魚が美味いと評判の富山県ですが、来県された方が口々におっしゃるのが富山の水の美味しさです。

それもペットボトルで販売されている水ではなく、水道の蛇口から出てくる水道水そのものが美味しいという意見が多いです。


そんな中、セブンイレブンについて以下のような記事が日本経済新聞に掲載。

なんと、3月10日より北陸3県のセブンイレブン全店舗の弁当類に使用するお米に富山産コシヒカリを使用!富山の銘水で炊いた富山産コシヒカリのおにぎりやお弁当が、県外の観光客の方にも手軽に、それも24時間楽しんでいただけるようになったのです!

たかかが、コンビニのおにぎりと侮ることなかれ、富山のセブンイレブンにも、地域独自のおにぎりがあります。一番のオススメはこちら、
西日本ではお馴染みですが、とろろこんぶを使ったおにぎり、それも二種類入ってお値段140円とかなりcoolな商品です!

そして、これもオススメ
ます寿司の感覚を手軽に味わえる、ますの押し寿司、お値段少し高めの170円ですが、ます寿司のますって、大手コンビニの力を持ってしてもこれだけのコストになるということですね。


セブンイレブンは富山エキナカや金沢駅の改札内にもありますので、春の18きっぷシーズンにあいの風鉄道やいしかわ鉄道を乗り継いでいる途中で軽く食事をとりたいという方にもオススメです。

追記:
セブンイレブンに寄ったら、店内で販売している100円コーヒーも超オススメです。なんてったって富山の水で淹れているので、本当に美味い。100円であれだけの味が楽しめるなんて奇跡です。