ゴールデンウイーク後半2日目の5月4日の富山、昨日に続きかなりの強風が吹き荒れ、地鉄の立山線も一部区間運休。とやどこ管理人も外出を断念。

テレビでJリーグのサッカー観戦としけこんだワケですが、
サッカー観戦と言えばビール、そのお供として買ってきたのが、こちら

昔亭(せきてい)の「うまか鰤寿し」。

この昔亭、もともとは地元のスーパーに安価にプラケースに入れたます寿司を卸していた食品メーカーで、最近では東名阪のスーパーでも流通しているみたいです。

富山ケンミンにとっては、この昔亭のます寿司、「邪道」と捉える方も多いのですが、県内のます寿司メーカーに先駆けて、ハーフサイズや一口サイズのます寿司を積極的に販売。最近では、富山ケンミンにとって、「日常の食卓にのぼる」ます寿司としての地位を確立しています。

フタを外すと「かぶらずし」と同じ人参、かぶ、昆布の千切りが本丸の鰤を飾ります。

付属のプラナイフで持ち上げると、側面にも鰤が。(ただし、全ての場所がそうだとは限りませんでした。)

全体は4つ切りですが、ビールのつまみにするには、さらに8つ切りにするのが丁度いい。

ビールも進みます。

こちら、接写の図。なかなか絵になります。

昔亭の鰤寿し、税込430円でビールのおつまみぴったり、ナイフとステックも付属しているので、北陸新幹線の中でも楽しめそうです。

とやどこ管理人は地元の「大阪屋ショップ」で買いましたが、富山駅周辺だとちてつ駅シタの「アルビス エスタ店」にあるかもしれません。