ゴールデンウィーク後半を迎えた富山駅。

5月3日、富山県内は強風に見舞われ、在来線を中心に運休が相次いでいました。

こんな日、風に弱い湖西線経由のサンダーバードが運休なのは分かりますが、

まさかのあいの風も、夕方から一部運休。

富山駅入口も強風で一部封鎖。

しかし、北陸新幹線だけは絶好調で、お昼の連続停車のかがやきからは多くの観光客の方が。

フロアシャンデリアに特設されたチューリップ花壇ごしに、人が溢れる北陸新幹線改札口を見渡します。

出迎えの方も多数、まさに「人でわやく」。

白えびせんべいも飛ぶよに売れている様子。

以前のエントリーで紹介した富山ケンミンソウルフード「とろろ昆布のおにぎり」も、とっくに売り切れ。

とやマルシェも、入口閉鎖中ですが、

値上げもなんのその、白えび亭は安定の行列。

回転寿しも、余裕の行列。

まさに、新幹線時代2年目を迎えるゴールデンウィークに相応しい盛り上がりとなりましたが、

サンダーバードの運休が思わぬ混乱を。

13:00過ぎから、みどりの窓口に払い戻しや区間変更のための長蛇の列が。

名古屋、大阪方面は13:17発のはくたか乗り継ぎのしらさぎ、サンダーバードが本日の「最終」に。しかし、その案内アナウンスを流したのが13:00すぎというトホホな対応。

駅スタッフは、東京経由の名古屋、大阪行きを案内。

案内所の受付スタッフがJRスタッフと急ぎの打ち合わせ。

まさに、サンダーバードとしらさぎに泣かされている、5月3日の北陸新幹線富山駅。

強風の影響は、サンダーバードにとどまりませんでした。

18:00より、強風により、今度はあいの風が運転見合わせ。

とやどこ管理人もまさかの足止め。東京へは行けるのに、高岡や滑川には行けないこのジレンマ。

本日はサンダーバードどころか、氷見線や城端線も16:30には終発済。ちなみに、砺波チューリップフェアは13:30に閉園。

地元テレビ局も、北陸新幹線ネタから、急遽、あいの風の運転取りやめネタに。

そんな中、北陸新幹線と並んで安定の定時運転を行っていたのがこちら、市電。この日は、環状線にサントラムが投入されるというレアな運用に。

まさに、大阪や名古屋から切り離されてしまったこの日の富山、早期の北陸新幹線の敦賀開業と湖西線の改良を望むばかり。