ジブリの記録を塗り替えた映画「君の名は?」。その舞台の一つが富山のお隣である岐阜県の飛騨古川であることは、広く知られたこととなった訳ですが、

では、この飛騨古川、一体「何市?」と聞かれて答えられる人は少ないのでは?

飛騨古川市? 違います。 あの日本一広い「市」である、高山市? もちろん、違います。正確には、旧古川町が周辺の町と平成の大合併で一緒になり、今は飛騨市の中心部を構成しています。

この飛騨古川、とても素敵な街なのですが、JRに乗ったら15分ほどの距離に、あの外国人観光客にも有名になった「飛騨高山」が位置しています。

東名阪からの従来の観光客にとって、この飛騨「古川」は、飛騨「高山」の向こう側にある訳なので、観光客の動線を考えると、観光地としての飛騨古川は圧倒的に不利。名古屋からの特急「ひだ」も、半数が高山どまり。東京からの高速バスに至っては、高山の7往復に対して古川は1往復と圧倒的な差をつけらています。

しかし、この飛騨古川、「君の名は?」でブレイクする遥か前から、地道に観光客にアピールを続けていました。

まずは、飛騨古川駅横の大型無料駐車場は基本中の基本として、商店の軒下には休憩用のベンチが設置され、中には無料のお茶まで出してくれる店も。

そして、ここからが、飛騨古川の本領発揮、いろんなお店で、そのお店の方々が口々に「高山と違った魅力がある街ですよ、古川は。」と、アピール。その言葉からは、飛騨地域の本当の姿は古川に有りという矜持を感じることができます。

実際に、高山の町が賑わいを売りとするならば、この古川という街はわびさび的な静を売りだと感じることができます。

街の中を縦横に走る水路の水の音が、その静を一層際立てているかのようです。

もちろん、飛騨名物である五平餅もありますし、

何か、懐かしい赤いポストがある食堂もあります。

そして、素敵な街には欠かせない造り酒屋だって。

しかし、飛騨古川の街で一番好きなのは、年に一回の盆踊りの夜。ポルトガルのファドを思わせるような郷愁を感じさせる曲が、町内に響き渡ります。

この日は、会場となっている神社もいいですが、少し離れた水路の横で、遠くから聞こえる曲に耳を傾けるのも、すごく風情があります。

もちろん、観光客の数も高山や越中八尾と違いそれほど多くないので、本当に自分の時間を過ごせます。

と、ここまでは、前ふりで、わが富山県にも、この飛騨古川と同じように、大観光地と隣接している街があります。

最近、自らもアピールして始めて来た、富山県高岡市がそれで、北陸新幹線で金沢から13分。

それだけではありません、
県都である富山市からは、北陸新幹線で8分、

まさに二面楚歌状態の高岡市。

最近、高橋市長はかがやきの新高岡駅停車にこだわる余り、新高岡駅を中心としたPR作戦に終始されていますが、いささか、首都圏を中心とした観光客にはリーチしていないように感じます。

高岡の宝の山は、元祖高岡駅から北側に広がる、旧市街にあるのではと思います

路面電車が走るような規模の街にであるにもかかわらず、

こんな昭和初期の建物が残っていたり、

大正ロマンな洋風建築があったり、

もちろん、町家もあります。

明治、大正、昭和ときて、最後は、

このように、未来の世界もあります!

まあ、最後のは冗談ですが、歴史的な街並みは富山市街には皆無ですし、金沢と違って高岡は日常生活の一部として、歴史的建築物がある訳ですよね。

さらに、新高岡駅から最新のEW7系を降りたら、徒歩で名刹瑞龍寺に行けます。

つまり、EW7系を含めたら、高岡には江戸、明治、大正、昭和、平成、未来と6つの時代ものが一堂に揃っているわけで、これ、金沢や富山にはない魅力です。

さらに、万葉線に乗って終点に向かうと、そこにはさらにディープな昭和が。

新高岡駅という点ではなく、新高岡から金屋町まで含めた面という視点で戦略を立てられたら、まさに北陸の飛騨古川になるでしょう。そのためには、早急に元祖高岡駅と新高岡駅の「最後の1マイル」問題をなんとかしなければいけません。

 と、色々書き連ねましたが、高岡が飛騨古川のようになるには、それこそ高岡の方々一人一人が商都としての矜持を持って観光客のみなさんに高岡をアピールするのが一番大事なのかもしれません。

最後に、新海監督、次作は高岡でいかがですか?