前回のエントリーで紹介した、北陸3県のセブンイレブンの弁当類に富山産コシヒカリを使用し始めた話の続きです。http://toyadoco.blog.jp/archives/1053748314.html

セブンイレブンでは富山産コシヒカリを使用する包括協定を富山県と結んだ記念として、富山味わい弁当を発売。コンビニ弁当としては多少お高い650円ですが、通常の駅弁の6割程度の価格で、それに駅に行かなくても県内のあちこちにあるセブンイレブンで購入出来るため、車で富山を訪れた方にも手軽に楽しめる点がポイントです。早速、試食してみました。

こちら、セブンイレブンの店頭にならぶ「富山味わい弁当」。数量限定のため、どこのお店でも1、2個しか置いてありません。

同じく、包括協定を記念して発売された、セブンイレブン富山特製「富山ブラック」。今度はこっちもチャレンジしたいです。

弁当全景。

パカッと開封するとこのような感じです。ブリ大根のブリがかなり大きです。ただし、このブリは富山産ではありません。

お品書きはこちら。リンゴは黒部や魚津が有名です。

カニ飯部分の半分を占めるほど大きなブリ。大きのは嬉しいのですが、通常「ブリ大根」はブリと大根が同じ割合なので、大根ももう少し大きい方が嬉しいですね。

肝心なお味の方は、おそらく冷凍ブリを使っているため、風味が寂しい気もします。しかし、コンビニで「ブリ大根」を販売しようとするチャレンジ精神には敬意を表したいですね。

本来は煮物の上にのせる「とろ昆布」(=富山ケンミンの活力の源)を、カニ飯の上にのせていただきます。 

このカニ飯は上手くまとめられていて、なかなかの美味しさ。

こちらおかず群、左上から、「富山の味煮物」「りんご煮」「すり身揚げ」「鶏肉とキャベツの味噌炒め」「里芋団子の和風あんかけ」⇦これだけ、箸をつけている写真になってしまいました。

よーく見たら、お酒のおつまみにぴったりな内容になっています。北陸新幹線の中でも「あり」だとは思うのですが、難点は「駅弁」と比較して「風情」に欠ける部分でしょうか。

上の写真では見えにくい「鶏肉とキャベツの味噌炒め」を、広げるとこんな感じです。本当にビールが進む味です。

リンゴ煮はデザートとしてだけではなく、「箸休め」としても使えます。

コンビニ弁当の宿命ですが、全体的に味付けは濃くなっています。その部分の賛否が分かれると思いますが、ブリ大根を弁当にしてコンビニで販売するという大胆な試みは値千金です。

そんな新しい試みの、セブンイレブンと富山県のコラボ商品「富山味わい弁当」、ブリ大根とおかずをアテに楽しんだ後に、カニ飯で締めるというやり方がオススメです。