カテゴリ: 広報

11月10日の富山県庁、富山県のマスコットキャラ「きときと君」と、ミシュランマンが仲良く並んでいます。


この日急きょ発表されたミシュランガイド「富山 石川(金沢)版」の発行。

今まで国内でミシュランガイドの対象とされたのは、首都圏・関西以外では、福岡・広島・北海道のみ。

そこに、堂々の「富山 石川(金沢)版」もノミネート。さらにさらに、今までは、「るるぶ」とかJTBの旅行パンフは、大きく「金沢」 の文字の後に小さく「富山」とあったのが、フォントの大きさが同等な上に先行に「富山」の文字。

まさに、富山第一が星稜をサッカーで下した以来の快挙!

と、冗談は(半分本気でしたが)さておいて、このミシュランガイドが発行されるのは、早くて来年の5月以降。

ということで、とやどこでは来年の5月まで待ちきれない方のために、ここは確実に星2つ以上来るだろうなという場所を3つ予想させていただきました。

まずは、富山の美食の定番中の定番。
五万石(ごまんごく)。 


関西出身のオーナーが、40年以上にわたり、富山の食材を生かした和食料理を提供してきた、富山の「和」の定番。後述するフレンチの「レボォ」もそうですが、富山の料理界をリードされている方の多くが「富山の食材に魅入られた」いわゆるよそ者・若者の方が多いです。ここのおせち料理を正月に仕出しとしてオーダーするのが富山ケンミンのステータス。

お次は、富山発フレンチ、若きシェフが富山の素材を駆使してあのノーベル賞街道の富山市大沢野で展開するレストラン、
レヴォ
logo



あの山本益博氏して「目もくらむような才能」と評した谷口英司シェフは、富山の海の恵みどころか、大地の恵み、山の恵みをそのアンテナを駆使して各農家から直接仕入れたオール富山素材で富山キュイジーヌを提供。
「地方版」のミシュランではなく本家のle Guide Michelinの調査員であっても確実に唸っているレベル。おそらく、ミシュランの調査員も季節を替え複数回に渡って訪れているのでは。

富山の「磯料理」ならここ、
松月(しょうげつ)
syasin5

白エビを始めとする季節の富山湾の幸をこれでもかと楽しませてくれる店(らしい・・・・。) と、いうのは、このお店は「レストラン」というレベルを超えて完全な料亭レベルなので、富山ケンミンはもちろんのこと観光客の方ですら、なかなか入れないお店なんですよね。

いわば、富山の「吉兆」みたいな感じのお店ですが、北前船の寄港地として栄えた富山市岩瀬地区に古くからある老舗中の老舗だけに三ツ星は確実か???

と、ここまで正統派の「グルメ」なお店なんですが、最近は「串カツ」や「お好み焼き」なんかのご当地系グルメが掲載されているのがミシュランの「地方版」の特徴らしいのです。

では、富山の「ご当地系グルメ」でミシュラン入りするのは??

いくらなんでも、「富山ブラック」はミシュランとは相容れない代物なので、期待をこめて、つい先日ケンミンShowで華々しい全国デビューを飾った「ぼてやん多奈加」のお好み焼きが星1つくらいで登場する可能性があります。
56baea59-s

ちなみに、本家ガイドの旅行版
ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでは、「五箇山」が三ツ星の旅行先として掲載されています。

発売は、来年夏、どうせなら「立山そば」も食べてみてくださいね、調査員さん!!


先日も、ふらっと行ったぼてやん多奈加。当ブログでは既に紹介済みの富山オリジナルのお好み焼きのお店です。

写真は、この日オーダーしたエビ玉とビール。焼き上がりに時間はかかりますが、この独自の食感にクセになってしまいます。

そんな、「ぼてやん多奈加」が、急遽全国ネットのテレビに登場する可能性が!


本日のテレビ欄のケンミンショーにこんな紹介文が。これ、もしかしたら、ぼてやん多奈加のことじゃ?

さらにさらに、先週のケンミンショーの予告ではこんなシーンも。
   (c)  ytv

手元にあるぼかしがかかった皿が、ぼてやんの青いプラスチックの平皿見えるんですよね。

と、とやどこには、かつて「恋仲」の最終ロケ地を予想して、まんまと大外しした「前科」があるので大きなことは言えませんが、、、、


いずれにせよ、本日のケンミンショーは「富山のお好み焼き」が紹介されるのは確か。

しかし、今日は裏番組で、
サッカー日本代表と野球日本代表が控えているという大激戦な日!さらには、富山ではあまり関係ありませんが全国的には「和風総本家」も控えています。(なんということでしょ〜)。

つまり、富山のお好み焼きvs サッカーの本田、中居くんと主砲中村、天童将棋のコマという手強い相手を向こうに回して視聴率を獲得するという、ニュースウォッチ9ですら報じない熱い戦いが展開されるわけです!

ま、これじゃ、当の富山ケンミンですら、6チャンネルか8チャンネルを見てしまいますね〜。

圧倒的にアウエーな富山のお好み焼き、放送は本日夜9時。

先週は、陛下のご来県の話題で持ちきりだった富山県。


この一週間の、富山の出来事を振り返ります。

25日
「富山きときと空港 冬ダイヤはじまる。」

最早、土俵際で俵を越えた感がある富山ー東京便、今回は多くの便で大幅に時刻を変更。特に、前回のダイヤで14:25に東京着だったANA316便は、到着時刻を2時間以上早め12:15に変更。完全に、「かがやき」を意識した時刻設定となっています。

増便減便の判断は12月ごろとのことなので、まさにこの1ヶ月が勝負。もし、搭乗率が上がらなければ、1日6便から4便への減便は避けられない状況に。


「高校サッカーは8強そろう。」

水橋、富一、中部と順当なメンバー。このままいけば、11月3日の準決勝で、水橋vs富一の「富山ダービー」が実現する可能性が。

26日
「東京丸の内の各ビルで 富山 旨いもん巡り 始まる。」
detail
http://www.marunouchi.com/event/detail/2441

東京でも富裕層が消費をする、いわゆる「丸ビルエリア」で富山をアピールする意義は大きい。できれば、ここで「きときと空港」もアピールすればいいのに。

「TOYAMAキラリ 10月15日で利用者17万越え!」

富山市教育委員会会議が発表。1日あたりの来館者数は3255人!と、昨年度の5倍。しかし、図書貸し出し数に大きな変化はなし。

図書館ではなく、ガラス美術館とレストランにたまたま図書館がついている面白い観光スポットっていう位置づけでいいのでは?巷では、CCC(蔦屋)が運営する図書館がブームですが、早くも軋轢が起きているようですし。
神奈川県海老名市の図書館も離婚調停???

27日
「内閣府交付金 富山県へは約4億円配分 全国で3位」

ちなみに、1位熊本、2位三重の順。配分は、「観光の環境・拠点整備」に1.5億円、「移住対策」に0.75億円。
お願いですから、誰も見向きもしないようなセンスがない「観光案内所」に予算をつぎ込むのはやめてくださいね、
新総曲輪のみなさん。

「JR西 北陸新幹線の雪害対策発表。」

積雪が多く、人家が少ない富山ー黒部宇奈月温泉館では、高架から地上に雪を落とす方法を全国で初めて採用。
その他の市街地では、線路わきに雪を貯めるスペースを用意したとのこと。

「かがやき」が富山の豪雪と、どう対峙してくれるのか、なぜかワクワクしてしまいますね。

「ゴールドウィン、9月中間期の業績予想を上方修正。」
_CB357260601_SX300_

みなさんは、このブランド、実は富山県小矢部市(三井アウトレットモールがある)で生産されているってご存知でしたか?会社名はゴールドウィン。今では、本社の登記こそ東京となっていますが、YKKと同じく富山創業の会社です。

そんな、ゴールドウィン、赤字予想だったケイツネ、純損益ともに、このブランドのおかげで黒字に。純利益は、連結で前回予想の7割増2.9億円に!

これも、北陸新幹線効果???(まあ、関係ないですが。)

「砺波市 市内の全ての中学の中3教室にエアコンを導入。」

今さらな感じです。精神論だけでは、学力はつかない。他の市町村の教育委員会も、早くこのことに気付くべき。このままだと、富山の学生の18歳学力は、設備を整えた東京・横浜・関西の私立中学出身者に大きく差をつけられてしまう。

教育県を自負しているからこそ、片山学園に通えない状況の子供にも、環境だけは整えてあげるべき。

「新幹線開業後の交通調査 県内24ヶ所一斉に」

調査員170人態勢で、始発から最終まで調査。今回は、「駅」だけではなく、富山空港や路面電車の電停でも実施。さらには、外国人までも調査の対象としたとのこと。

これにより、高山ー白川郷ー金沢のサムライルート匹敵するような、隠れた「トヤマルート」が浮かびあがってくるかもしれません。

と、言いつつ、12月1日から高山ー白川郷ー富山の「トヤマルート」を結ぶバスがついに運行!
http://www.nouhibus.co.jp/new/20151023.14_oshirase.html

北陸ディスティネーションキャンペーンの効果がありすぎ!」



JR西の野中支社長によれば、4月~9月期の1日あたりの(上越妙高ー糸魚川)平均利用者数が2万6千人だったのに対して、10月1日以降の平均利用者数は2万9千人と1日あたり3千人も増えたとのこと。上期には、GW、お盆、SWの3カードがそろっているので、10月1日以降のこの数字が、いかにすごいかがわかります。

しかし、その裏で、富山きときと空港が「きときと」でなくなっていくような気が・・・・・。

28日

「富山銀行 東証1部上場へ」


県内企業では3月のアルビス(食品スーパー)に次いで16社目。ちなみに、「富山」銀行と言いながら、本社は「高岡」。「富山」新聞も、実質の本社は金沢。

最近、県内最大の某地銀は「ほくほく」顔じゃないんで、この一部上場、「ファースト」になるか??

「日本一使いやすいサイト 富山大学が2年連続1位!」
http://www.u-toyama.ac.jp/news/2015/1028.html

日経BPコンサルティングが28日に発表。地元紙でも3行記事扱いでしたが、これかなり重要でっせ!
SNS世代の中心層、高校生の情報入手先の9割がスマホ、「新聞何それ?」の価値感の彼らにリーチできる否かはすべてはクリックされるサイトにかかっている。

北陸新幹線+サイト+梶田効果で、今年も志願者増で行け!我が富大!(と、母校ではありませんが・・)

29日

「グランプリに新湊漁協 政府の「農山漁村の宝」」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/lifestyle/article/204161

  ベニズワイガニほおばっている場合じゃないでしょ、、

TPPがらみか、はたまた予算獲得が目的かどうかはわかりませんが、農林省が主催しているこのグランプリ。当の、富山ケンミンが初めてその存在を知ったくらいです。

富山の魚と言えば、「氷見」がダントツに有名ですが、地元民は「氷見」と同様に、魚ということになれば、立川志の輔師匠の地元でもある「新湊」にも一目を置いております。最近は、昼セリをはじめ色々と新しい試みを始める市場を始め、内川地区は、映画やドラマの「恋仲」のロケ地、さらにはJR東日本の「大人の休日」で吉永小百合さんをモデルとしたポスターの撮影場所としても有名になってきました。

そんな勢いに乗る新湊。が、ベンチャー企業だろうが補助事業だろうが、政府「お墨付き」をもらった途端、失速し始めるケースが多くあるんですよね。

あの、「風の盆」は政府からは「無形文化財」の指定すら受けてないのにあの盛り上がり様ですから。

「スーパーのアルビス 過去最高益」
http://news.goo.ne.jp/article/kitanihon/region/kitanihon-33582130.html

県内ではライバルの「大阪屋」と日々激しい安売り合戦を繰り広げるスーパーアルビス。9月中間期決算で過去最高益を達成。特に、注目すべきが部門別で「生鮮」が7.5%と一番の伸び。「生鮮」=お刺身なので、これ明らかに北陸内だけの内需じゃなくて、新幹線効果による外需効果もありますね。

かつて、当ブログのこのエントリーも売り上げに貢献しているかもしれませんよ、アルビスさん!

31日
「CAサミット inとやま開催」
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20151101204.htm



CAが情報発信するっていうセンスに「いつの昭和?」と、違和感を持ったSNS世代でも多いのでは。もちろん、参加したCA32人が全員ANAグループのCAというオチまでついています。
(きときとしていないし、かがやいてもいませんね・・・・。)

こういう「アゴ、アシ」つきでいらした方々が発信する「富山の魅力」ほどリアリティーがないものはないですよね。 
 前日、「自社便」にて来県されたCAの皆様。


どうせなら、全国の「ニート100人」を富山に集めて、「ニートサミット inとやま」でも開いた方が、よっぽど面白いかもしれません。(例えば、気に入った場所が「滑川」、理由「無職でもばれなそう雰囲気」とか。)

六本木ヒルズの住人30人を呼んで、「六本木ヒルズ inとやま」とかもいいですね。(気に入った場所「魚津」、理由「日本カーバイトが投資先として面白そう。」とか。)

このANA様様政策、いつまで続くのでしょうか・・・。


以上、10月31日までの富山でした。

20151001_021046000_iOS
 (c) Toyama Television

10月に入った富山、最近県内では「つるぎ」の黒部宇奈月温泉駅までの延伸ネタFDAによる富山空港チャーター便ネタが騒がれていますが、個人的にはこちら、ニコ生のとやまdeしゃべってみた放送局が気になります。

一見、普通の「生主」さんがニコ生を行っているように見えますが、実はこの「生主」、
maxresdefault
 今や、ネット界では最も有名な富山女子となってしまったあの「ぶらっくすわん」さんなんです。

まあ、YOUTUBEあれだけのビュワーを獲得した「ぶらっくすわん」さんが、ニコ生に進出したところで、今さら感はあるんですが、実はこの企画、
20151001_035515000_iOS
 「富山県」の厚生部 児童青年家庭課っていう長ったらしい名前のお役所が正式に企画しているプロジェクトなんですよね。

830c69c4

あの頭の固そうな「富山県庁」が「ニコ生」と「ぶらっくすわん」に着目しただけでも快挙です。


さらには企画書にも、
BlogPaint
 正式に「局長 ぶらっくすわん」とか書いてあるところが、なぜだか笑えます。

これ、県庁内の稟議書なんかにも宮島愛夏さんの名前じゃなくて「ぶらっくすわん」とか書いてあるのかな?

と、そんなとやまdeしゃべってみた放送局、初回は10月9日金曜日の18:30からの予定です。

とやどこ管理人もコメ打っちゃおうかな・・・・。



富山には、3つの難読地名があります。

1つ目は、以前のエントリーで自転車を借りた雨晴駅がある、

雨晴(あまはらし)

2つ目は、最近三井アウトレットパークができて盛り上がっている小矢部市の旧名である、

石動(いするぎ)

そして、3つ目は富山市の商業の中心地である、

総曲輪(そうがわ)

です。

そんな、富山難読地名3トップを占める総曲輪で9月23日、北陸地区最大級のファッションショーが開かれました。

こういうのは、今まで金沢が担当してきたのですが、このイベント、なんと今年で3回目。当日はシルバーウィークの最終日ということもあり混雑も予想されたため、せめて雰囲気だけでもと、前日に会場を下見してきました。

IMG_2046
場所は総曲輪フェリオこと富山大和横の広場のグランドプラザ。セントラムの停留所名にもなっています。ゲストには恋仲で医者の方のあおいの同僚の女性研修医として出演していた新川優愛さんが。最終回後も恋仲の余韻を引っ張る富山。しかし、もうひとつのゲストであるクマムシはファッションショーにはどうかと思いますが・・・・。

IMG_2050
 会場はすでに設営済み。真ん中にはファッションショー名物、ランウェイもあります。

IMG_2048
ここから沢田一葉、もとい新川優愛さんが登場したわけです。

IMG_2047
デルモのみなさんが練り歩くランウェイを間近に見るとこんな感じです。これを撮影したのは、前日の午後ですが、

夜になると、ステージやランウェイ場に音響機器や照明の機材がセッティングされているのがわかります。


 夜の8時を過ぎても準備作業が続いていました。これを撮影している時も、「プシュー‼︎」の大爆音とともにスモークが出る装置のテストをやり始めてびっくりしました。

そして、当日朝、
 (富山新聞 9月23日付より)

当日の朝刊、主催社の一つである地元の新聞が最後のPR.。前日もリハーサルやってたんですね。


この模様は、地元テレビ局で夕方から生中継されましたが、県外向けにもUSTREAMを利用してネット中継されました。

当初、このネット中継には、そこまで期待はしていなかったのですが、想像以上のクオリティーの高さに驚きました。

このような生中継って、複数台のカメラがあった方が圧倒的に見やすいというのは素人でもわかるのですが、前日の設営時にネット中継用のカメラとして準備されていたのは1台のみ、いわゆるワンチェーンの体制。

ところが、当日は1台のカメラでズーム、パン、チルトを駆使して余すとこなく、総曲輪グランドプラザの雰囲気がそのまま伝わってきました。
 

 当日は遊びに行っていた長野の山奥からの帰りの電車の中でネット中継を見ていたのですが、携帯の回線であるにもかかわらずスームズな動画と臨場感あふれるカメラワークに本当に興奮しました。

本当にクオリティーが高い。

このネット中継は、ファッションに対する感性が高い全国のSNS世代の女の子に確実にリーチしたのでは。

かつて、とやどこではネットと新幹線で地元の祭りが全国区になると書きましたが、この総曲輪コレクションでも、次回以降、ネット中継を見た長野やさいたまの女の子がエントリーして、まさにネットと新幹線で地元商店街のイベントが全国区になるかもしれません。

ネットの有用性を示唆したネット中継に対して、残念だったのは地元テレビ局の中継。録画したオンエアを見ましたが、バレーボールの中継が長引いて時間が足りなかったことも起因してしていたのかもしれませんが、あれは30分間かけてファッションショーを中継したのではなく、ファッションショーを実施していることをニュースとして紹介しただけ。スタジオとレポーターのクロストークがメインで、肝心のファッションショーの中身については全く伝わらず。なんか夏祭りの現地レポート見ている感覚なんですよね。

生中継の枠に間に合わなかった自社の女子アナがランウェイを歩くVTRを長時間にわたって生中継にインサートするなら、その時間にオンタイムで行われていたプロのモデルのウォーキングを流してもらいたかったような気もします・・・・・・・。

↑このページのトップヘ