カテゴリ: スピンオフ



2カ月前、電撃的に地元テレビ局のレギュラー番組を降板された、元日経トレンディー編集長北村森氏。
http://toyadoco.blog.jp/archives/1059770594.html


その理由については、様々な憶測を呼びましたが、当該ブログエントリーコメントに新たなる情報が寄せられました。

まさか、北村森氏がレギュラー番組を降板された遠因が、氏が心血を込めて立ち上げに奔走されたコンパクトデリトヤマにあったのです。



このコンパクトデリトヤマ、県内18か所の名店の料理をそれぞれデリカとしてアレンジ、それぞれのお店に行かなくても1ケ所でこれら名店の料理を楽しめるように、富山国際会議場横にオープンしたのでした。

北村森氏は、この各店と、出品の交渉や製造レシピの調整に奔走。

もともと、門外不出の名店の製造レシピを外に出すなどということが出来たのも、コンパクトデリオープン前にも、県内のショッピングモールで「名料理人が作る夢の駅弁」というイベントを成功させた森氏の手腕による部分が大きかったのです。(このイベントの出品者の中にはあのミシュラン掲載店である「海老亭別館」があるくらいですから、そのレベルの高さがうかがい知れます。)

そんな、心血を注いで立ち上げた、コンパクトデリトヤマについて、氏は先日、地元FM局の番組で、その顛末について、初めて告白、

曰く、

オープンが4月15日だったのに、オープン前の3月18日に氏とコンパクトデリトヤマの運営会社である3セクとは何ら契約がない旨の通知書が富山市側から届く。

しかし、自分の契約がないからといって仕事を止めていては、オープンに間に合いそうもないので、とにかく運営に専念。

その後オープンを迎えたが、その後も富山市から音沙汰はなし。

結局、7月に再度契約について富山市に連絡したが、進展がなかったため、自ら身を引くことに。

とのことでした。

氏は、この状態を「クビ」と表現。

心理的に富山から「引かざるを得ない。」とのことでした。

まさか、番組を降板しただけでなく、富山そのものから降板を決意されていたのでした。

ちなみに、コンパクトデリトヤマのオープニングには北村森氏はもちろん、富山市側からは職員はもちろん市長も同席。

そのようなシーンまであって、「貴殿との契約は存在しない。」と言い切るあたり、まさにハシゴを外された状態であったようです。

氏は番組の最後で、「プロジェクトは情熱だけではなく、事前の座組が大事だ。」自分に言い聞かせるようにおっしゃっていました。

そして、この富山市、今、謎の「お茶菓子代」と「印刷費」数百万円のおかげで、全国のニュースをにぎわせ、この秋1億円以上の費用をかけて、全国的にも稀となる議員の9人欠員による補選が行われます。

そんなことに1億円払うなら、アイデアと人脈を出してくれた北村森氏にその何十分の1でもいいから、ギャラを払うべきでは。

ライトレール、セントラム、キラリとやまと「モノ」に投資をして成功している現状の富山市政、ぼちぼち「ヒト」にも投資する時期なのでは。

(追記)
9月28日の時点で、富山市議会では10人目の辞職が出て、当初よりの欠員だった1人を含めて、11人の議員欠員による補選が行われこととなりました。

さて、件のコンパクトデリトヤマ、実際に足を運ばれた方なら気付いたと思われますが、店名ロゴの下に小さく東京の大手広告代理店の社名が。

不思議に思って調べてみると、このコンパクトデリトヤマ、総務省の「公共施設オープン・リノベーション推進事業」なるものの一環として行われたもので、いわば国の補助事業。

その総務省の委託を受けたのが、その大手広告代理店だと思われます。

この時点で、かなり「トホホ」なプロジェクトだったという印象が。だいたい、大阪を筆頭に大手広告代理店が絡んだ地方の公共施設って、閑古鳥が鳴いているイメージが。

実際、とやどこ管理人もブログネタにする気満々でコンパクトデリトヤマのオープンニングの翌週に足を運んでみたものの、休日にもかかわらず、広い店内に客は五人。同じ時間帯のお好み焼きのぼてやん田中は店外に行列が出来ていました。

件の大手広告代理店のHPでも、コンパクトデリトヤマのオープニングの様子を紹介。
その中で、北村森氏は「マーチャンダイジングを担当した」と紹介。

広告業界が大好きな横文字に辟易しつつも、これを商品開発として解釈したならば、確かに北村森氏はコンパクトデリトヤマの正式な商品開発担当だったのでしょう。

ここからは、あくまでも推測ですが、富山の名店の味をデリカにするという商品化の目処が立ったオープン前の3月18日、富山市と広告代理店と3セクの「三社連合」は商品開発担当者に「ご苦労様!」と告げたのでは。

そこに、一商品開発者ではなく、店舗のプロデューサーとして関わる気だった氏との間に齟齬が生じたのでは。

さらに、うがった見方をすれば、北村森氏がレギュラーだった地元ローカル局の枠は、その広告代理店の北陸支社が担当だった可能性もあります。(大人の世界は怖いですね。)

真相は闇のままですが、富山から北村森という名プロデューサーが去って行ったのは事実です。

北海道新幹線新幹線の開業から一夜明けた、3月27日、新聞各紙では当然のように北の大地を走るH5系が堂々の1面トップを飾っています。

もちろん、北陸新幹線のおひざ元、ここ富山の地元紙も、この日ばかりは北海道新幹線一色。

まずは、地元シェアNo1の北日本新聞はこのような感じに。

大きく掲載されたH5系の写真の下には、JR西日本の「勢い持続に自信」の見出しが。
実際に、前回エントリーで「北海道新幹線の大きなライバル」と書いた立山黒部アルペンルートも予約が好調な模様です。

こちら、高岡・南砺地域で高い購読率を誇る富山新聞。


そして、社会面にもぶち抜きで北海道新幹線!?と思いきや、左側は北陸新幹線の富山駅のもの。


北海道新幹線の開業日の3月26日は、北陸新幹線の東京からの指定席が13本が満席に。「北のライバル」の登場による影響は目立たなかったということです。

インタビューでは、「時間的に北海道よりも近い。」という意見もありましたが、印象に残ったのは「北海道はもう何度行っているから、富山に来た。」というコメント。

確かに、東京から千歳って相当飛行機が飛んでいますしね。逆に、東京の人から見て富山は今まで北海道よりも遠い場所だったということになります。

さらに、「富山、金沢、高山といろんな場所を短時間で行けるのも魅力。」というコメントも。これ、まさに周遊観光のことで、北陸全体(+飛騨・上越)で推し進めて行くべき作戦ですよね。

北海道新幹線の開業によって、逆に富山、そして北陸がとるべき戦略が明らかになったような気がします。

さて、そんな北海道新幹線の新函館北斗駅、初めて降り立った富山人は誰かご存知ですか?

実は、彼なんです。
e76a0072
出典http://rocketnews24.com/2016/03/26/728138/

函館北斗だから、北斗の拳、これ、実はmade in 高岡なんです。

なんだかんだで、北海道と縁があるな我が富山。

3月26日北海道新幹線の開業日、富山的には、北陸新幹線とあいの風と地鉄のダイヤ改正日、富山県内は太陽は出ているけどひんやりした空気、昔、晴天の1月1日に、国立競技場で天皇杯を見たときの体感に似ているような。

遠い北海道に行けるほどの余裕があるわけでもなく、はたまた近所に外出するほど暖かい気候ではないこの日、とやどこ管理人は自宅でテレビを見ながら、北海道新幹線に想いを馳せることにしました。

イチ富山ケンミンが、自宅警備しながら感じた北海道新幹線。

朝、地元の日本テレビ系列にチャンネルを合わせると、そこには辛坊アナの顔が。

昨年も、この「ウェークアップ」では、北陸新幹線の開業を特集していて、かがやきの一番列車の追跡をしていました。

一年後の今日は北海道新幹線の特集をやっていたわけですが、まず驚いたのは中継で映った新函館北斗駅のホームの風景。
 (c)ytv

もちろん、一番列車が発車した後ということもありますが、あまりにも閑散としすぎたホームではあります。
開業時は、あの「新高岡駅」ですら、これだけのホームの賑わい。もちろん、主役のEW7系はホームにいない状態です。



方や起点駅、方や途中駅、よく北海道新幹線は予約率が低いと言われますが、そもそもこのホームの野次馬の少なさからして、もしかしたら函館のみなさん自身がそんなに北海道新幹線に興味がないのかもしれません。

若しくは、富山ケンミンが北陸新幹線に対して熱すぎるだけなのかもしれませんが、いや、建設運動で東京まで駅伝をやった飯山や、利用率が異様に高い上越妙高駅がある新潟県上越地区だって十分に熱い。なんだかんだで、北陸新幹線のすべての沿線自治体で、ある種ファナティックなほどの熱さを保っている事実があります。

北陸新幹線と北海道新幹線の、この草の根レベルでの温度差は何なのか。

と、難しいことを考えるのはやめて、「海鮮丼の特集はやく!」と思っていたら、

コメンテーターの元某政令指定都市首長だった方が、したり顔で「並行在来線の赤字が大問題だ!」と。

曰く、石川は10億円、富山は65億円の基金を積み立てている。ご丁寧に数字まで出してのドヤ顔。

おーっと、元首長さんの地元の地下鉄だってうん十年間も赤字垂れ流しだったことは触れないことにして、富山の65億円は、すべて県内で調達したもので、ブルーラインみたいにお国から借金はしてませんぜ、元首長さーん。そこまでおっしゃるなら、今度はあいの風にも自腹でご乗車いただきたいですね。

お勉強は出来るけどセンスはない松下政経塾出身者典型の振る舞いに辟易しつつ、ウェークアップは終了。

さて、次はNHKあたりの「北海道新幹線特集」でも見ようかと3チャンネルに合わせると、そこには高校球児の姿が? 「ん?、もしかして、NHKやらないの、北海道新幹線、」

センバツの時期に重なってしまったタイミングの悪さもありますが、通常NHKって新幹線に限らずロケットの打ち上げの時とか、そういう「初めて系」の時は特番組むのに。

だって、青函トンネル開通の時は、特番放送したのは元より、青函トンネルを走る特急の中から生中継とかすごい事にやっていたのに、北海道新幹線の時は高校野球なんだぁー。


テレビは、お昼のNHKニュースまで北海道新幹線を扱うことはなさそうなので、ラジオを聞いてみる事に。

まずは、ニッポン放送の和田アキコさんの番組。去年、北陸新幹線開業時は「北陸新幹線のCMって多すぎるよ!」とオープニングから先制パンチをくらいました。http://toyadoco.blog.jp/archives/1022531596.html

しかし、今日の話題のトップは高橋巨人。和田アキコさん自身もメールでリスナーに知らされて、「ああ、そうだ、今日開業日だ!」と、初めて気づいた様子。

うーん、気をとり直して、NHKのお昼のニュースを見る。
(c)NHK

そうそう、こういうノリの特集で北海道新幹線を見たいワケだな。

(c) NHK

オープニングは、とやどこ管理人も大好きな構内の電光掲示板から。函館で見る「東京」の文字に旅情を感じられずにはいられません。

(c)NHK

こちらは、駅構内の様子。閑散とは言いませんが、開業日ならもう少し活気が欲しいところですね~、

ちなみに、開業日翌日の新高岡駅は、立錐の余地もない状況でした。

と、ここまで読んでいて、いわゆる「盛り上がらない北海道新幹線」は本当なのかなとも思ったりしましたが、この後のニュースで北海道新幹線の様子を見るにつけ、北の大地に想いを馳せずにはいられませんでした。

やはり、「旅情」という部分において北海道新幹線は北陸新幹線はもとより、他の新幹線と比べても比類なき魅力を持っています。

ニュースの中で、青函トンネルを北海道新幹線で駆け抜けた乗客の方がインタビューで「このトンネルに関わった方々の事を思うと感無量だった。」と。他にも、青函トンネルに入る時と、出る時に車内から拍手が起きて、思わずこちらも泣いてしまったというコメントも。

同じ新幹線のトンネルでも「飯山トンネル」だとこうはいきません。「携帯電話の電波が通じない。」っていう苦言は来るかもしれませんが。

最早、当初は「無謀」と言われた青函トンネルの難工事の歴史そのものが人々にとっての伝説であり「ロマン」なのであります。

よく、北海道新幹線のウィークポイントを4時間の壁を超えられなかったと指摘する人がいますが、「ロマン」を前にしたら人間は、その前に立ちはだかる難行は苦にもなりません。

また、北海道新幹線の運賃の割高感を指摘する方もいますが、人間は「無謀」と感じてしまうものには、無条件で財布を開いてしまうものです。

灯台元暗し、我が富山にも「無謀」と「ロマン」を感じさせるものがありました、黒部ダムと黒部峡谷鉄道がそれで、みなさん快適な北陸新幹線を降りてからは嬉々として、あのお世辞にも乗り心地が良いとも言えないトロッコ列車や立山ケーブルカーにお乗りです。

そのみなさんは、誰一人としてトロッコ列車のスピードが遅いとか、黒部ダムまでの料金が高いなどとは言われません。

そう考えると、伝説の青函トンネルをくぐった後、北の大地へとそのまま辿りつけてしまう北海道新幹線そのものが「ロマン」であり、これは北陸新幹線ではなく立山黒部アルペンルートの大きなライバルになるわけです。

ちなみに、東京駅から新函館北斗駅ではなく、本家「函館駅」までは現実的に5時間弱の時間がかかりますが、これは同じく東京駅からアルペンルートの「雪の大谷」の場所までとだいたい同じくらいであり、トロッコ列車の終着の欅平や黒部ダムよりは短いくらいです。

まさに、このゴールデンウィークはH5系がEW7系ではなく、トロッコ列車の大きなライバルになるわけです。電源コンセントもなければ、ウォシュレットどころかトイレもないトロッコ列車は圧倒的に不利になりますが、ここは同じ「観光鉄道」として半世紀ほど先輩のトロッコ列車に意地を見せてもらいたいですね。


※首都圏某駅にて。旅行パンフレットのトップは、既に函館に取って代わられています。

あ、そんな「ロマン」なんぞを理解するセンスがない元首長さんは地元の地下鉄にでも乗って、累積赤字の解消にご貢献を!

(追加談)
青函トンネル開通時のNHK特番を、改めてyoutubeで見返してみました。

この日は、朝8時からの特番だったんですね。トンネルを走る一番列車からの生中継というのもすごいですが、運転席からのオンボードカメラもあったんですね。

放送技術のことはよくわかりませんが、30年前にこれだけのことができたなら、北海道新幹線でも車内からの生中継やって欲しかったような。

何よりも、当時はバブルの真っ只中、H5系より遥かにスペックが劣る特急車両の中からは、明らかに今以上に高揚している乗客の皆さんの熱気、期待感が画面越しに伝わってきます。

まさか、28年後の新幹線の開業が、「はつかり」が青函トンネルを渡った時よりもひっそりとした雰囲気になるとは、この時の乗客の皆さんは想像だにしなかったことでしょう。

最新鋭の北海道新幹線にしても、「ロマン」という点では、初めて海峡を渡る特急列車には叶わなかったということでしょうか。




 (c)office Morley http://officemorley.jp

北陸新幹線の1周年記念の話題を見事に吹き飛ばしてくれた、ホラッチョ、もといショーンK騒動がひと段落した3月17日、フジテレビの深夜の情報番組の後任キャスターが決定。

その人物とは、モーリー・ロバートソン氏。

90年代からJ-WAVEなんかに登場されていたんですが、同時期に活躍されていた同じバイリンガル系パーソナリティのジョン・カピラ氏やクリス・ペプラー氏と異なり、この方は徐々にサブカルチャー路線へと軸足を移し、黎明期のインターネットを利用して作品を発信されてきました。

とにかく、発言がなかなか過激なので、いくら深夜でも地上波に登場すると発表された時は意外に感じました。

しかし、さらに意外なのは、この方は


名門 富山県立高岡高校の卒業生なんですよね。

まさに、富山ケンミンどころか、高岡シミンですら、多くの方が知らなかったこの事実!

あくまでも、卒業生であり、富山県出身ではないという部分もミソなんですが。

モーリー氏は、アメリカ生まれの広島育ち、しかし、高校時代を過ごした広島での行動が余りにもやんちゃだったため地元の名門修道高校を退学。

そして、辿り着いたのが、母親の実家がある富山県高岡市。しかし、モーリー氏が高岡に移り住んだ1970年代の富山って今とは比較にならないくらい保守的な雰囲気だったと思うので、モーリー氏にとっても、さらにはそんなやんちゃ小僧を受け入れた高岡シミンにとっても、なかなか辛かったのでは。

そんな、モーリー・やんちゃソン氏は、まさかの名門高岡高校に転入します。

世間では、無名かもしれませんが、この高岡高校、地元では超エリート高で、90年代までは富山県内で一番多くの東大合格者数を輩出しています。

正直、そんなやんちゃなモーリー氏が、超エリート高に転入出来たなんて違和感を感じないでもないですが、これは氏の母方の実家が地元でも有名な大地主であったということも要因かもしれません。

モーリー氏は卒業時に、東京大学に合格。ここらへん、高岡高校の東大合格実績に貢献していて、なかなかすごいですね。

しかし、そんな東大も、夏前にはすぐに辞めて、結局はハーバードへと旅立つわけですが。

富山どころか、日本そのものを息苦しく感じていたモーリー氏。
そんな、モーリー氏が過ごした3年間の高岡という場所を、氏はどのように感じていたのか、少し聞いてみたいような気もしますが、過激な発言で有名な氏のこと、
「あんな、使えない新幹線の駅なんてさっさと(以下、自主規制。」なんて言いそうで怖いような。

そんな、アンビバレントな富山関係者、モーリー・ロバートソン氏がキャスターを務める
「ユアタイム あなたの時間」はフジテレビ系列で4月4日スタート。

とやどこ管理人もBBTでしっかり見るからね~、モーリー!

(後日談)


このニュースがリリースされる直前の3月17日付の自らのポッドキャストで、「今日はスーツを着てハーバードの卒業証書を持って都内を歩いていました。今は、そこまでしか言えません。私、本当にハーバード卒業してます。」と何やら意味深な発言。おそらく、番組のセレクションだったのでしょう。

東大合格後、バンド仲間をテレビ出演に誘う際のエピソードを話す際は流暢な高岡弁(?)を披露。その時のバンド仲間は、既に東大、ハーバードに合格し時の人になっていたモーリーとの共演を拒否。バンドのために受験を頑張ってきたモーリーは、かなり落ち込んだとのこと。それ以来、連絡はとってないそうですが、そんな彼らに

「おまっちゃ、どうしとんがいや?」(お前ら、何してる?)

曲の途中には、「きときとの新しいビートを氷見漁港からお届けしてます。」と大サービス。

j-wave時代のモーリーを知るとやどこ管理人としては、西村雅彦が富山弁を話すのを聞いた時以上の衝撃。


モーリー、意外と富山好き?



IMG_2453

北陸新幹線開業後に、特急列車の全停駅から全く(或いは、ほとんど)特急列車の運行がなくなってしまった駅として挙げられる、高岡駅と直江津駅。しかし、ここにもうひとつ、在来線特急の始発駅であったにもかかわらず、北陸新幹線開業の翌日から、全ての在来線特急が廃止された駅があります。

当然ながら、上越新幹線と北陸方面の乗り換え口としての役割を果たしていた、越後湯沢駅がそれで、かつては盆・正月・GWは言うに及ばず毎日のように多くの富山ケンミンがこの駅を利用していたはずですが、今や、この駅に降り立つ富山ケンミンは皆無なのでは。

そこで、今回は、あえて越後湯沢を経由して富山に向かってみました。


やってきたのは、夕暮れ時の大宮駅。


ここで待ち構えるのは、最早富山ケンミンにとって触れる機会もなくなってしまった、「MAX とき」。この二階建て新幹線も、近々廃止が決定されているので、乗れるのも今のうちです。


8両編成と短い編成のMAXでしたが、明らかに輸送量を持て余している様子。この「MAXとき 337号」は大宮・越後湯沢間ノンストップの準速達型であるにもかかわらずです。


もともと、通勤用として設計されたMAXの自由席にはひじ掛けがありません。90年代に話題をさらった新幹線通勤も、今や都心回帰組と地方定住組に分かれてしまったので、下火に。まさに「夢の跡」である二階建て新幹線。


スマホの充電なんて出来ませんが、何よりもテーブルが狭いのがつらいです。さらに、窓側は十分な採光を得られず、夜は本を読むのは少し困難な感じに。そして、写真は撮れませんでしたが、スマホでMAXの速度を計ったら、「MAX」で220kmくらいしか出ていません。現在の新幹線の中では、かなり鈍足です。「かがやき」が軽井沢を出てからは、ほとんどの区間で260kmで疾走しているのとは対照的です。


こちらは、1階デッキと2階を結ぶ階段。盆暮れ正月GWには、ほくほく線乗り換え組の人たちがここまでごった返していたのも今や昔。


大宮から1時間ほどで、越後湯沢に着きました。この表記が出ると、「はくたか」の自由席組は「湯沢ダッシュ」に備えて、場所をドア付近に移動し始めたものです。


ここで、まさかのサプライズ。なんと、乗客の4割が、越後湯沢で下車。想像以上に、湯沢・新潟間の需要は減少しているのか? この状態で、上越妙高にかがやき止めたら、本当に大変なことになりまっせ、泉田さん・・・。そんな心配もよそに「MAX AIR号」は新潟方面へと走り去って行きました。


半年ぶりの越後湯沢駅中間改札。「ほくほく線」の看板も懐かしい。


と、反対側から中間改札を眺めると、改札のうち4台は使用停止中に。中間改札に長い行列ができたのも今は昔。


かつて、はくたか自由席組が「湯沢ダッシュ」でしのぎを削ったコンコースも閑散としています。
そんな「湯沢ダッシュ」を名残惜しむかのようなこんなエントリーも。
そして、ほくほく線と言えば、越後湯沢駅「栄光の」0番1番線と決まっていたのに、本日の直江津行きは残念ながら3番線。


駅全体が改装中で、妙な寂寥感が漂っていました。達人は、奥にある立ち食いそば屋で、はくたかが発車する10分間でそばを食べきるという、もうひとつの「湯沢ダッシュ」をやっていました。


3番線ホームから、「湯沢ダッシュ」のゴール地点、越後湯沢駅の栄光の1番線ホームを眺めますが、誰もいません。


かつてホームあった小さな売店も撤去済み。「特急券・乗車券をおひとりずつ」とありますが、今度、あの中間改札に「特急券」が差し込まれる日がくるのはいつのことなのやら。

かつては、ホワイトラビットとスノーウィングの重連っていうEW7系のはくたかを向こうに回すくらいの豪華なはくたが鎮座することもあった栄光の1番線。


あとは、こいつに乗って直江津に向かうだけです。

それまでの長岡乗り換えから劇的な首都圏との所要時間の短縮をもたらしたほくほく線とともに、彗星のごとく富山ケンミンの前に姿を現した越後湯沢駅。

80年代、北陸新幹線の予算折衝で辛酸を舐めた北陸各県は早期着工を目指して、一時は中越経由での「北越新幹線」を目指しましたが、結局は長野県との足並みを揃えるために「はくたか」を、越後湯沢ではなく長野駅へと向かわせました。

スノーラビットや乗り換え客とともに18年間疾走した越後湯沢駅、今、山里で静かにたたずんでいました。

↑このページのトップヘ