カテゴリ: 富山観光


ゴールデンウィーク後半を迎えた富山駅。

5月3日、富山県内は強風に見舞われ、在来線を中心に運休が相次いでいました。

こんな日、風に弱い湖西線経由のサンダーバードが運休なのは分かりますが、

まさかのあいの風も、夕方から一部運休。

富山駅入口も強風で一部封鎖。

しかし、北陸新幹線だけは絶好調で、お昼の連続停車のかがやきからは多くの観光客の方が。

フロアシャンデリアに特設されたチューリップ花壇ごしに、人が溢れる北陸新幹線改札口を見渡します。

出迎えの方も多数、まさに「人でわやく」。

白えびせんべいも飛ぶよに売れている様子。

以前のエントリーで紹介した富山ケンミンソウルフード「とろろ昆布のおにぎり」も、とっくに売り切れ。

とやマルシェも、入口閉鎖中ですが、

値上げもなんのその、白えび亭は安定の行列。

回転寿しも、余裕の行列。

まさに、新幹線時代2年目を迎えるゴールデンウィークに相応しい盛り上がりとなりましたが、

サンダーバードの運休が思わぬ混乱を。

13:00過ぎから、みどりの窓口に払い戻しや区間変更のための長蛇の列が。

名古屋、大阪方面は13:17発のはくたか乗り継ぎのしらさぎ、サンダーバードが本日の「最終」に。しかし、その案内アナウンスを流したのが13:00すぎというトホホな対応。

駅スタッフは、東京経由の名古屋、大阪行きを案内。

案内所の受付スタッフがJRスタッフと急ぎの打ち合わせ。

まさに、サンダーバードとしらさぎに泣かされている、5月3日の北陸新幹線富山駅。

強風の影響は、サンダーバードにとどまりませんでした。

18:00より、強風により、今度はあいの風が運転見合わせ。

とやどこ管理人もまさかの足止め。東京へは行けるのに、高岡や滑川には行けないこのジレンマ。

本日はサンダーバードどころか、氷見線や城端線も16:30には終発済。ちなみに、砺波チューリップフェアは13:30に閉園。

地元テレビ局も、北陸新幹線ネタから、急遽、あいの風の運転取りやめネタに。

そんな中、北陸新幹線と並んで安定の定時運転を行っていたのがこちら、市電。この日は、環状線にサントラムが投入されるというレアな運用に。

まさに、大阪や名古屋から切り離されてしまったこの日の富山、早期の北陸新幹線の敦賀開業と湖西線の改良を望むばかり。






砺波チューリップフェアの嬉しいところは、あの大花壇には自由に入っていいっていう部分です。
だから、お約束の「お花畑のお姫様」カットも撮り放題。

みなさん、思い思いの場所でチューリップを撮影中。

接写されている方も。

「フラワーウエディング(ごっこ)」が出来るコーナーも。

そして、圧巻がここ、雪の小谷ならぬ「花の小谷」。本当にチューリップに囲まれます。

目の前に広がるチューリップ。

当然のように撮影渋滞が。

花の小谷からチューリップタワーを眺めます。とにかく、チューリップに囲まれて幸せな気分になれます。

チューリップフェアに来て感じたことは、とにかく花が綺麗でついつい色んな場所でシャッターを切ってしまうということです。実際にとあるシルバー世代のご夫婦は、写真の撮りすぎでデジカメが電池切れの事態に陥っていらっしゃいました。

そして、色んなチューリップを見たら、是非投票したい、TLP総選挙。ここでは、とやどこオススメのチューリップ候補者(?)を紹介したいと思います。

紫のチューリップって珍しい「紫雲」。

黒チューリップもいいですね。

オーソドックスな赤いチューリップも捨て難い。ネーミングもとやまだし。

投票は、こちらの球根販売所で受け付けています。

この砺波チューリップフェア、期間中は毎日開園前にスタッフの方がチューリップの入り替え作業を行って、毎日ベストな状態の花壇を楽しめるようになっています。


   北日本新聞5月1日付より

4月30日には3万8000人の人出だったそうです。

5月5日の子供の日は、恒例の小学生以下の無料デーとなりますにで、ご家族連れの方にもオススメです。




入場門をくぐって気になったのは、こちら、なんと記念撮影をしてもらえて、フォトカードが2枚もらえるっていうサービス。もちろん無料。

当然のように列が出来ていますが。

そのお隣には、チューリップフェアのシンボル、チューリップタワーをバックにした記念撮影用コーナーも。ここも、順番待ちです。

しかし、それ以上に人気なのがもちろんこれ、チューリップタワー。平日ですら、上に行くのに20分かかりましたが、これは時間がかかっても登るべきです。

フェア用に増設されたスロープを登って行きます。このスロープは順調ですが、

展望台のスペースが狭いので、すぐに行列ができます。

しかし、途中の階段からの眺望が待ち時間を楽しませてくれます。この眺め、上に行くにつれて徐々に変化してそれも楽しい。

通路横にもチューリップが。

登ってきたスロープを上から眺めます。思ったより長いスロープ。

これなんて、明らかに展望台の順番待ち人用に作られたモニュメントですよね。

先程の記念撮影スポットを上から見るとこのように。

そして、チューリップタワー最大の難所がこちら、現在の安全基準とは相容れない急な傾斜。まさにチューリップタワーにおける「かにの横ばい」。

こちら上からの様子ですが、その狭さゆえに、この階段は「片側交互通行」になってしまうんです。しかし、この階段を超えると、

絶景キターーーーー! チューリップによる壮大な地上絵。

今年の地上絵のテーマは愛し合う男女だそうです。

展望台はかなり高い場所に位置していることがわかります。展望台は3層になっていて、この写真は最上階から下を撮影したものですが、この最上階からの地上絵がこちら、

さらに、視界が広がります。

チューリップタワーを降りる途中も、徐々に変化する地上絵を楽しめます。

こちら、出口階段上からの俯瞰。 どの角度から観てもいいですね。

チューリップタワー、その昭和的なネーミングと外観に期待していなかったのですが、実際に登ってみて、良い意味で予想を裏切られました。だって、チューリップ畑を上空から見る場所なんて他にないですよね。やるね、砺波チューリップフェア。

タワーを降りたら、今度は園内散策です。

(つづく)









ついに始まりました2016年のゴールデンウイーク。この時間、まさに北陸新幹線に乗って富山に向かわれている方もいると思いますが、多くの人にとって富山への玄関口となる富山駅について2016年最新のオススメポイントをお知らせしたいと思います。

関連エントリー

1 ついに富山駅構内で新聞の販売はじまる!

北陸新幹線開業後、北口通り抜け問題と並び最も不評だった新聞が買えない問題がついに解消!地元紙を始め朝日、読売、日経やスーポーツ紙が改札横のお土産店で買えるように。このお土産店、他にも人気商品があります。

2 富山土産で人気急上昇中「幸のこわけ」
富山の文化であるお土産をもらったら小さく分けてご近所にも味わってもらう「こわけ」。それをお土産にしたら大ヒットしています。人気のスリートップは「白えび」「ホタルイカ」「ぶり」の燻製。ほとんどがワンコイン以下で、そしてお土産としてかさばらないのが魅力。この「幸のこわけ」は、黒部宇奈月温泉駅、新高岡駅でも買えます。

3 帰りの北陸新幹線内でのおつまみはこれ、カットかまぼこ。
富山名物、赤かまと昆布かまがカットされてすぐに食べられるようになっています。もちろん、このお土産店には地酒の小瓶も各種あるので、好みのお酒と昆布かまを車内で楽しめば、まさにそこはあなただけのグランクラスに!

4 「こばら」さんには富山名物「とろろ昆布」のおにぎり。
西日本ではお馴染みですが、特に富山ケンミンが大好きな「とろろ昆布」のおにぎり。改札横の売店カウンターで買えます。製造は鱒寿司でお馴染みの「源」なのでシャリの美味さは折り紙付き。150円で楽しめる富山ケンミンのソウルフード。

5 富山弁をマスターしたい方はこちら、
富山方言ポスター。完全な「出オチ」ものですが、103円で盛り上がること間違いなし。

ここまでは、富山駅構内の土産店の様子ですが、お隣の富山マルシェではゴールデンウイーク期間中営業時間を延長。
なんと、朝8時から営業です。朝イチのアルペンルート組も大丈夫。ここ富山マルシェのオススメも紹介。

6 入り口横には、富山名水ソフトクリーム。
こちら、富山の水の販売店ですが、実はその水で作ったソフトクリームがめちゃウマなんです!

7「こばら」でます寿司やぶり寿司を食べたい方は寿々屋の柿の葉寿司。
ますや、ぶりだけではなく、福井県ではお馴染みの小鯛の柿の葉寿司もあるので、いろんなものを少しずつ楽しみたい方にも便利。

8 富岩運河水上ラインの割引クーポンもあります。
今や、市電と並ぶ富山の新たな観光名所となった水上ライン、まさに富山ケンミン自身が想定外なのですが、富山マルシェ内のこのポスターには割引クーポンが設置されいます。

一割引ですが、グループ利用だとかなりの金額の割引に。

9 富山の春の風物詩ホタルイカの刺身は越中茶屋で。
ホタルイカは鮮度の維持が難しいので、刺身は当日どれのホタルイカでしか食べることができません。まさに、富山でしか楽しめない春の味覚。


滑川までの行けない人も、ここ富山マルシェ内越中茶屋ではリーズナブルにホタルイカの刺身を楽しむことができます。ホタルイカの刺身は是非召し上がっていただきたい一品です。

ここまでは、富山マルシェのオススメでしたが、最後に忘れてはいけない、富山駅が誇る、世界で唯一高速鉄道の真下に走るLRT、

10.200円で楽しめる富山市内観光「市電」
前年比200パーセントの乗車率と、北陸新幹線に勝るとも劣らない乗車率を誇る市電。意外なことに、最近、富山駅シタから乗車して、富山駅シタに戻る、観光一周乗車が急増中。



市電から見る富山城もいいですね。


今年のゴールデンウイーク、富山入りのピークは3日、Uターンのピークは5日と予想されています。

北陸新幹線2年目の富山のゴールデンウイーク、どのように盛り上がるのでしょうか。



ついにやってきました、2016年ゴールデンウイーク。昨年のゴールデンウィークで、富山駅に北陸新幹線から降り立った乗客が最も多く向かった先である「となみ チューリップフェア」に一足先に行ってきました。

ここ数週間の温暖な気候のせいで、遅咲きの品種を植え、遮光シート等で開花のピークをゴールデンウイーク中頃に持って行くようにしたにもかかわらず、とやどこ管理人が現地に向かった25日の時点で9割咲きの状態。とにかく、早めの来訪がお勧めです。

やって来たのは、JR砺波駅。平日であるにも関わらず、多くの人が列車からおりてきます。多くが、北陸新幹線の新高岡駅からの乗車組。チューリップが新高岡駅の利用率に貢献しています。ホーム脇にも、チューリップが。

駅コンコースに上がると、嬉しいサプライズが。なんと、JRでのチューリップフェア来場者全員に割引券が配布されました。

それも、定価より3割オフの300円引き!なんと、前売り券より安い!この大盤振る舞い、後々理由がわかりました。

昨年からのゴールデンウイーク時の県内のJRの駅での風物詩ですが、乗り越し精算にSuicaを出す人が続出し、改札は混乱。多くは、あいの風からの乗り継ぎ客。

駅を出ると、会場までのシャトルバスの案内が。

砺波市所有のバスが利用されています。

もちろん無料です。しかし、定員に限りあるので、GW中は行列が必至の可能性が。

シャトルバスに乗っていたら、JR組優遇の理由がわかりました。平日にもかかわらず、駐車場は満車。

こっちも、満車。

5分弱で現地に到着。

同じバスの駐車場には、お馴染みのこの会社のバスも。

福岡ナンバーのツアーバスも待機中。

タビックスは「雪の大谷」との鉄板コンビネーションで富山県内を攻めます。

会場までの道すがらにもチューリップが。

こちらの品種の円形花壇は、撮影スポットとして人気を博していました。

ここが、入場券売り場。

JR砺波駅では使えないSuicaも、ここではまさかの利用可。昨今のインバウンドブームで、ユニオンペイにももちろん対応。

チケットとともに、チューリップフェアの「とりせつ」もついてきます。

こちらが入場門、台湾の方が記念撮影されていました。

チケットにスタンプを押してもらい、いざ入場!

(つづく)

↑このページのトップヘ