利用者のみなさんが、ほんとうにここは「越五」地区の中心駅であるとの矜持を持たれているからでしょう。

そんな「越五」の中心駅である印は、毎時のはくたか停車時のホームの様子に表れます。ここは県都の駅かと見迷うごときホームの賑わい。

この日はGW最終日だったため、まだ、はくたか発車15分前ですが、ホームには自由席争奪戦の列が。

はくたか停車後の改札は人であふれます。

このように、北陸新幹線の延伸区間の中でも利用者が多い上越妙高駅ですが、駅にいらした多くの方からこの駅に対するマイレール的な愛情を持っていらしゃることをひしひしと感じました。

開業前、上越地区への中心都市である直江津駅に行くには、費用対効果でほくほく線経由の方が有利だという意見もありましたが、この盛況ぶりを見るにつけそれはごくごく少数の意見だと実感できます。

テレビの北陸新幹線特集ではあまりとりあげられていませんが、とにかく上越全体が開業により本当に盛り上がっているんですよね。

そんなみなさんがわざわざ中越の新幹線駅を経由して東京に行くなどとは考えられません。上越新幹線からの乗り換え需要は、同じ県内の上越地区ですらほぼ消滅しているのです。

これは、富山、石川、福井の各県にとっても、北陸新幹線が大宮高崎間における発着スロットを拡大する上での大きな武器にもなります。直江津、高田、妙高の名だたる町の方々が乗車率を下支えしてくれるのですから。

泉田知事は、かがやきの新潟県内停車を要望されていますが、それが実現すると、「越五」地区のうち、東京電力をかかえる柏崎と東京の所要時間が上越新幹線と北陸新幹線経由で逆転することになります。それは、すなわちお膝元の上越新幹線が新潟新幹線へと枝線化するトリガーとなることを意味します。

政令指定都市である新潟駅までかき回そうとする上越妙高駅、これからも目が離せません。

尚、ホームの窓越しに見える建設中のこちらのマンション、3LDKで2100万円。上越妙高駅周辺は新駅ということもあり土地に余裕があり、これからも多くの住宅が供給されていくことが予想されます。ここらへんも、ガラ空きのリーゾートマンションが林立して問題となっている某駅とは圧倒的に異なる点です。










今年、交通旅行業界で話題を独占するはずだった北陸新幹線。しかし、3.14から遅れること3週間、その話題を一気に持ち去る刺客が登場します。

それこそが、成田空港LCCターミナル、話題のLCCとの相乗効果もあって開業日の4.8はその話題で持ちきりでした。(写真はDIME5月号小学館より)

雑誌まで巻頭特集を組んでました。(写真はDIME5月号小学館より)

北海道新幹線開業までの一年間、北陸新幹線の名を全国に轟かせようとしていた時に、とんでもない強力な刺客が登場してしまいました。

そこで、とやどこでは敵情視察も兼ねて実際に成田空港LCCターミナルに実際に行ってみました。

LCCターミナルへは、東京駅からこの「アクセス成田」に乗って行きます。料金はたったの1000円。LCCの料金を加算しても、かがやきの富山へのネット予約での料金よりも安く沖縄や北海道に行けてしまいます。

バスは迷路のような首都高を抜けて成田空港を目指します。所要時間は1時間。しかし、これが高速道路なら、富山のスーパー農道は超高速道路になってしまいます。

途中、あの有名なナントカツリーを横目に。

出発から50分後、今年4月に廃止されたばかりの検問所(身分証明書を乗客全員が提示させられていました!)の前にTerminal3の文字が。すわ到着かと思いましたが、バスは建物の前をそのまま通過、

いわゆる普通の飛行機会社が発着する、第1,2ターミナルから順次停車していきます。写真は、歌にも出てくる北ウィング。

出発から10分後LCCターミナル前のバスロータリーに到着。鉄骨剥き出しの屋根の造りがLCC感を醸し出しています。しかし、開業後も工事用の金網がそのまま置かれている下記の某駅前よりはよほどセンスがあります。成田空港は今や民間会社が運営しています。限られた時間と予算で最良の結果を出すセンスは地方自治体よりも東京の民間会社に軍配が上がりますね。

この鉄骨の手すりがついた階段を登り横断橋を渡って建物に向かいます。

階段を登りきると、そこには陸上のトラックのようなものが。実はこれ、案内板設置費用を抑えるための苦肉の策。成田のLCCターミナルでは、方向案内を出来るだけこの床面の案内表記で行うよう工夫がされています。

途中、第2ターミナルからの通路が合流。

こちらはおなじみの、日本製炊飯器をお買い上げの中国からの方。

こちらがTerminal 3の入り口。センスがcoolですね。

入り口前の警備は厳重です。

鉄骨剥き出しの天井には一枚も案内板がありません。床のトラック上の案内もイラストのみです。

トラック横にはATM2台と両替所がデーンと構えており、否が応でも目に入ります。
ショッピングモールの奥に小さくATMと表示されている、新幹線が延伸した某駅よりもよほど分かりやすいです。


お店で一番最初に目に入るのはローソン。

大型書店も完備、機内用に雑誌も購入可能です。

まるごと鞄屋さんもあります。

中には、こんなお店も。ここまで来ると、空港じゃなくてショッピングモールです。

こちらはフードコート。フレームには全体の半分程度しか収まりませんでした。それほどひろい。

お手頃なうどんから、多少高めの寿司まであります。

館内には多くのソファー型の椅子を設置。仮眠を取れるように配慮してあります。壁一面を使った、案内表記もとてもわかりやすい配慮です。

こんなものまであります。

こちらは手荷物検査場です。

手荷物検査を抜けると、工場の廊下のような通路を移動します。

途中、宇宙船に乗り込むようなイメージのエスカレーターに遭遇、壁のデザインがcoolです。

最後に宇宙船のようなドアを開くと、そこには、明るい搭乗口ロビーが広がっていました。

本当に広いロビーです。ソファー型のベンチも本当に多く設置されています。

今回、成田LCCターミナルを利用して感じた事は、すべての面において快適だったということです。ATMはすぐに見つかり、行き先に迷うこともなく、疲れたらあちらこちらにあるソファーに座ればいい。さらに、書店をふくめた専門店がいくつもあり、出発前にまるでショッピングモールいるかのような買い物を楽しむことも出来ます。成田空港を運営する会社では、このショッピングモールの部分はかなり意識していて、空港というより商業施設としての機能を充実させること目指しています。いずれも、北陸新幹線の富山駅でストレスに感じていた部分を、このターミナルで感じることはありません。

さらに、極め付けは、ここからLCCに乗ってしまえば、ここまでの交通費を合算しても、東京駅から北陸新幹線で富山へ向かう金額とほぼ同一のコストで北海道や沖縄という観光地のキラーコンテンツにアクセス出来てしまうということです。

そういう意味では、本当に成田LCCターミナルというのは、北陸新幹線と富山を脅かす最大の刺客であるとも言えます。

所要時間では圧倒的に有利ですが、コスト面で北海道、沖縄に並ばれてしまった、北陸新幹線と富山、次回のエントリーでは実際に沖縄までLCCで出向き、E7系vsエアバス、富山vs沖縄を徹底的に比較したいと思います。

関連エントリー
北陸新幹線 富山駅の注意ポイント。















北陸新幹線開業後の糸魚川駅新幹線ホームに初めて入ってみました。「日本海に いちばん 近い新幹線駅」を謳う同駅ですが、本当に新幹線のホームそのものが日本海の展望台となっていて素晴らしい眺めでした。

新装となった新幹線改札です。この日は最新のE7系を一目見ようと、近所の良い子のみなさんもそろい踏み。

電光掲示板には「Tokyo」の文字が。日本海が「東京」と結ばれたことを実感できる瞬間です。東京から最短2時間で駅に着いて、そこから徒歩5分で日本海。

改札内にある待合室。木目調の椅子に座り、糸魚川駅の街越しに北アルプスを眺めながら、旅への思いを馳せることができます。この日も外は寒かったのですが、待合室は本当に暖かく空調が整えられていました。

こちらはホーム全景。東京方面へのホーム上から富山方です。直線上にホームが作られているのが分かります。かがやきなら相当なスピードでここを通過しているはずなので、乗車中の車窓からほとんど糸魚川駅ホームを認識できないのも理解できます。

こちらが、富山方面へのホームからアルプス口方向の景観。まさに北アルプスの大パノラマ。奥に見えるセメントプラントも近未来的なイメージを喚起させてくれてcoolです。

ホーム上場所を変えると、今度はこのような景観が。本当に飽きません。そして、今度は、日本一「日本海に近い新幹線ホーム」へ移動します。

これが、新幹線ホームからまじかに見る日本海の光景です。本当に糸魚川駅が日本海の真正面に向いているのが分かります。この日も何人もの人がホーム上からシャッターを切っていました。

今度はホーム端から。果てしなく広がる日本海を海沿いの街越しに楽しめます。

反対側に目を向けると、ホーム越しに美しい雪山も見えました。

が、しかし、そんな美しい光景には目もくれず、この方々の目的は一つ。

そんな中、新幹線ホームの主役がやって参りました。

北アルプスと日本海を向こうに回し、堂々たる登場を果たしたE7系。

側面には「EAST」社を示すロゴが。E7系と北アルプス、日本海の三者が横に並んだ瞬間です。45秒後には、また北アルプスと日本海だけの風景に戻ります。しかし、糸魚川駅で見るE7系はどうしてこんなに美しいのでしょうか。同じ車両なのに、富山駅や新高岡で見せる表情とは明らかに違う表情です。北アルプスと日本海という二枚看板がこの韋駄天を引き立ててくれるのでしょうか。そこで、

とやどこからの提案

140円で、北アルプスと日本海とスピードで癒されよう!

東京方面へのホームに立って日本海を眺めていると、すぐ横を最新のE7系がすり抜けていきます。その瞬間、まるでテーマパークのアトラクションにいるかの錯覚を起こします。かように糸魚川駅新幹線ホームは不思議な空間なのですが、そんな不思議なアトラクションが入場券料の140円で楽しめてしまうのですから、糸魚川市民の方が羨ましいです。

スピードに飽きたら、今度は階下の待合室のキハで楽しめばいい。

そして、なんとこのキハ、イベント日には待合室を飛び出して、駅前広場に出てくるそうです。(テレビ新潟特番より)
Copyright© TELEVISION NIIGATA NETWORK CO.,LTD. All Rights Reserved

ここまでくると、本当にテーマパークなのですが、さらにキハに飽きたら、今度は日本海を散歩すればいいのです。これらすべて徒歩五分圏内、総額140円で楽しめるのです。

まさに、糸魚川駅は日本海と鉄道のテーマパークなのです。


注:入場券によるホーム内入場者は、列車到着時、安全柵内に入れないようにホーム上の警備運営が行われているようです。写真内に安全柵内にて撮影したものがありますが、実際は新幹線の乗車券を所持しての撮影でした。

富山の人々の信仰の対象とされてきた立山連峰。しかし、その一部は日本海へと流れ込む急峻な地形となり、北陸路を行き交う旅人を苦しめ続けて来ました。断崖を襲う日本海の荒波で、親は子を、子を親を省みることなく旅路を急いだことから、親不知(おやしらず)と呼ばれるこの場所は、今も交通の難所のとして知られています。

    Wikipediaより

作家森鴎外は自身の作「山椒大夫」の中で、

越中の国に入るさかいにさえ、親不知子不知おやしらずこしらずの難所がある。削り立てたような巌石のすそには荒浪あらなみが打ち寄せる。旅人は横穴にはいって、波の引くのを待っていて、狭い巌石の下の道を走り抜ける。

と、描写。

それほどの自然の要害となっているこの地に、陸路は旧道、国道、高速道路と三度による変遷を重ね、今も北陸路を行き交う人と物を運んでいます。糸魚川市では、これに近世の「渚の道」を加え「四世代道路」として、先人の苦難と偉業を後世に伝えています。http://www.itoigawa-base.com/kanko_jiten/geopark/02_oyashirazu/yonsedai.html
渚の道 (建設マネジメント技術より http://kenmane.kensetsu-plaza.com/bookpdf/172/at_01.pdf )

苦難は鉄路がこの地を通ってからも続きます。大正期に開通した初代の北陸線は海岸と断崖を縫うように走っており、ある時はそこを走る列車を雪崩が襲う悲劇が発生します。またある時は土砂崩れにより、列車が崖から転落する大事故が起こります。

昭和も中盤にさしかかったころやっと、第二世代の鉄路とも言えるこの地区の北陸線の電化と複線化が完了し、北陸と首都圏を結ぶ大動脈として賑わいます。

そして今、第三世代の北陸新幹線はこの交通の難所を僅か3分で走り抜けていきます。

そんな、交通の難所の第二世代の鉄路を引き継いだえちごトキめき鉄道の日本海ひすいラインに糸魚川まで乗ってみました。
そこは絶景の日本海を眺めることができる展望空間でした。

実質的に日本海ひすいラインの始発駅となる富山県の泊駅から乗車。あいの風とやま鉄道の車両とは、同一ホームに並びます。

あいの風カラーの駅名票に「トキてつ」カラーの車両が並びます。

ホームには案内板が。

車両は新品の2014年製。最初は気づきませんでしたが、実は電車ではなく気動車です。

座席は、山側の一列と海側の二列シートの組み合わせで通路を多く取ってあります。ここは、糸魚川駅のように山側を「アルプスシート」、海側を「日本海シート」と名付けていただきたいものです。

今回はもちろん「日本海シート」で。本当に真横に、日本海とヒスイ海岸が広がります。

苫屋と日本海。なつかしの海辺の風景が真横に。

本来の日本海ひすいラインの起点となる市振駅に到着。ここはかつて、歌人松尾芭蕉が宿を取った場所でもあります。付近には、「歌」という地名もあります。

「日本海シート」から眺めると、本当に真横が市振漁港。とやどこスタッフが高校時代、海からの波で市振駅ホームが水浸しになり、さらには架線用の電柱が倒れ、北陸本線が運休という事態もありました。

そうこうしているうちに、隣には北陸自動車道が。本当に日本海の上を走っています。手前が近世の「渚の道」となり、まさに第一世代と第四世代の陸路の時代を超えた共演です。松尾芭蕉が今この場所の「渚の道」に降り立ったら何を思うのでしょう。

北陸自動車道が断崖へとすいこまれた後、今度はまたもや美しい日本海が。

青海駅を出て「アルプスシート」に移ると、そこには新幹線高架を抱く雪山が。この後、日本海ひすいラインは新幹線をアンダークロス。新幹線は日本海側へと向かっていきます。

糸魚川駅への最終アプローチとなる姫川。奥に見えるのが北陸新幹線の姫川橋梁。コンクリート壁の工法は、フィンバック形式といい、日本海に近すぎるゆえ塩害が憂慮されたため、鉄橋方式をとらなかったとのこと。

糸魚川駅に到着。ここでは、多くの乗客の方が乗り込みました。

ここまで、乗車時間は30分足らずでしたが、日本海は様々な表情を見せてくれました。まさに日本海ひすいラインは、日本海を楽しむための展望空間のだったのです。そこで、

とやどこからの提案

2回目の富山は、はくたかに乗って、日本海へ行こう!

前回のかがやき乗車記にも載せましたが、かがやきに乗ると上越妙高付近からE7系は全力疾走を始め景色をゆっくり楽しめる状況でなくなります。

そこで2回目の富山は、はくたかで糸魚川駅に来て、そこからはゆっくりと防音壁もなく迫力の日本海を楽しめる日本海ひすいラインに乗り換えて向かうのはいかがでしょうか?
かがやきのスピード感に比較して鈍足なイメージがあるはくたかですが、実は糸魚川までは東京から2時間程度で到着する便も多く設定されているのです。

日本海ひすいラインから泊駅であいの風とやま鉄道に乗り継げば、こんどはそのまま富山の自然美を楽しむことが出来ます。
特に冬場は、海沿いに雪が積もりなんとも言えぬ光景に出くわします。

泊駅まで600円で楽しめる日本海の幻想ショー、富山を訪れる上級者の方にオススメです。乗って残そう日本海ひすいライン。





フォッサマグナの日本海側の始点でもある糸魚川市は、日本の電力周波数が50Hzと60Hzに分かれる境界点でもあります。糸魚川中心部より富山寄りの一部地域は、新潟県内であるにもかかわらず北陸電力の電気供給エリアとなっており、JRも緑字の東日本ではなく青字の西日本エリアとなっています。そのため何かと富山エリアと人的交流が多い地域でもあり、買い物や通勤で越境する方も多く見られます。

そんな富山県民にとって最も親しみがある「新潟」である糸魚川駅を見学してきましたが、駅と大糸線そのものが鉄道のミュージアムになっていることがわかりました。


こちらは日本海側の、通称「日本海口」。コンパクトな駅舎となっています。日本海口というネーミングとそのフラッグもセンスいいです。

「日本海口」背にした風景です。この道を5分歩くと、そこは日本海。連なるアーケードがこの地の冬の厳しさを物語っています。

「日本海口」側待合室には、電車とバスの時刻を表示した大きなモニターが。これは、観光客にも優しいサービスです。


駅ナカには、開業日イベントのポスターが。この日は開業12日前でしたが、富山の新三駅でも、これだけのイベントを告知している駅は皆無でした。開業に対しての地元の大きな期待を感じさせます。

こちらは、みんなからプラレールの「寄付」を募り、それをつなげて新幹線を走らせるという企画。早くも、鉄道マニアが喜びそうな風景を発見です。


 


工事途中の新幹線改札。お隣にはセブンイレブンが開業予定。これも何かと便利です。

こちらは、反対側「アルプス口」からの全景。レンガ造りのオブジェの向こうに気動車らしきものがあります。

キハ52待合室とありますが、中には本物のキハがあります。それも、展示されているのではありません。

 

なんと、実際の待合室として利用されているのです。懐かしいキハ52で時間を過ごした後、最新のE7系に乗り込む。鉄道マニアとっては至福の時間です。この部分に、糸魚川駅が他の北陸新幹線の新駅とは異なった独自のポジションを目指していることが垣間見えます。

糸魚川駅は、最速タイプのかがやきはすべて通過してしまうダイヤを享受させられることとなってしまいました。さらには、同じ上越地区の中心都市である上越市に開業する上越妙高駅の方に話題が集中している現実もあります。(後日談、3月14日の開業日に北信越地域の日本テレビ系の各局で放映された特番では、現地中継は上越妙高駅からのものでした。)これでは、利用客がいない本当の「通過駅」となってしまう可能性があります。

そこで、糸魚川駅では、かつてあったレンガ造りの機関車庫をシンボルに、そこにキハ52と大糸線を結びつけた「鉄道観光」を前面に押し出しました。最近は、さいたま市にある「てつはく」こと鉄道博物館が人気ですが、糸魚川駅は新幹線の改札を降りたら現実の「キハ」を体験できる「てつはく」を目指したのです。

                    駅構内にもレンガ車庫をモチーフにしたメッセージボードが。



この日は、実際に大糸線にも乗ってみましたが、険しい地形が逆に美しさを感じさせてくれ、さながら観光列車に乗っている気分でした。

車窓から、フォッサマグナの上を流れる雪景色の姫川。

 
 並行する国道は、その険しい地形のため、シェード区間が続く。

さらに上流となる、終点南小谷駅横の姫川。

  
萌えキャラに飾られた大糸線の車両。大糸線沿線は、この季節でも雪深いことがよくわかります。

大糸線各駅に掲示されているポスターも北陸新幹線と一体したアピールをしています。

大糸線は、3月14日以降もJRが運行するため、青春18きっぷでも乗車が可能です。東京から新幹線で糸魚川に来て、帰りは大糸線で戻る周遊コースが面白いかもしれません。特に、ゴールデンウィーク期間中の大糸線は、遅く来る春が広がり本当に美しい風景が堪能できるので、富山からの帰りに大糸線でゆっくり首都圏に戻るのも面白いです。

とやどこ、今回は、お隣糸魚川のスピンオフでした。

↑このページのトップヘ