三連休初日の富山は、曇りの天気予報に反して空梅雨の夏日。

地元のニュースでは、県外から多くの観光客の皆さんがアルペンルートを訪れている様子が報じられていましたが、とやどこ管理人は最近マイブームである富山湾の景色を楽しむためポートラムの終着地岩瀬浜にやって来ました。

まず、目指すのは岩瀬浜駅から徒歩1分のカナル会館。

ここで、レンタルサイクルげっと!お値段、なんと100円!

昨年、雨晴海岸で借りたレンタルサイクル料金200円を超える超お値打ち価格!

自転車に乗って向かうのは、富山湾岸サイクリングコース。撮影中も、ガチのサイクリストの方が前を通り抜けていきました。


まずは、湾岸サイクリングコースのお約束、青いガイドペイントに従い市道を走ります。


途中、左折すると、

そこからは富山湾岸の真横を走るサイクリング専用道となります。

この素晴らしい開放感!

 真横には、広大な富山湾の景色が広がります。


防風林、通称「古志の松原」沿いにコースは一直線に進みます。

ふと、横を見るとまた違った富山湾の風景が。

途中、防風林を超えて、海岸線とご対面。

手作り感満載の「世界で最も美しい富山湾岸」看板が。あの「三保の松原」を引き合いに出すのはご愛嬌。富士山のふもとを「ひかり」が駆け抜けて50年後、立山のふもとを「かがやき」が疾走します。

ところどころに、サイクリング道と海沿いコンクリ道をつなぐ「ジャンクション」が出現。

ここは、迷わずに海沿いのコンクリ道を選択。



途中、地元の中学生の「悪ガキ」達がのるチョッパー型ハンドルの自転車を発見!時代変われど、やっていることは今も昔も同じ。

突如大量の自動車が現れたのは、浜黒崎海岸のキャンプ場に入ったから。ここ、浜黒崎海岸は月9ドラマの恋仲のロケ地としても有名。

コンクリ道から、サイクリング道へ入りUターン。

サイクリング道は防風林の中を通っているので、日差しが防げて快適。

自転車を返却して、徒歩で向かったのは、岩瀬浜海水浴場。土曜の午後なのに、この人気(ひとけ)のなさ。しかし、海水浴しにきたのではなく、



目的は、岩瀬浜海水浴場の唯一の海の家、「栄楽荘」さん。


うーん、このノボリ群が夏しています。



意を決して中に入ると、いい感じの昭和感がただよっていました。

レンタル用の浮き輪も雰囲気作りに一役かっています。料金は500円にデポジット500円とのこと


貸席料は1000円ですが、食事だけでもOKということだったので、ビールと焼きそばをオーダー。
ビールのロング缶600円は海の家にしては良心的。そして、海の家効果も手伝ってか、焼きそばもミョーに美味しく感じてしまう。結果、ビールのショート缶を追加注文、、トホホ。

天井からぶら下げられたコカコーラのタペストリーが、さらに海の家感を高めてくれます。

海の家の中から、岩瀬浜海水浴場を眺めます。昔はもっと人でわやくだった印象なんですがねー。

そして、昔はもっと海の家が出ていたんですが。

そんな事を思いながら、ほろ酔い気分で「栄楽荘」さんを後にしてポートラムへと乗り込みました。



ここ岩瀬浜海水浴場までは、富山駅からポートラムで24分、200円。レンタサイクルと海の家の食事代を入れても2000円ほどで、富山湾の景色の昭和テイストな海の家を楽しめるフルコース。

お盆休み、人混み疲れたら是非!


(追加)
そんな、岩瀬浜で、今月末の土曜日、「岩瀬みなと祭」が開催されます。
当日は、重要文化財に指定されている「森家」も無料開放。
「けんか山」の街が、また別の顔を見せてくれる祭、楽しそうです。