カテゴリ: 北陸新幹線


先月で開業1年半を迎えた北陸新幹線。

今月から車内販売に、あの「幸の小分け」シリーズでも1番人気のホタルイカの素干しが登場。

そんな中、とやどこでは、まだネットやテレビで晒されていない、北陸新幹線を巡るトリビアを3つ紹介したいと思います。

1.そもそも富山県内では、北陸新幹線反対派が多かった。

写真は1983年の北日本新聞から。

1982年に北陸新幹線の富山県内ルートが公表されると、特に通過地なる県内山間寄りの住宅地や農家から、反対運動が噴出。多くは、騒音や農業への影響を考慮してのことだと思われます。

当時の県民会館で行われた住民説明会では、新幹線絶対反対の横断幕をかかげようとる人も。

中には、当時の知事である「中沖さんちの玄関横に通せばいい。」という怒号もあったそうです。

他にも、北陸本線が「廃止」になるという噂が流れ、「北陸新幹線よりも生活の足を!」という看板があちこちに立っていたような記憶もあります。

2.魚津ー糸魚川間は、開業の20年以上前から着工が始まっていた。

写真は1993年の北日本新聞から。

これはトンネルが多く難工事が予想された同区間を先に着工することで、「既成事実」を作り上げようということだったようです。

驚きなのは、この時点で糸魚川から先の長野までの区間は具体的工事計画が全く定まっていない状態だったということです。

公表された計画では、先に同区間を新幹線規格で作って、ほくほく線からの特急を暫定的に走らせるという内容だったようですが、これは、ミスターオリンピックである森「元」がどこかのインタビューで答えていたように、工事予算をつけるための方便だったようです。

そんな工事計画の名残が、糸魚川市青海地区の北陸新幹線高架に残っています。高架の右側(黒部宇奈月温泉駅方面)と左側(糸魚川駅方面)で、コンクリートの色合いが明らかに異なっています。

公表された計画では、この場所から在来線の北陸本線に接続しようとしていたようです。

現在のとき鉄は、先程の場所からすぐに北陸新幹線をアンダークロス。その場所には「信号所」用に取得された用地が。

糸魚川市街を走る北陸新幹線の高架は、まだまだ新しいコンクリート色です。

森「元」氏は、「新幹線とは政治だ!」と公言されていますが、まさにそんな大人の事情から作られた北陸新幹線先行工事区間でした。

3.富山駅の発車メロディは、開業前にある映画のエンディングで使われていた!?


富山駅の新幹線メロディは、小杉町出身の元CBSソニーの音楽ディレクター須藤晃氏の作曲。

しかし、この発車メロディと全く同じフレーズがある映画のエンディングに流れているのです。

映画のタイトルは、
「復活 尾崎豊 横浜アリーナ 1991.5.20」


タイトルからもわかるように、あの伝説のカリスマ、尾崎豊氏の最期のライブをドキュメンタリーで追ったものです。

その映画のエンディングで、富山駅の発車メロディと同じフレーズの曲が流れるのです。

この映画の公開は2012年、北陸新幹線開業の3年前です。

映画でのエンディングの作曲者名を見ると、TOMI YO氏。まさか、須藤氏がこのTOMI YO氏の作品を盗作?と驚きましたが、何と、このTOMI YO氏、実は須藤晃氏の実の息子。

実際は息子さんの作品を、知名度があるということで、須藤晃作曲名義で公表されたようです。
(TOMI YO氏自身が、ツィートで「あれ、実は俺の作曲」と認めていらっしゃいます。)

北陸新幹線と尾崎豊、まさに、不思議なつながりです。

以上、北陸新幹線開業1年半記念トリビアでした。





まさかの、仙台からの北陸新幹線の直通新幹線が実現しました!

北陸本線時代を含めても、太平洋側の東北地方からの直通列車の運転は初の出来事ではないでしょうか。

もちろん、今回の直通運転は、ツアー向けの1日限りの企画なのですが、色々部分で初物づくしです。

先ずは、停車駅に注目。なんと、郡山駅を出たEW7系は、黒部宇奈月温泉駅まで客扱いはなし。

北陸新幹線で初めて長野が「通過」扱い。もちろん、運転停車はあるでしょうが、それでもこれは「事件」。

長野駅どころか、大宮駅も「通過」扱い。ここでも、運転停車があるでしょうが大宮駅でドアが開かない新幹線なんて、かなりレアですよね。

そして、EW7系の試運転は東北新幹線内で行われた訳なので、まさにかがやきが凱旋「帰国」する訳です。

個人的には、この新幹線の運用、W7系になればと思ってしまいます。東北新幹線内で流れる、「北陸ロマン」の車内メロディなんて、感動で鳥肌もんです。

さらに、東北新幹線内で「この列車の停車駅は、黒部宇奈月温泉駅、、、」とか車内アナウンスが流れるのでしょうか。

最後は、大宮駅での「座席転換」タイム。北陸本線時代の直江津駅での風物詩が、この時代に再現されるわけです。

まさに注目箇所満載の仙台発の北陸新幹線、今度は函館北斗駅からの直通運転を期待したいですね。



最近巷を騒せている某センテンススプリング誌。その取材内容のえげつなさは置いておいて、スクープの連続、とやどこ管理人もついついコンビニで買い求めてしまったくらいなので、「ゲス」な勘ぐりをすれば、ここ数ヶ月で相当な売り上げだったのでは。

それに比べて、センテンススプリングのライバルと自負されている某誌、最近とんと元気がない。
そんな元気がない某誌の別冊に、最近、北陸新幹線の開通後の富山を揶揄した記事が掲載されたとか。

天下の矢来町にビルを構えられます東京の出版社の雑誌に扱い給得るとは富山ケンミンとしては光栄の至りとばかりに、その雑誌に目を通すも、そこにあったのはフィクションとしては上質の内容といえども、イチ富山ケンミンとしては首を傾げる部分が多々ある内容。

もちろん、富山ケンミンでこの記事を鵜呑みにする人物は皆無だとは思いますが(記事中の「富山とうってかわって金沢は華やかだった」の部分を除く(苦笑))、この別冊でメインの特集だった「沖縄」を目的にこの雑誌を購入された方がこの嘘800ならぬ嘘790の記事(少しは真実もあるので)の北陸新幹線関連の記事を読んで、誤解を生んでしまわれる方もいるかもしれないので、以下富山ケンミンから訂正して行きたいと思います。

出だし「総事業費1兆7800億円(うち国が3分の2を負担)もかかっているとなると、いち納税者としては乗り心地を堪能している場合ではない。」と軽いジャブを打ったつもりなのかもしれませんが、あの赤字垂れ流しの東京湾アクアラインが1兆4400億円かかったことを、このノンフィクションライターとやらの方はご存知なのでしょうか。もちろん、東京湾アクアラインはハマコー先生の御尽力で全額国費。キロ当たりの国税負担額は北陸新幹線なんて足元にも及びません。もちろん、北陸新幹線と違って、当初予測を大幅に下回る利用率。最近では木更津にあるアウトレットモールのシャトルバス専用道路と化している噂も。北陸新幹線の乗り心地を堪能された次は、是非こちらの東京湾アクアラインの乗り心地も堪能されていただきたいものです。

ただし、ここまでは正直許容範囲、「開成中学の野球部ネタ」の次に書く題材に困った筆者が、「多額の税金を投入した整備新幹線」という、おおよそ三文週刊誌レベルの記事に着目したのも微笑ましいレベルです。

問題はここからです、
「(富山は)新幹線開業当日もかなり盛り下がっていた。」

このノンフィクションライター氏が3.14の富山駅にいたかどうかは不明ですし、とやどこ管理人自身も3.14の富山駅はテレビ越しにしか見ていませんでした。

しかし、翌日の3.15の富山駅は、
このような状態でホームには入場規制がかかっていましたし、

筆者に「富山産のものが全く置いてない」と指摘されたとやマルシェもこのような状態。

尚、これは決して褒められるべきことではありませんが、3.15ですら駅弁は途中で売り切れ。

さらには、
あの新高岡駅だってこの状態でした。

もちろん、飯田橋に比べたら少ないかもしれませんが、少なくとも指摘されている「富山ケンミンの99パーセントは無関心だった」ということは絶対にあり得ないような。

さらに前述の、
駅ナカ施設「きときと市場とやマルシェ」も、富山の名産品の扱いはほとんどなく、売り場面積が最も広いのは「マツモトキヨシ」だった。」の記述について、
白えび亭のこの白えびは、どこで取れたものなのでしょうか?もし、富山湾以外で獲れるなら、県内の業者はこぞってそちらへ出向きます。

むしろ、金沢市内で売られている「のどぐろ」なんてその4分の3は、、、まあ、そこは触れないのが大人の嗜みでしょうか。

こちらかまぼこ売り場、いわゆる昆布巻き、昆布で巻いた蒲鉾を作っているのは、富山県以外では沖縄県だけ。富山オリジナルではないと言いたかったのでしょうか。まさか、そのノンフィクションライター殿にそこまで昆布への造詣があるとも思いませんが。

まあ、読めば読むほど首を傾げたくなる特集記事だったのですが、逆にノンフィクションライター氏の売名の手段として利用されたならばそれは栄誉、我が富山も有名になったものです。

ただし、この程度にされておいた方がいいですよ、高橋さん。




JR西日本は7月1日からの北陸新幹線の夏の臨時列車を発表。今回の注目ポイントは、北陸新幹線初の「はくたか」の臨時列車が設定されたこと。
よーく、停車駅のパターンを見てみると、なんとすべての臨時はくたかが糸魚川駅を通過。

さらには、東京方面へのはくたか582号は、黒部宇奈月温泉駅までも通過。
はくたか582号が運転される週末の午後は、黒部宇奈月温泉駅の主なユーザーである某社の社員の東京への利用は少ないという判断なのかもしれませんが、吉田会長の心中や如何に。

尚、金沢方面へのはくたか583号については、従来東京から黒部宇奈月温泉駅への始発であった同駅8:58着のはくたか551号を逃すと、次の同駅着のはくたかまでは90分程度待たなければいけなかったことを考慮すれば、黒部峡谷方面への観光客にとってはとても利用し易い時間設定となっています。

そして、毎回、富山県の北陸新幹線ネタで台風の目となっている新高岡駅のかがやき停車は、
夏以降も安堵。 もちろん、臨時かがやきの一往復のみですが。

むしろ高岡市は先述の臨時「はくたか583号」のレギュラー化を求めるべきではと思ってしまいます。現状は、黒部宇奈月駅と同様、始発のはくたかを逃すと、今度は11:00前に到着するはくたかまで待つしかないので。

その他の臨時のかがやきについては以下の通り。

運転される「種類」は、昨年の夏と同様になっていますが、運転される日数については大幅に変更がありました。具他的には、毎日運転される事実上のレギュラーのかがやきが昨年より2本増加。しかし、昨年よりも大幅に運転日数を減らしたかがやきもあります。

まずは、東京方面。

従来よりレギュラーの臨時かがやきだった、新高岡停車の536号に加え(富山発、以下同)16時台と17時台の臨時かがやきを毎日運転。

しかしながら、9時台発の522号については期間中は三連休の初日の二日間しか運転されないという徹底ぶり。

そして、下記の時刻表からわかる「かがやき」不毛地帯に設定された526号と538号の運転も、三連休初日に加えお盆期間のみという、利用実績を徹底的に反映した本数設定となっています。


一方、金沢方面は。

こちらも、新高岡停車の539号に加え、富山駅に10:30くらいに到着する521号と、13:00過ぎに到着する527号を毎日運転。

逆に、529号と531号は大幅に運転日数を絞りこんであります。

尚、期間中全体の臨時の北陸新幹線の運転本数は「はくたか」が追加運転されることもあり、昨年の818本から40本増加した858本となっています。



ゴールデンウイークの一応の最終日となる5月5日の富山駅。

午前中はまだ、嵐の前の静けさの様相です。

昨日、こんな感じだった電光掲示板も、

本日は無事に稼働中です。

そんな中、今朝の地元紙の一面、
おおっ、ついに北陸新幹線でも携帯が使えそうです。

ただし、完成は東京五輪を意識した2020年度。やっと、高崎から安中榛名までの工事が始まったばかりとのこと。

どうせなら、全く電波が入らなくなる飯山トンネル前後を先に整備してもらいたいような。

↑このページのトップヘ