カテゴリ: 新幹線だけじゃないよ

 
過去に、二回にわたって挑戦してみた、深夜バスでの富山から東京への移動。

初回のオリオンバスでは、「あのころ」の高揚感は味わえたものの、バス到着の当日午後に猛烈な睡魔に襲われ、あえなく完敗。

二回目は、満を持して、あのウィラーエクスプレスに乗車。快適な新型シートの旅を楽しむもの、目的地の新宿副都心が新宿駅まで徒歩15分以上というオチ。微妙な敗北感。

とやどこでは、この二試合の「敗因」を詳細に分析。その結果、辿り着いた結論は、「すべての元凶は「深夜」にあり」。そんな訳で、今回は深夜バスでなく、昼間バスで富山まで向かうことにしました。
通常、東京から富山までの昼間バスと言えば、池袋から出発している「ちてつ」と「西武バス」が共同運行しているこちらのバスが有名ですが、片道6700円。新幹線利用よりも5000円程安くなりますが、時間は3倍かかります。何よりも、新幹線が運行されている都市の多くでは、既存の地元資本系のバス会社に加えウィラーなどの新興系バス会社も廉価の昼間バスを走らせ、良い意味での価格競争が起きています。例えば、東京と名古屋や京都の間には平日なら3000円程度で移動できるバス便が設定されています。

そう考えると、東京〜富山間の昼間バスの6700円という価格も、もう少し競争が起きても良いと思います。(深夜バスにおいては、先のエントリー通り3000円台のバスが既に設定されています。)

そんな中、北陸新幹線の運行地としては富山の先輩格にあたる長野市と東京を結ぶバス便において、とんでもない価格設定のバスを発見しました。その名も、ドットコムライナー、
東京〜長野間を4時間で、なんとこの日は1300円で移動することができました。東京のターミナルが西武バスの池袋と違い、新宿というのも便利です。長野の到着は午後の2時過ぎですが、そこから善光寺に寄って、北陸新幹線で富山に移動、夕食は富山のキトキトの魚というワザも使えます。長野〜富山の新幹線運賃も、えきねっと予約なら、6200円とリーズナブル。片道合計7500円で長野と富山を楽しめる、このルートを実際に体験してみましたが、鉄道旅とは一味違うサービスエリアグルメを楽しめるバス旅行に思わず夢中なってしまいました。

日曜の朝10:00新宿南バスターミナルにやってきました。停車しているのは、大阪に向かう高速バスジャムジャムライナー。

今日のお目当のどっとこむライナーは10:20発。

ここ新宿南バスターミナルには朝から晩まで多くのバスが出発していきます。

待合室にはやはり女性の姿が目立ちます。

そうこうしているうちにお目当のどっとこむライナー登場。このバス、正式には昌栄運輸という地元のタクシー会社が運営。よって、接客が想像以上に素晴らしかったです。

運転手さんがタブレットを片手に乗客を点呼。最近の高速バスに多いように、このバスもチケットレス。

バス内部は思ったより開放感があります。

両サイドにヘッドレストがあるシートも座り心地が良かったです。

シートピッチも広々。

そして、お約束のスマホ充電用コンセント。このように、タクシー会社が運営するどっとこむライナーは本当に快適な車両です。

バスは定刻に、日曜日の新宿を後にします。

これぞ東京という高層ビルを抜けてバスは進みます。

目指すは関越自動車道の練馬インター。

新宿を出てから50分後、バスは関越自動車道の料金所を抜けて行きます。

関越道に乗って10分もしないうちに、最初の休憩地、三芳サービスエリアに到着。フードコーナーが旅の気分を盛り上げてくれます。こういう部分は、鉄道にない高速道路旅のよいところです。

そして、サービスエリアと言えばこれ、緑茶の無料サービス。なぜか、飲みたくなります。

さらには、ATMも完備。

まい泉もあります。

なぜか、マスの寿司まで。とにかく、高速道路の民営化以降、各地のサービスエリアはあの手この手で利用客を楽しませてくれます。完全に、我が富山駅は完敗モード。

15分の休憩後、バスは群馬県内をひたすら走ります。途中、左手では北陸新幹線と並走。

途中、藤岡ジャンクションで上信越自動車道に分岐。

分岐後、すぐに先程の並走していた北陸新幹線をアンダークロスします。

いよいよバスは山奥へと進んで行きます。

富岡製糸場のこんなオブジェも。

左手にギザギザの妙義山が見えてきたら、次の休憩地横川サービスエリアはすぐ。

12:45 横川サービスエリア着。

ここ、横川サービスエリアは本当に高原の中にあります。どっとこむライナーの運転手さん曰く、真夜中になるとタヌキやキツネがやってきて、本当にぶつかりそうになるとのこと。彼らの目的は、ここのサービスエリアのゴミ箱。よって、横川サービスエリアのゴミ箱は、蓋付きの構造になっています。

日曜日のお昼時の平和な時間が流れています。


場所は横川ですが、高崎名物ダルマも鎮座。

高崎駅名物だるま弁当と横川駅名物峠の釜飯が仲良く鎮座しています。

しかし、ここでのとやどこ管理人のイチオシはこちら上州屋さんの、

たません310円。大阪あたりでは、有名なおやつだそうですが、これが本当に美味い!キャッチフレーズは、食べにくいのが大阪流!

エビせんの上に焼き卵と揚げ玉とソースを塗っただけの食べ物ですが、ハマるんですよ、この味。そして、食べにくい!

たませんのソース味を楽しんだ後、バスは高原の中を走って行きます。写真は、高速道路にかかる巨大な吊り橋。

上信越道の上り線はさらに高い場所を走っています。

佐久あたりの長いトンネルを通っていても、ギリギリ3G回線のインターネットが通じるのは地味に便利でした。全てのトンネルでネット回線が繋がるNEXCOは称賛に値します。北陸新幹線のトンネルにも早くネットを!

トンネルを抜けるとそこは佐久平だった。

ここからはずっと下り坂が続きます。横川越えは、本当にアップダウンの繰り返しでした。そこを高速で抜けていくEW7系ってすごい。

こちらは、上田にある有名な高速道路のメガネ橋。

更埴ジャンクションでは右にカーブ。

バスは長野インターで高速道路を降ります。

バスは長野市内を走ります。途中、古戦場なんていう地名も。

善光寺も近づいて来ました。長野駅もすぐです。

新宿を出てから4時間後、長野駅前到着です。このバス停、当初は地元の私鉄系のバス会社が独占的に利用していたものを、この昌栄運輸が訴訟により使用権を獲得した場所とのこと。どっとこむライナーのやる気がうかがえます。富山にも、このような気概がある会社はないものでしょうか。

ご開帳後の長野駅は、良い意味で落ち着いていました。

後は、こいつに乗って富山に戻るだけです。

今回、バス旅、本当に1300円でいいのかと思えるくらいに、充実した内容でした。鉄タビとは一味違う、高タビ、二回目の富山に来る方の新しい楽しみ方としてオススメです。














夏の臨時ダイヤでも1往復のかがやき停車が決定してまずは一安心の北陸新幹線新高岡駅、実はその新高岡周辺ではこの夏ショッピングモールの激しい戦いが繰り広げられようとしています。

  (c)KNB

なんてったって、この夏に北陸新幹線を挟んだ3つの場所で大型商業施設がオープン、新高岡駅ウラのイオンモール高岡は北陸新幹線開業と同時に改装済みで臨戦体制に入っています。

その中でも、目玉となるのが、三井アウトレットパーク北陸小矢部ではないでしょうか。

三井アウトレットパーク北陸小矢部サイト


一見倹約家に見える、富山ケンミン、しかしブランドに対する熱意はすごく、県内に直営店がないルイヴィトンの財布の普及率がめちゃめちゃ高いというのは、テレビでも紹介され有名になりました。富山ケンミンはルイヴィトンのためなら、金沢はもちろん、東海北陸道を渡り名古屋まで遠征することも厭わないのです。

アウトレットパークでも、今まで富山ケンミンにとって最近のアウトレットが軽井沢だったため、週末にもなると軽井沢アウトレットの駐車場には富山ナンバーの車が多く見られたものでした。

それが、今回は「県内」に出来ちゃうわけですから、さらに富山ケンミンのブランド購買意欲に火をつけないわけがありません。

しかし、三井アウトレットパークはこれでもかと、究極のリーサルウェポンを投入!
それが、こちら、あの昭和'sアイテム、観覧車。(写真は、三井アウトレットパーク仙台港のもの。巻頭写真も同。)

富山ケンミンに限らず、アウトレットの購買層の年齢の方は、観覧車というものに、ノスタルジィを感じられているのではないでしょうか。地元テレビのインタビューでも、観覧車について聞かれた小矢部在住の方は、
(c)KNB

と、懐かしの遊園地の名前をあげられています。もちろん、ミラージュランドは現役です。

関連エントリー

三井アウトレットパーク北陸小矢部の観覧車は高さが50mでゴンドラの床の一部がシースルーになっているらしく、迫力の展望を楽しめそうです。そして、ゴンドラのデザインはこちら

ショッピングバック型になっています。(オフィシャルサイトより)

観覧車だけでなく、肝心なアウトレットモール自体も、北陸の気候を考慮して全て屋内モールとなっており、この他にも北陸初上陸ブランドとなるユナイテッドアローズが来たり、アウトレットとしては珍しい富山のくすり「廣貫堂」が出店したりと話題満載の三井アウトレットパーク北陸小矢部、オープンは来月16日です。
(後日談)
6月2日 コストコはオフィシャルページで、射水市にオープンするコストコ射水倉庫店のオープン日を8月22日と発表。
https://www.costco.co.jp/p/imizu
その前日には、お隣石川県で、コストコ野々市倉庫店がオープン。一日違いで、石川県のコストコが先行オープンとなった背景には、一説によると、先行して募集している会員数について石川県が富山県を上回ったからという話もでています。


善光寺のご開帳最終日の長野駅にやってまいりました。

駅前の書店もご開帳特設コーナーを設けています。

善光寺の参道は長野駅前から始まっています。

駅の中は、人、ヒト、ひと。

駅ナカもお土産を買い求める観光客でいっぱいです。

こちらは、駅ナカにある日本酒のスタンドバー。あー、呑みたい!

北陸新幹線の改札。こいつに乗れば、富山まで45分。

料金表を見ても、富山と長野が17年ぶりに1本に繋がったことがわかります。

しかし、今回は北陸新幹線には乗らず、あえてこいつに乗って富山を目指します。いわば、かつての特急白山の風景を辿る富山までの旅です。

まずは、妙高高原を目指します。

その前に、長野と言ったらそば。立ち食いそばで長旅に備えます。

ゆで時間が3分かかる本格そば。さすが、長野、駅そばでもクオリティが高すぎます!これを食べると、やはり立山そばって、かなり特殊な「そば」だって理解出来ます。

サイドにしなの鉄道のエンブレムを構える車両に乗り込みます。

列車は定刻どおりに長野駅を発車。最初は北陸新幹線と並走します。

しなの鉄道のお供は、長野名物、野沢菜のおやきと淡麗グリーンラベル。

途中、北長野駅を出たあたりから車窓にはリンゴ畑が。

新幹線はいつの間にか、しなの鉄道をクロスして反対側に。

JR飯山線との分岐駅である豊野駅です。しかし、JRの駅票はなく、しなの鉄道の駅票に小さくJR飯山線とあるのみ。

風情があるこの駅舎は牟礼駅。北しなの線の宣伝用のぼりが立っています。

古間駅はパークアンドライド対応。

もう使われていない古間駅ホームの向こうでは、遅い田植えが行われていました。

黒姫駅では、半分以上のお客さんが下車。車内はガラガラに。

黒姫駅をすぎるとしばらく、上信越道と並走。

川の雰囲気が山奥感満載です。

ついでに、この発電所も山奥感を高めてくれます。

列車は定刻に妙高高原駅に到着。この駅からはえちごトキめき鉄道の管理になります。

ここからは、おとなりのえちごトキめき鉄道の車両に乗り換えます。

妙高高原、発車直後の橋上からの風景。かなり高いところを走っているのがわかります。

こちら、先頭部からの風景ですが、左にカーブしたあと、

すぐに右にカーブ。このような区間が続きます。このような場所をかつては、東京行きの優等列車が走っていたとは信じられません。

関山駅を過ぎてからは、周囲には美しい棚田が広がります。

そして、二本木駅で、えちごトキめき鉄道最大にハイライトがやってきます。現在では珍しい、スイッチバック駅。写真、右手の線路が本線ですが、電車は左手の駅ホームへと向かって行きます。

お隣には、反対方向の妙高高原行きの電車が同じ方向に並走してきました。

両方向の電車が仲良くほぼ同時に二本木駅ホーム到着。

再び電車はポイントまで後退。

今度は、そのまま右側の本線へ入って行きます。

二本木駅の次は新井駅。白山も停車していました。改札員用のボックスがかつての賑わいを物語っています。

そして、電車はついに新たに上越地方の玄関口にとなった、上越妙高駅に。北陸新幹線をアンダークロス!と、思いきや、

線路付け替えで、北陸新幹線と並走していきます。

上越妙高駅では、新幹線の時間と合っていない列車だったためか、乗客まばら。

むしろ、高田駅の方が乗客は賑わっていました。

ここ高田駅には、予備校なんかもあったりします。

えちごトキめき鉄道の伏兵は、ここ春日山駅でした。地元の方には常識なのかもしれませんが、かつての上越地域の二雄、旧高田市と旧直江津市の中間地点のこの地が新興住宅地として発展しているのです。

改札も行列モード。

進行方向左手に旧北陸本線が見えてきた時、それは直江津駅接近の合図でもあります。旧特急白山時代は、このタイミングでみんな一斉に席を立ち上がり、座席を方向転換させました。

直江津駅では、最近新潟県内の各駅で見かけるShu*Kura看板でお出迎え。

同一ホームで、えちごトキめき鉄道とほくほく線の車両が横並びに。同じ新潟県内同士の三セクで同士ですが、一方で、直江津在住で東京へ向かう旅客を上越妙高駅と越後湯沢駅とで奪い合うライバルでもあります。

次の乗り継ぎはこちら、17:33発、泊行き。

階段では、なぜか糸魚川が大アピール。

こいつに乗り込みます。横に並ぶのはJRの長岡行きの車両。今や、直江津駅は、JR、北越急行、えちごトキめき鉄道の三社が乗り入れる、ターミナル駅。

かつて、特急全停駅だった直江津駅における現在の唯一の特急の案内板。

撮影中も、しらゆきの回送列車が上越妙高駅へと向かって行きました。

しかし、豊山駅と同じくJRの駅名標はありません。黒井駅はJRの駅だったような、、、、。そんな、えちごトキめき鉄道の駅名標の下を抜けていく、JR東日本の運転手さん。シュール。

泊行き列車発車直前、車内は座れきれない人が多くカオスに。

直江津駅を出てからは、美しい日本海の光景が続きます。

名立駅では真横に北陸道の高架が現れました。

トキめき鉄道の日本海ひすいラインは一両編成のため、乗車率は高いまま。

梶屋敷駅を過ぎてからは左手に北陸新幹線が現れました。糸魚川駅はもうすぐです。

糸魚川駅では多くの乗客が入れ替わりました。ここでは、北陸新幹線で横浜を日帰り往復されたという泊駅が地元の四人組の片も乗車。北陸新幹線糸魚川駅は、富山ケンミンも利用しているのです。

糸魚川駅を出てからはずっと海沿いを走り続けます。もうどっぷり日が暮れて来た日本海。外の風景の撮影も困難に。こういう時は、以前のエントリーに頑張ってもらいましょう。

関連エントリー

18:33 ホームの真横が日本海の市振駅に到着。ここからは、車両はトキめき鉄道ですが、路線はあいの風とやま鉄道のものとなります。

市振駅名物、防波フェンス。平成元年の高波被害により設置。あの日は、長岡行きの「かがやき」が全面的に運休。富山から東京に戻る方々が、富山駅で混乱されていたのを思い出します。

市振駅と越中宮崎駅の間は、平和な日本海の風景が続きます。

たら汁の栄食堂が見えたら、越中宮崎駅はすぐ。

関連エントリー

この北陸新幹線の看板はいつまで残すのでしょうか。

車内には終点を告げる表示が。

列車は、泊駅の中間ホームへと滑り込みます。先ほどの横浜からの日帰り組の方々曰く、「あいの風とやま鉄道になってから駅舎横の1番線を使わなくなったので、階段の登り下りが面倒」とのこと。

多くの方がそのまま同一ホームで富山駅方面へと乗り継ぎます。

お約束の案内板。

いつの間にか、ホーム上にこんな待合室も。エアコン完備。特急停車駅時代には実現しなかった快挙です。

こんな張り紙に三セク感をひしひしと感じてしまいます。

両社のロゴが仲良く鎮座。

北陸線の旧特急停車駅共通の改札風景。それにICカードの簡易読み取り機が加わると、あいの風とやま鉄道スペックになります。

米原という表記に時代を感じさせる案内板。

10分以上待って、ホームにはあいの風とやま鉄道としては長い4両編成が到着。

電車は黄昏時の水田地帯を疾走します。19:00を過ぎていますが、西へと向かっているため思った以上に日が暮れません。

夕刻の黒部川河口を通過。車内では、これから夜の魚津に繰り出す女性二人組が会話中。話題の中心は、最近の東京方面の高速バスの安さについて。この前も、片道3,000円で東京に遊びに行ってきたとのこと。北陸新幹線の開通により、良い意味で競争が起き、廉価な交通手段が増えるのは嬉しいことです。

19:20 黒部駅着。3ヶ月前のこの時間なら越後湯沢からの「はくたか」で賑わっているはずでしたが、主役を黒部宇奈月温泉駅に明け渡してからは、ひっそりとした雰囲気。

黒部駅の次は、魚津駅。末期の特急白山に限らず、北陸線の多くの特急列車が黒部駅と魚津駅を連続停車。こちらも、待合室はひっそりとしていました。

かつては新川地区唯一の特急白山の停車ホームであり、大阪への始発サンダーバードの発車ホームでもあった、魚津駅「栄光の2,3番線ホーム」への案内板。黒塗り部分には、何と表記してあったのか。

魚津駅を出たあとは、あの昭和's遊園地、ミラージュランドの観覧車が夕陽に染まっていました。

関連エントリー

19:50 ようやく、富山駅に着きました。

長野駅からここまで、約4時間半。交通費は、3,600円。新幹線ならこの4分1の以下の時間で、料金はネット予約で6,380円。北陸新幹線って、本当に便利だと実感できます。

思ったより長野からの在来線の料金が高かったのが印象に残りました。これは、しなの鉄道の割高な料金が影響していると思われます。

しかしながら、これぞ鉄道という旅を十分に堪能できたため、当初の予想以上に楽しい旅となりました。

当然ですが、景色は断然、こちらが上。高速運転なのでしょうがないですが、改めて北陸新幹線のトンネルと防音壁の多さを痛感しました。

そして、何よりも、至るところでLTEが繋がったのも、地味に便利でした。北陸新幹線の長野〜富山間は糸魚川の一部と魚津トンネルを超えるあたりを除いて、インターネットはほぼつながりません。
この部分、各キャリアさんには何とかしていただきたいものです。

北陸新幹線とは一味違う、長野からの旅。長野のご在住で、弊ブログの読者の方は是非!










前回エントリー

前回のエントリーで紹介した、北陸新幹線の新たなる刺客として登場した成田LCCターミナル。今回は実際にそんなLCCに乗ってみて、LCCがどれほど北陸新幹線の脅威になるかを実際に体験し、なおかつ、沖縄と富山にあるものを徹底的に意味もなく比較してみました。

今回搭乗したのは、成田空港を10:00に出発するバニラエアの805便。価格は5000円程度。成田までのバス代を入れても6000円なので、費用対距離を考えると富山行きの北陸新幹線は勝負になりません。チケットもネット上からプリントアウトをそのまま使えるので本当に便利。

新幹線のチケットもそうなればいいのですが、自動改札を考慮すると、発券が手間だと考える人はモバイルSuicaにしろということなのでしょう。

10:00に出発する便なのに、搭乗が始まったのは9:56、

後ろの長い行列を見ても、とても4分間で乗り切れる人の数ではありません。定時性という部分では圧倒的に鉄道優位なのは変わりません。

成田LCCターミナルではボーディングブリッジではなく、駐機場にある幌がついた通路を渡り飛行機まで移動します。向こうに見えるのがエアバスのA320。

機内の様子です。
E7系の車内と比較しても、飛行機というのは開放感がないのがわかります。

特にシートピッチについては厳しいものがあり、大柄な体型の方なら飛行中ずっと足が全席に触れたままの状態を強いられます。
そう考えるとE7系の足下は、普通席であっても相当余裕があります。居住性では、E7系はA320を圧倒していますが、これはLCCではないANAの富山便にもあてはまることなので、やはり今後の富山便の行方が心配です。

窓側席だとさらなる圧迫感が。

意外ですが、座席テーブルはなかなかの広さでした。機内食等の供給を考慮してのことでしょう。初期の上越新幹線の車両(200系)の普通席のテーブルは本当に小さかったの思い出しました。

窓からの風景ですが、見事なまでに翼が視界を遮ってくれます。
例え防音壁があっても北陸新幹線からの眺めは最高です!

車窓も楽しめないので、ipadで沖縄特集を見ながらコーヒーを楽しみます。しかし、このコーヒーがインスタントそのもの。そう考えると、供用スペースの関係だとは思いますが、新幹線のコーヒーって美味しいですよね。

今度はトイレ対決、
E7系のトイレタリースペースは、他の鉄道車両よりも広めとってあるために、A320とは比較になりません。

よって、手洗い場の広さにも大きな差が。
こっちの、エアータオルまで内蔵したE7系の洗面台は鉄道車両としての範囲を超えています。

ここまで書いてふと感じたのですが、圧倒的なE7系のアメニティー度の高さ、完全に東西JRは鉄道が優位性を最大限活かせる車両を作り上げて各社の航空便を潰しにかかっているような感じがします。LCCどころか、富山へ向かうANA便ですらこのアメニティー度には敵いません。

そうこうしているうちに那覇空港に到着しましたが、到着してもすぐに降りられないのが飛行機のさらなる弱点。
上越妙高駅到着時の通路の混雑など可愛いものです。

しかし、タラップを降りて目に入るこの光景は、大きな高揚を感じさせてくれます。

LCCと新幹線、快適性は圧倒的に新幹線で、LCCに乗っている時間は完全な苦行をこなしている感じでした。ただし、そんな苦行の先にあるのが札幌や沖縄というネイティブな日本とは少しだけ違う日常では感じられない高揚を味わえる浄土だと考えると、LCCでの移動は苦行を伴った宗教であるとも言えます。ターミナルでの煩雑な保安手続きをも儀式として含んだ宗教なのです。

実際に飛行機を降りてからすぐに道端のハイビスカスを見ただけで、LCCの苦行が帳消しになってしまいました。

そんな那覇空港で、今度は二次交通を比較してみます。目的地は両県に共通してある駅名である、県庁前駅。空港横にあるゆいモノレールを目指します。

しかし、道路を一本以上挟んだ場所にあるので、移動は階段の上り下りを含めて大変です。
やはり二次交通のアクセスは駅シタ乗り入れのセントラムの圧勝です。

こちらは、ゆいレールの料金表。距離制となっており、県庁前駅までは260円。

ホームにはゆいモノレールの車両がやってきました。
車両のデザインの比較は、完全な主観の問題ですね。

こちらは、ゆいモノレールの全面展望です。向こうに青い沖縄の海が見えます。さすが、モノレールだけあって、展望の面ではセントラムに勝ち目なしです。

そうこうしているうちに、県庁前駅に到着。
県庁前という割にのんびりしているセントラムの県庁前駅とは異なり、
ゆいレールの県庁前駅には、新聞社や銀行の本店があります。

向こうに見える巨大なビルが沖縄県庁です。写真はありませんが、年季物の富山県庁とは雲泥の差です。新幹線建設でお金を使い果たした富山県庁の新設はそれこそ50年後とかかもしれません。

どうせなら、もう一つ対決を、名付けて沖縄、富山そば対決!
沖縄の代表はもちろん沖縄そば。
富山の代表は、富山駅のソウルフード、立山そば。

これが、沖縄そば。お隣は、沖縄のかやくご飯ジューシー。カツオのうすだしスープで、三枚肉を乗せて頂きます。
こちらが、立山そば。関西風のうどん出汁で、多少コシに欠ける袋麺の蕎麦を食べる感じです。

しかし、この対決、片や専門店、片や駅そばなので比較に無理がありましたが、両方とも本当に美味しかったです。

最後に橋対決です。

こちら那覇市の泊港にかかる泊大橋、

こちらが、富山新港にかかる新湊大橋。

ぱっと見、長さは新湊大橋の圧勝かと思いましたが、新湊大橋は600mなのに対して泊大橋は1118m。県庁前駅の賑わいに引き続いて、富山の完敗でした。

沖縄と富山を意味もなく、強引に比較した単なる旅行記ともなりそうな今回のエントリーでしたが、比較していくうちに富山にも沖縄に負けないくらいの魅力があると再確認させられました。

北陸新幹線で行く富山と、LCCで行く沖縄、どちらも楽しい旅であることに間違いはありません。









富山にとっては深夜の23:40、やって来たのはあいの風とやま鉄道に乗ってくればすぐに辿り着けるのに、あのE7系に乗っているとなかなかたどり着くのが困難な摩訶不思議な場所、富山駅北口。

通り抜けて来た未だに工事中のあいの風とやま鉄道の連絡橋にある案内板も、すべての列車は翌朝のものが表示しています。

ポートラムだって終電後の、こんな時間に富山駅北口にやって来た目的は、ひとつ。前回、散々だった深夜バスで、またもや富山から東京まで移動しようと思ったからです。

関連エントリー


しかし、今回は期待が持てます。何と言っても、高速バス業界では定評のあるウィラーエクスプレスのバスに乗る訳ですから。

今回の乗車は、23:55発のL5433便、ネット予約での価格が平日ということもあり3000円!在来線JRが富山から消えた今、青春18きっぷよりも安く東京に移動できる手段となっています。ちなみに、北陸新幹線だと糸魚川駅までしか行けない金額です。

深夜バスの評判は外国人観光客にも広まっているのか、こちらの3人組は前回乗ったオリオンバスへと向かわれました。

発車時刻の10分前に、バスが到着。金沢、高岡と寄ってきています。

こちらが車内の様子。カノピーと呼ばれるフードが特徴です。確かに、このカノピーで車内でリラックス出来ることが出来ました。足下の青い案内灯も細かい気配りです。

座席はもちろんコンセント完備。さらに、フットレストだけでなく、脛部分を支えるレッグレストも付いていました。このレッグレストが大きなポイントで、これがあるだけで移動中の過労感が全く違っていました。

この後、バスは乗客15人(!)を乗せて、定刻どおりに富山駅を出発。

1:30になって最初の休憩地、名立谷浜サービスエリアに到着。しかし、車内の居心地がいいためか、車外に休憩に出る人の数はまばらでした。

3:20今度は、長野県の東部湯の丸サービスエリアで休憩です。高速バスが休憩するサービスエリアによく見られる、同じようなバスが何台も駐車場に連なる光景はここにはありません。先程の名立谷浜サービスエリアでもそうですが、ウィラーは敢えてそういう場所を休憩地点として選んでいるのでしょうか。

ここでは25分ほどの休憩時間があり、運転手のお二方は、こちらのレストランで食事をとられてました。

暗い場所でも安全なように、ステップにも案内灯が。こういう部分にも、ウィラーのセンスを感じます。


夜がすっかり明けた5:40、最後の休憩地はおなじみの埼玉県の三芳町サービスエリア。

24時間営業のコンビニが併設されているので、平日のこの時間でもかなりの人で賑わっていました。この後、バスは新宿へ向かいます。

6:50 目的地の新宿にやって来ました。場所は、新宿住友ビル前の駐車場です。

各地からのウィラーのバスが続々とやって来ます。

現地スタッフが乗客に危険がないように誘導。

ウィラーでのバス旅は、想像以上に快適でした。もちろん、深夜バスで熟睡することは不可能ですが、他のバスと比較して過労度が全く異なります。本当に、素晴らしかったウィラートラベルの旅、落とし穴はバスを降りた直後にやってきます。

都庁にほど近いここ新宿住友ビルは、新宿駅に隣接している訳でなく、新宿駅までは徒歩10分以上かかる場所にあることが発覚。
前回のバスの下車地だったコクーンビルに辿り着くのにも7,8分を要しました。その間、多くの人が重い荷物を持ちながら朝の新宿副都心を新宿駅に向かって移動する訳です。

安くて快適なバス旅にも、このような理由がある訳ですが、深夜バスのメインユーザーである学生さんにとっては何て事もない移動距離なので、やはり深夜バスは若者の乗り物なのでしょうか。

まだまだ、若いとお思い富山県在住のとやどこ読者のみなさん、ウィラーエクスプレスに乗って早朝の新宿副都心を体験してみてはいかがでしょうか。




↑このページのトップヘ