元日経トレンディ編集長、北村森氏、一線を退かれた後もその観察眼は秀悦で現在も自らが「これだ!」と思われたガジェットをサンデー毎日に連載。

その観察眼は出身地である富山にも向けられ、レギュラーを持っていらした地元テレビ局の生放送では、その郷土愛ゆえ、鋭い観察眼でいいものは賞賛しまくりましたが、ユーザーのニーズを満たしていないトホホなものに対しては、容赦ない辛い一言。

事実、北陸新幹線開業後も整備が遅々として進まない富山駅前の光景に「えー、未だに(工事用)金網かよー。」とか、地元の文化イベントの告知に来た某大物俳優に「これ、芸能人の道楽じゃありませんか?」と、これすべて生放送のオンエアーに乗っかっちやってるのがすごい。

過激な発言のイメージが強い北村森氏ですが、郷土愛は人一倍強く、毎週(追加分の料金を)自腹で乗ってくる北陸新幹線のグランクラスのケータリングに富山の物がないと嘆いてみたり、さらには富山のご当地の各名店の店主からデリカの提供を受けてお店までプロヂュース、

そんな、北村森氏ですが、本日30日、いつものように出演予定であった地元局のお昼の番組に急遽出演せず。地元局の女子アナは「一身上の都合により」降板しました、と伝えただけ。

もしや、昨今の流れのごとく、来週発売のセンテンススプリング誌に何か掲載されてしまったのか!と思いましたが、いくら元日経トレンディ編集長でも、それはなさそうですし。

唯一、気になったのは、前回放送の同じ番組で、冒頭、とやどこどこも紹介した撰鮮とやまを番組で紹介する際にかなり感情が高ぶっていたという部分ですが、まさか地元の漁協関連の圧力で降板といのも考えずらいですし。

いずれ、真相は闇のままですが、全国区レベルの「芸能人」は多々いる富山でも、全国区レベルのコメンテーターはなかなかいなかった富山で、北村森氏の存在は貴重だったという事実は確かなので、根塚町にご勤務の皆さん、そこらへん明らかにするのはいかかがでしょう?