夏の臨時ダイヤでも1往復のかがやき停車が決定してまずは一安心の北陸新幹線新高岡駅、実はその新高岡周辺ではこの夏ショッピングモールの激しい戦いが繰り広げられようとしています。

  (c)KNB

なんてったって、この夏に北陸新幹線を挟んだ3つの場所で大型商業施設がオープン、新高岡駅ウラのイオンモール高岡は北陸新幹線開業と同時に改装済みで臨戦体制に入っています。

その中でも、目玉となるのが、三井アウトレットパーク北陸小矢部ではないでしょうか。

三井アウトレットパーク北陸小矢部サイト


一見倹約家に見える、富山ケンミン、しかしブランドに対する熱意はすごく、県内に直営店がないルイヴィトンの財布の普及率がめちゃめちゃ高いというのは、テレビでも紹介され有名になりました。富山ケンミンはルイヴィトンのためなら、金沢はもちろん、東海北陸道を渡り名古屋まで遠征することも厭わないのです。

アウトレットパークでも、今まで富山ケンミンにとって最近のアウトレットが軽井沢だったため、週末にもなると軽井沢アウトレットの駐車場には富山ナンバーの車が多く見られたものでした。

それが、今回は「県内」に出来ちゃうわけですから、さらに富山ケンミンのブランド購買意欲に火をつけないわけがありません。

しかし、三井アウトレットパークはこれでもかと、究極のリーサルウェポンを投入!
それが、こちら、あの昭和'sアイテム、観覧車。(写真は、三井アウトレットパーク仙台港のもの。巻頭写真も同。)

富山ケンミンに限らず、アウトレットの購買層の年齢の方は、観覧車というものに、ノスタルジィを感じられているのではないでしょうか。地元テレビのインタビューでも、観覧車について聞かれた小矢部在住の方は、
(c)KNB

と、懐かしの遊園地の名前をあげられています。もちろん、ミラージュランドは現役です。

関連エントリー

三井アウトレットパーク北陸小矢部の観覧車は高さが50mでゴンドラの床の一部がシースルーになっているらしく、迫力の展望を楽しめそうです。そして、ゴンドラのデザインはこちら

ショッピングバック型になっています。(オフィシャルサイトより)

観覧車だけでなく、肝心なアウトレットモール自体も、北陸の気候を考慮して全て屋内モールとなっており、この他にも北陸初上陸ブランドとなるユナイテッドアローズが来たり、アウトレットとしては珍しい富山のくすり「廣貫堂」が出店したりと話題満載の三井アウトレットパーク北陸小矢部、オープンは来月16日です。
(後日談)
6月2日 コストコはオフィシャルページで、射水市にオープンするコストコ射水倉庫店のオープン日を8月22日と発表。
https://www.costco.co.jp/p/imizu
その前日には、お隣石川県で、コストコ野々市倉庫店がオープン。一日違いで、石川県のコストコが先行オープンとなった背景には、一説によると、先行して募集している会員数について石川県が富山県を上回ったからという話もでています。