日本人の成績が少しばかりトホホな結果に終わった東京マラソン2016が開催された1週間前、我が富山でも「富山マラソン2016」の開催要項が発表。


http://www.toyamamarathon.com

今年は10月30日(日)に開催。受付は先行が4月9日より、一般は4月23日からとなっています。


翌日の地元紙、北日本新聞はこれを1面に掲載。「富山マラソン」が全県的になイベントなっていことがうかがえましたが、

同じ日、県内2位のシェアを占める読売新聞は、全く「富山マラソン」には触れず、代わりに


http://www.kurobe-taikyo.jp/road/top2.html
「カーター記念 黒部名水マラソン」の紙面広告を大きく掲載。

「カーターって?」と思われたSNS世代の方もいるかもしれませんが、第39代米国大統領ジミー・カーター氏の事です。

歴代の大統領の中では、1期しか務めていないこと、さらには後任のレーガンが映画俳優出身で、スターウォーズ計画やレーガノミクスなど派手な政策を次々とぶちあげたこともあって、かなり印象が薄い方ではあるのですが、このカーター氏がYKKの招待により黒部市に来たことを記念して84年に第一回大会が開催されています。

大会当日、スターターを務めたカーター氏は、すぐさま自らも市民ランナーに混じってコースを走りだすという大サービスぶりでした。
(余談ですが、地元での大統領夫妻の記者会見時、記者が軽い気持ちで「奥様が人生で最も悲しかったことは?」と質問したところロザリン夫人は「夫が大統領選で敗れたこと。」と神妙な面持ち答え、会場が凍り付いたとのこと。)

a002
コースは、黒部扇状地を1周する経路となっています。

本来なら、任期の最終章を走っているであろう1984年の5月に、コースを走りながら目に入る黒部扇状地の景色は氏にどのように映ったのでしょうか?

おっと、閑話休題。



黒部が名水で勝負するなら、こっちは清流だとばかりに、地味ながらも県内に一定の購読者がいる富山新聞は、同じ日にこれまた「富山マラソン」には全くふれず、


紙面の下段をすべて使って、「とやま清流マラソン」の広告を掲載。


コースは、黒部の黒部川に対抗して、神通川を周遊する経路となっています。

これらの両マラソン、「名水」が5月29日(日)、「清流」が5月15日(日)と完全に対抗モード。昨年度は、1週間違いで、参加者は「名水」の方が多かったとか。

参加費は、「名水」が7,000円で、「清流」が5,000円と、少しばかり神通川の方がお安くなります。

ただし、2000円高い分、「名水」のエイドの充実ぶりは目を見張るものがあり
a001
今や、富山のマラソン大会や自転車レースの定番エイドメニューとなったますずしに加え「黒部名水ポーク」や「ズワイガニ」の鍋も登場。

しかし、昨年度は気温が高いなか開催されたので、一番おいしかったものに「給水所の水」をあげる人が多数。そこらへんは、名水の里黒部の面目躍如です。

充実しているのはエイドだけではなく、ゲストの内容も豪華。昨年は招待選手にあの「川内 優輝」氏と「野尻あずさ」氏、スターターがQちゃんこと高橋尚子氏と、完全に「富山マラソン」を凌駕しています。

ゲストだけでなく、ランネットによる総合評価でも7000人以上規模のマラソンで堂々の9位にランクイン、だってあの東京マラソンが「7位」なんですから、これかなりすごいですね。

そんな「富山マラソン」を凌駕する「名水」に負けじと、県都で行われる「清流」にも健闘していただきたいものです。(「名水」は2月29日でエントリー締切済みですが、「清流」は4月15日まで受け付け中。)

「名水」vs「清流」、「読売新聞」vs「富山新聞」、「YKK」vs「県都」の熱い「富山」マラソン春の陣は、今年5月。

関連エントリー