カテゴリ: 富山女子

富山には、3つの難読地名があります。

1つ目は、以前のエントリーで自転車を借りた雨晴駅がある、

雨晴(あまはらし)

2つ目は、最近三井アウトレットパークができて盛り上がっている小矢部市の旧名である、

石動(いするぎ)

そして、3つ目は富山市の商業の中心地である、

総曲輪(そうがわ)

です。

そんな、富山難読地名3トップを占める総曲輪で9月23日、北陸地区最大級のファッションショーが開かれました。

こういうのは、今まで金沢が担当してきたのですが、このイベント、なんと今年で3回目。当日はシルバーウィークの最終日ということもあり混雑も予想されたため、せめて雰囲気だけでもと、前日に会場を下見してきました。

IMG_2046
場所は総曲輪フェリオこと富山大和横の広場のグランドプラザ。セントラムの停留所名にもなっています。ゲストには恋仲で医者の方のあおいの同僚の女性研修医として出演していた新川優愛さんが。最終回後も恋仲の余韻を引っ張る富山。しかし、もうひとつのゲストであるクマムシはファッションショーにはどうかと思いますが・・・・。

IMG_2050
 会場はすでに設営済み。真ん中にはファッションショー名物、ランウェイもあります。

IMG_2048
ここから沢田一葉、もとい新川優愛さんが登場したわけです。

IMG_2047
デルモのみなさんが練り歩くランウェイを間近に見るとこんな感じです。これを撮影したのは、前日の午後ですが、

夜になると、ステージやランウェイ場に音響機器や照明の機材がセッティングされているのがわかります。


 夜の8時を過ぎても準備作業が続いていました。これを撮影している時も、「プシュー‼︎」の大爆音とともにスモークが出る装置のテストをやり始めてびっくりしました。

そして、当日朝、
 (富山新聞 9月23日付より)

当日の朝刊、主催社の一つである地元の新聞が最後のPR.。前日もリハーサルやってたんですね。


この模様は、地元テレビ局で夕方から生中継されましたが、県外向けにもUSTREAMを利用してネット中継されました。

当初、このネット中継には、そこまで期待はしていなかったのですが、想像以上のクオリティーの高さに驚きました。

このような生中継って、複数台のカメラがあった方が圧倒的に見やすいというのは素人でもわかるのですが、前日の設営時にネット中継用のカメラとして準備されていたのは1台のみ、いわゆるワンチェーンの体制。

ところが、当日は1台のカメラでズーム、パン、チルトを駆使して余すとこなく、総曲輪グランドプラザの雰囲気がそのまま伝わってきました。
 

 当日は遊びに行っていた長野の山奥からの帰りの電車の中でネット中継を見ていたのですが、携帯の回線であるにもかかわらずスームズな動画と臨場感あふれるカメラワークに本当に興奮しました。

本当にクオリティーが高い。

このネット中継は、ファッションに対する感性が高い全国のSNS世代の女の子に確実にリーチしたのでは。

かつて、とやどこではネットと新幹線で地元の祭りが全国区になると書きましたが、この総曲輪コレクションでも、次回以降、ネット中継を見た長野やさいたまの女の子がエントリーして、まさにネットと新幹線で地元商店街のイベントが全国区になるかもしれません。

ネットの有用性を示唆したネット中継に対して、残念だったのは地元テレビ局の中継。録画したオンエアを見ましたが、バレーボールの中継が長引いて時間が足りなかったことも起因してしていたのかもしれませんが、あれは30分間かけてファッションショーを中継したのではなく、ファッションショーを実施していることをニュースとして紹介しただけ。スタジオとレポーターのクロストークがメインで、肝心のファッションショーの中身については全く伝わらず。なんか夏祭りの現地レポート見ている感覚なんですよね。

生中継の枠に間に合わなかった自社の女子アナがランウェイを歩くVTRを長時間にわたって生中継にインサートするなら、その時間にオンタイムで行われていたプロのモデルのウォーキングを流してもらいたかったような気もします・・・・・・・。



北陸新幹線の開業10日前、富山県は動画サイトに一本の富山県紹介ムービーを投稿しました。タイトルは「待ってたよ 北陸新幹線」。
内容は、県内の各地を走る北陸新幹線を県内の方が手を振って歓迎するというもので、富山県下のすべての市町村ごとに各地域のエキストラを動員して撮影するという大掛かりなものでした。これを見るだけで県内の各地の様子がすぐにわかるような構成となっています。

もちろん、中には同じ富山県内でも北陸新幹線が通過していない地域もあるのですが、そんな地域の方々も「自分の心の中」の北陸新幹線に手を振っているという演出になっています。(万葉線のドラえもん電車に乗っている乗客のみなさんが「北陸新幹線」に手を振っているシーンもあります。)

冒頭の石井知事へのインタビューシーンに「余計だなぁ~」と思ってしまうのは触れないことにして、このムービーのバックに流れている曲がかなりcoolです。このクリスタルボイス、当初聞いた時は、どこかのプロのシンガーが歌っているのかと思っていましたが、ボーカルはなんと富山県のアマチュアバンドで歌っている方でした。お名前を、村井香織さんと言って、普段は地元のテレビ局でスタッフとして働いている方だそうです。




さらなる驚きは、この曲の作詞、作曲、レコーディングにいたるまですべて富山県の方が富山県内で行ったそうなんです。

もちろん、現在はレコーディングの機材が進化して、極論するとマック1台あれば曲が作れてしまうんですけど、まさか、これだけのクオリティーの曲が「完パケ」で富山県内で出来上がってしまうなんて、隔世の感がありますね。

実際に、この曲への反響は大きく、ムービー制作元の富山県には問い合わせが殺到。

ついに、北陸新幹線開業後から3ヶ月後の6月22日、CD化されて発売されることとなりました。

http://kaori-murai-web.jimdo.com

発売は、県内のレコード店、書店限定ですが、富山の新しいお土産としてもいいのでは。

CD化に向けて、海外市場も視野に入れボーカルの英語の発音をブラッシュアップ、再レコーディングされたそうです。

北陸新幹線により、富山は全国にいろいろなものを発信することになりましたが、ついには村井香織さんという新しい才能をも全国に発信することになりました。

CD発売前にitune等で先行配信されているものをとやどこ管理人も聞いてみたのですが、これドライブで聞くとめちゃくちゃはまります。夕暮れの時の魚津の海沿いを車で走りながら聞いた時には、感動しました。

さらには、以前のエントリーで行った沖縄では、YouTubeでダウンロードしたものをレンタカーのカーステレオにbluetoothで飛ばして北谷町の海沿いを走っていたんですが、富山産の曲になのに「沖縄の風」に自分がなったような感覚に陥りました。

とにかく、この夏のドライブ欠かせないことになる、村井香織のI became the wind.、発売は本日22日です。


富山地方気象台は、本日19日に北陸地方は梅雨入りしたとみられと発表。平年よりも7日遅く、さらには昨年よりも14日遅い梅雨入りとなりました。 


例年なら梅雨の真っただ中だった、先週の13日、14日の土日の富山は好天だったため、立山黒部アルペンルートなどの県内観光地の6月の観光客数は北陸新幹線効果も後押しして前年より増加が見込まれそうです。

そんな中、射水市の太閤山ランドでは本日から恒例のあじさい祭りが開かれています。 


かつて、太閤豊臣秀吉が富山攻めの際に休憩をとったから名づけられた太閤山、その場所に70種類、約二万本のアジサイが咲き乱れています。

今月28日まで開催のこのアジサイ祭り、例年祭りの終盤が見ごろとなるのですが、今年は梅雨入りが遅れ開花の時期が早まり、祭り初日の本日から満開状態。そのため、太閤山ランドのスタッフはスプリンクラーを全開にしてアジサイが会期中咲き続けてくれるように苦心されている様子。

そんな、スタッフの一人がこちらの方なのですが、咲き乱れるアジサイと同じくらい綺麗な方です。 
 (c) TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd.

この綺麗すぎる公園スタッフ、宮林円華(まどか)さんと言って、もともとは「氷見」の観光大使である氷見クィーンとして活躍されていた方です。

このプロフィールだけだと、いわゆる「ミスコン」な方のイメージがありますが、大阪の学校で観光学を学ばれたあと、現地のイベント会社で経験を積まれたなかなかのキャリアウーマン。 

    (c) TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd.

2012年に出身地である富山県射水市に戻られ、地元を中心に活動されているわけですが、何よりもすごいのは、こちらのブログで射水市のkawaiiを日々発信されているんです。 

うーん、県都に出来た新幹線の新駅前に未だに工事用金網設置したままの某県庁所在市の公式HPよりも100万倍富山の魅力=kawaiiがこっちにリーチしてきます。本当にcoolなセンスですね!

そんな、宮林円華さん、ブログだけにとどまらず、地元のFM局でも射水市のKawaiiを発信。

手に持つのは、射水市の水の妖精ムズムズくん。

とにかく、射水市でかがやいている「富山女子」宮林円華さん、

この宮林円華さんの他にも、富山県にはブラックスワンさん、村井香織さんなど多くの素敵な「富山女子」がいます。今週末は、そんなcoolな富山女子を紹介していきたいと思います。

↑このページのトップヘ