2015年05月

連日賑わっている立山黒部アルペンルート。ご存知のように、アルペンルートは長野県の扇沢と富山県の立山駅のいずれからも向かうことができますが、オススメは絶対に立山駅から向かうパターンです。

理由は、一つ、とにかく立山駅まで向かうまでの景色がとにかく綺麗なんですよ。富山平野の水田越しに立山連峰を望むその姿は、まさに自然劇場「とやま」そのものです。

論より証拠、とにかく富山市内から立山駅に向かってみました。

晴れた五月の平日、一路立山駅を目指します。(撮影は同乗者が実施。以下、同。)

途中、いきなりこれぞ「とやま」という風景に遭遇。水田の茶と、周辺の緑、さらには向こうの銀世界が見事なコントラストを描いています。

富山平野から立山駅に向かう途中には、各所に立山連峰と平野のコントラストを描いている風景があります。

もちろん、この季節は田植えの真っ最中。トラクターが前を走ることもしばしば。しかし、これもまた富山自然劇場のワンシーンです。

立山が徐々に近づいてきます。しかし、本当に平和な風景です。

途中、こんな看板が見えてきたらピットイン。団体バスで立山駅に向かう場合は、通常ここで休憩をとります。セブンイレブンも併設されており、ここが立山駅までの最後のコンビニになります。

この日も平日にもかかわらず、他県ナンバーのバスがずらり。こちらは、八王子ナンバーと千葉ナンバー。

こちらは、和泉ナンバー。

豊橋ナンバーもやってきました。

しかし、ここアルペン村の最大の目玉はこの動物たち。もちろん、観覧無料。

ポニー君もいます。

チューリップ畑もあります。

なかには、アルペンルートじゃなくて、このあるぺん村にすっかりご満悦なご家族も。

セブンイレブンのATM前には、無料のガイドマップもあります。

道を隔てた反対側には、地鉄の線路が走っています。ここからは、地鉄の線路とほぼ平行に立山駅に向かっていきます。

立山駅まであと13km。

途中、地鉄の線路をアンダークロス。

立山駅へと向かう途中、乗客を乗せていない多くのバスとすれ違います。これらのバスは、乗客を立山駅で降ろしたあと、長野県の扇沢へ先回りして、立山駅で降ろした乗客を再度ピックアップしていきます。

中にはこんなバスも。室堂ターミナルでUターンしてくる乗客を待ち続けています。


地鉄の線路越しに立山連峰を望みますが、道路がかなり上り坂になっているのがわかります。

立山大橋の表示が出たら右折します。

立山駅までの風景の中で一番の見せ場が、この立山大橋からの常願寺川の眺めです。

まさに川と山の大パノラマです。

こちらは、下流側の眺めです。碧い川の流れが立山連峰の大自然を感じさせてくれます。

そうこうしている中でも、橋を扇沢へ向かう回送バスが走っていきます。

この先、左手に常願寺川と地鉄の線路を見ながら立山駅まではあと少し。

橋を渡ったら、その先が立山駅になる真川大橋。ここも絶景ポイントです。

左手には、地鉄のガーターと常願寺川のクロス。

右手には、立山砂防鉄道のトラスと常願寺川のクロス。

もちろん、ここは、人気の撮影スポットでもあります。こちらは、姫路からの観光客の方々。

これだけ、楽しんでやっと立山駅前に到着。しかし、ここからがアルペンルートのスタートなのです。

まさに、スタート地点に辿り着くまでが劇場な、富山からのアルペンルート。梅雨入り前の今がオススメです。















地元JNN系のテレビ局であるチューリップテレビが、GW期間中、北陸新幹線の各駅を利用する観光客各50人を対象に駅についての感想のインタービューを行いました。

    (c)Tulip-tv inc.

そのうち、富山県についての良かった点の筆頭が、やはり駅シタ乗り入れの市電。これは、50人中22人の方が挙げていました。

新幹線の改札から徒歩30秒はかなりのインパクトがあったみたいです。

逆に悪い点として挙げられたのは、やはり北口への通り抜け問題。10人と少ないのは、もともと北口へ行く人の数が少ないからと考えられるため、北口に向かわれた方のほぼ全員がそう思われたはず。

そこで、とやどこでは実際に新幹線のあいの風とやま鉄道のりかえ改札からあいの風とやま鉄道の連絡橋を渡り北口まで移動してみましたが、その途中にも本当に困惑されている方々と遭遇しました。

こちら、ホームから階段で移動しないとたどり着けない新幹線の「のりかえ出口」。

改札機横には、真横にあるあいの風とやま鉄道改札への案内版が設置されていますが、その理由は、

なんと、新幹線改札からは柱の死角となりあいの風とやま鉄道の改札が見えない状態なのです。

そんなことにもめげずに、こちらの発券機で通行券を受け取ります。

感熱式の発券機でした。

ここを通り抜けて、まずは左折。

左折後、すぐに階段を下ります。富山で休もうのポスターがありますが、北口への移動は休ませてはくれません。

階段を降りて、今度は仮設感が漂う通路を抜けていきます。

突き当たりを右折して階段を昇ります。ここが、あいの風とやま鉄道の中央改札との合流点。

突き当たりを左折すると、

またもや階段を昇ります。

その後、連絡橋を渡り、

突き当たりを下り、

階段を二回下りたら、

やっと辿り着いた北口。この後、写真に写っている御年配の夫婦は階段の上り下りが多すぎると駅員にクレーム。

こちらは、別日に撮った北口改札。キャリーバックを持った新幹線改札口からのお客様は駅員に「本当に辿り着けるかどうか不安だった。」と、おっしゃってました。

あいの風とやま鉄道ホームをぬけての北口への通り抜けは、地下通路をぬけて北口に向かうより、むしろ混乱を招くと感じました。

一日も早い自由通路の開設が望まれます。











GWが明けた富山県内では、山車(だし)を使った大きな祭りが開かれました。一つは、高岡市伏木地区でおこなわれる「けんか山」伏木曳山祭りで、提灯をともした山車同士をぶつけあう「かっちゃ」を行い、海の安全を祈願します。
(読売新聞富山県版2015.5.16号より)

しかし、この祭り、てっきり高岡地区だけのローカルなお祭りかと思いきや、

   (c) TOYAMA TELEVISION BROADCASTING Co.,ltd.
  

まさか、北陸新幹線で東京まで見に来た方も。「風の盆」や「むぎや祭り」ならわかりますが、このような地域のお祭りを東京から見にくる方がいるなんて、本当に新幹線とネットの威力ってすごいです。

この「けんか山」、今年初めて用意した有料席400人分もほぼ完売という盛況ぶりでしたが、それを越えると地元の方が断言しちゃった、もう一つの山車イベントが「けんか山」が終わった翌日から始まりました。
    (c)KNB
問題になりませんとは「比較にならない」の意。コメントしてるのは富山市岩瀬地区の方。(写真は地元局、北日本放送の夕方ニュースの人気コーナーでインタビューするタレント高原兄氏)

それが、富山市岩瀬地区で毎年5月17日、18日に行われる岩瀬曳山車祭です。

岩瀬の町を南側の表方と北側の浦方に分け、それぞれの町の山車をぶつけあう「かっつけ」を行い、大漁豊作を願います。

「かつける」とは富山市の呉東の言葉でぶつけるの意味ですが、岩瀬の「かっつけ」は総勢30人ほどの男たちが全速で綱を曳き山車をぶつけあうので、相当激しい状況になります。過去に何人もの怪我人や、近年も死者が出ているため地元の富山北署の警官が総動員で警備にあたる物々しい雰囲気の中行われます。

そんな2015年の岩瀬曳山車祭り初日に行ってきましたが、そこにあったのは遠慮がちな富山ケンミンの印象を覆す、ハマの男たちの現代の格闘でした。

曳山車祭りに向け、ライトレールも本気を見せています。かっつけのオーラスとなる浜町と新町の一番が終わるのが深夜0:30くらいなので、まさかの富山県内で1:00発の電車が走ります。

20:00 ポートラムの岩瀬駅に到着です。

町の中心部は終日車両乗り入れ禁止になります。

運河横の道路には山車の列をかっつけの会場となる諏訪神社へと先導する神輿が各町から出発した山車を待ちます。

続々と山車がやってきます。こちらは表方の筆頭の新町の山車に、道を譲った永割地区(中立)の山車。


20:54 13機の山が全て揃いました。

運河から山車を眺めた様子です。

21:00 先頭にいる浦方の筆頭、浜町の山が曳き回しを行い、順に諏訪神社前に向かいます。

それぞれの山が諏訪神社に奉納し、かっつけに備えます。

花よりだんご、とやどこ管理人も屋台ラーメンでかっつけにそなえます。

21:55 白山町の山が奉納です。

22:00 表方筆頭、新町の山が奉納をしています。

かっつけに向けて富山北署のDJポリスも準備OK!

こちらは、富山のタレント高原兄さんの御親類宅。諏訪神社の真ん前なので、かっつけを観る特等席となっています。

22:20 すべての山の奉納が終わり、諏訪神社前はかっつけを待つばかり。

22:45 2015年 最初のかっつけは荒木町と大町で、大町の圧勝!

23:08 セカンドヒートは福来町と諏訪神社の地元白山町の戦い。

白山町が福来町を曲げて押し込みました。浦方の二勝です。

23:30 五分間にわたる大勝負となった財町と港町のかっつけ。

港町が最後の最後に押し切りました。浦方の三勝です。

永割と浦町の戦いは、立会いが狂い、場外も大乱闘に。しかし、これがかっつけ!

0:07 浜町の山が登場。ついに、岩瀬曳山におけるクラシコ、新町と浜町のかっつけです!

0:22 両山車が15分ほど対峙して、遠方からまずは浜町の男衆が猛スピードで新町の山車の方へ、綱を曳きます。

勢いよくかっつけが行われます。当初は浜町の山車が押し切るかと思われましたが、

新町の男衆プラス女衆が懸命に綱を引き、新町の山車が盛り返しました。会場にはどよめきが。黄色いタスキは他の町の警備担当。新町と浜町のかっつけは、刺すか刺されるかの緊迫感がただよいます。

最後は、浜町が押し切りました。時刻は0:30。浦方が全勝したので、今年は大漁ということになります。

常識で考えたら、これって祭りっていうより壊しあいの格闘ですよね。しかし、閉塞感漂うこの時代に、それもあの普段は勤勉な性格で知られている富山ケンミンこんなお祭りをやっているのって奇跡だと思うんですよ。そこで、

とやどこからの提案

2016年5月17日、18日は奇跡の格闘を観に岩瀬に来よう!

岩瀬曳山車祭りを観て感じたことは、この奇跡の格闘も、なかなか儚いものなのかもしれないということでした。通常の住宅街の真ん中にある神社前の道路で、何トンもする山車をぶつけあう。観客席はロープ一本隔てた歩道。さらに、町衆はそんなぶつかりあう山車の真横で囃しをあげます。

これで、怪我人を出すなという方が無理でしょう。事実、年々、かっつけに関する警察の指導は厳しくなってきているようです。(かつては、不意打ちでかっつけを行うという危険なことが普通に行われていたそうです。)


おそらく、この風景を観られるのも、あと数年ではないのでしょうか。

富山市岩瀬で行われる奇跡の格闘、来年こそ観に来ませんか。

(後日談)
この岩瀬曳山車祭りの様子は地元テレビ局のニュースでも報じられましたが、その中で4代に渡り山車の総責任者である山元を勤める方が、祭り存続の最大の敵は少子化だと仰っていました。現在は、丁度ベビーブームのころの30代40代の方が曳き手を行っているため祭りは大いに盛り上がっていますが、将来の曳き手となる現在の小学生、例えば岩瀬小学校の児童数は30年前の6分の1ほどに減少しているとのこと。そんな意味でも、この祭りは儚いものなのかもしれません。

とやどこ管理人が撮影した岩瀬曳山車祭りの様子が以下からご覧になれます。




前回かがやき「ガラガラ」伝説を確認すべく、ニコニコ超会議開催中の週末の東京から臨時のかがやきに乗りましたが、くしくも自らのリポートが「ガラガラ」を実証することとなってしまいました。

そこで今回は、前回乗車した臨時かがやきの一本前のレギュラーダイヤのかがやきに乗車して、この目で状況を確かめたいと思います。

ちなみにこちらは当日14:00時点の10号車の予約状況。夜で風景は見えないのにE列人気です。

こちらが直前の19:00時点の同じく10号車の予約状況。合計35人程度。前回の臨時かがやきよりも10人程度多い印象です。

19:08新幹線改札口は大混雑。

東京駅ナカの飲食店街もご覧の通りです。土曜の夜の東京はとにかく人が多いです。

新幹線乗り場には続々と人が集まってきます。

本日乗車のかがやき517号はおなじみの東京駅22番線。富山駅って6番線までしかないから、22番線って表記にかなり違和感があります。

エスカレーターを登って、ホームへ。

19:10 折り返しとなる富山からのかがやき510号がホーム滑り込んで来ます。もはやお隣りの二階建て新幹線を向こうに回してしまうような存在感。ちなみにこの二階建て新幹線は越後湯沢行き。写真からもわかるようにガラガラです。

19:14 いわゆるセブンミニッツマジックが始まろうとしています。

かがやきの4分前に新青森行きのはやぶさが発車。4分単位でスロットを分け合います。

19:21 7分間のマジックを起こしたクルーのお辞儀を受けて、乗車開始。

チーフは最後までお辞儀でお見送りです!

今回はE7系でした。定刻に東京駅を発車。

19:28 上野着。かなりの乗車があります。もう最短2時間8分にこだわらなくて、上野駅全停の2時間12分に統一で良いのでは。

19:35 東京都北区の王子駅あたりを通過していきます。

これは習慣ではなく、最早北陸新幹線における儀式なのです。スマホの充電。

19:47 大宮駅への到着案内。

大宮駅でもかなりの乗車がありました。これは大宮駅到着時の二号車の車内の様子です。大宮駅発車時点で40名程度が乗車。前回の臨時かがやきがだいたい20人台の乗客数でしたから1.5倍以上の乗客数です。

大宮駅を発車すると、E7系は高音のモーター音をなびかせながら、その本領を発揮し始めました。こちら三号車、35名が乗車。

四号車も40名程度が乗車。土曜の夜の東京発便ということを考えると、十分に合格点ではないでしょうか。

そして、こちらが前回の臨時かがやきで乗客数5人という記録を出した一号車です。今回は、とやどこ管理人も含めて12人。臨時かがやきに比べて2倍以上の大快挙です!この一号車に乗車されていたビジネスマンの二人組曰く、東海道新幹線ののぞみに比べて天井が高く開放感があり、座席も広いとのこと。開放感はともかく、座席の広さは気のせいだとは思いますが、あの天下ののぞみよりも高評価を受けるかがやきは北陸新幹線の誇りです。

20:13 映り込みでわかりにくいですが、新潟新幹線、もとい上越新幹線との分岐ポイントで例によって減速。しかし、そのあとのE7の加速力が本当に凄まじかったです。おそらく、この減速によるロス時間は1分程度なのでは。それくらいなら、本則を二階建て新幹線に譲ってあげるくらいの余裕が「本線」としての北陸新幹線には必要ですね!

20:25 やはり最大の問題は、軽井沢「駅」ならぬ軽井沢「町」全体の大徐行運転。確実に4分程度はロスしているスピード。どうせなら、軽井沢もかがやき全停にしても、所要時間は大差ないのではと思ってしまいます。

20:46 長野駅停車の案内が。

ホームには西の車掌氏がスタンバイ。

20:47 長野駅到着。降車のお客様中心でした。

車掌交代の儀。もちろん、交代後のアナウンスは車掌、運転手の名前入り。富山までの47分間が優雅に感じられる演出です。

20:49 長野駅発車。この後、50分もかからないで富山駅に着いてしまいます。

長野駅発車後、先ほど40名が乗車していた二号車には35名が乗車、35名が乗車していた三号車には27名が乗車、当一号車は変化なしの12名が乗車。長野駅での乗客の波動はもちろんありましたが、多くの乗客が長野以北まで乗り越していきます。まさに、正真正銘の「北陸新幹線(長野経由)」となっている証です。

21:33 最早、日常の光景となったこの表示。写真のGPSデータには富山市上赤江とありました。

ボーリングのピンが見え、

コカコーラとちてつのコラボが見えた時、富山駅はすぐそこにあります。

21:36 定刻着。ホームには人だかりが。

コンコースにも次々と人が下りてきます。

こんなに多くの人があのかがやき号を利用していたなんて、感無量です。

ガラガラと言われているかがやき、しかし、それは臨時列車に限ったこと。曜日が悪いにもかかわらず富山駅までかがやきの利用者がこんなにいるなんて、驚きでした。

大宮以降が本当に「北陸新幹線」となったことを実感した一日でした。





金沢駅から遅れること20年、ついに我が富山駅も「在来線」の高架化が実現しました。しかし、なぜか、金沢方面の発着ホームのみ。新潟方面への発着ホームの高架化の実現は3年以上かかる見込み。

そんな、ちょっとトホホなあいの風とやま鉄道の高架化されたホームを定点観測して来ました。写真は、泊方向からの満員の二両編成の電車が到着した横に、高岡方面への電車が発車待ちをしている様子です。

金沢方面へホームを眺めた様子です。ホームの柱は新幹線ホームと同様の立山杉をデザインしたもの。特急電車の発着がなくなった分、普段のホームは閑散としています。

こちらは、金沢方の先頭にある2番のりば。主に高山線の発着に使われています。

このホームの唯一の特急列車となってしまった、ひだの案内表示。サンダーバードの表示もここに並べたいですね。

駅名標と時刻表。あいの風とやま鉄道の時刻表にも「赤字」があり、一瞬特急列車かと思いましたが、あいの風ライナーでした。このあいの風ライナー、通勤ライナーとしての位置付けですが、グループ利用の方々の中にはビールを片手に駅弁を楽しむ様子も見られ、さながら北陸線の特急のような状態になっています。

こちらは、ホームの新潟方面を眺めてみた様子です。ホーム右の一段高い位置に、北陸新幹線のホームが見えます。

E7系はこのような感じで見ることなります。

新幹線ホームから見ると、あいの風とやま鉄道のホームはこのような感じに。一段どころか三段ほど新幹線ホームの方が高いですね。

新幹線ホームからあいの風とやま鉄道の車両はこのような感じで見えます。




こちらは、電車到着時、混雑で行列必至のエスカレーター。

エスカレーターを降りると、中央改札までは一旦戻るような形になります。

これが、話題の新幹線乗り換え改札。右に行くと、新幹線改札、左に行くと、とやマルシェ。

しかし、この改札の後方にある案内表記からもわかるように、あのエスカレーターに乗ってしまうと、また階段を上ってこの改札まで来なければいけません。高架ホームである1〜3番線のホームから直接この改札まで降りられる階段はホーム端の目立たない場所にあります。

改札外から見た乗り換え改札の様子です。右側のポールがかなり美観を損ねています。駅前の金網もそうですが、そういう部分の配慮も必要ですね。

こちらは、新幹線の改札。当然のように利用者は疎ら。多くの新幹線利用者がホームからエスカレーターに乗ってしまうため、この改札の存在を知る由もありません。

新幹線ホームにはこのような案内表示もありますが、正直coolではありません。外国からの利用客も考慮して、成田のLCCターミナルのような大きなイラスト表記にすべきです。

関連エントリー

最後に、高架ホームに、なんとなく珍しいと感じてしまう光景を。城端線からの折り返し列車が、高岡行きの列車として利用されていました。

車掌はあいの風とやま鉄道の方でしたが、運転手はどちらの会社の方だったのでしょう。

新しく高架化となったあいの風とやま鉄道のホーム。しかし、真横にあるのに北陸新幹線の富山駅ホームとは連係がうまく取れていない印象が。このままでは、富山駅の二次交通の主役を駅シタ乗り入れの市電に奪われたままになりそうです。

その点、上越妙高駅のトキ鉄は本当に上手にアピールしてますね。
関連エントリー


元JRという矜持を胸に、あいの風とやま鉄道を新幹線利用者にさらにアピールして頂きたいです。


↑このページのトップヘ