TGA
 出典:https://twitter.com/tg_audition

シルバーウィーク最終日の9月23日大盛況のうちに幕を閉じた総曲輪コレクション2015。ここ総曲輪のランウェイを歩いてからわずか4日後の9月27日、今度は東京・代々木で行われるT.G.C東京ガールズコレクション2015のランウェイを歩く二人の女性がいました。

一人は、この総曲輪コレクションの特別ゲストとして出演した、恋仲の美人研修医こと新川優愛さん。東京ガールズコレクションのモデルとしては初出場です。

そして、もう一人は、富山市在住の草野星華さん、東京ガールズコレクション内で開かれる東京ガールズオーディションのファイナリストの17人のうちの一人に選ばれたのです。

結果的に、今話題の女優と同一のスケジュールをこなすこととなりました。

今回の東京ガールズオーディションの応募総数は2万人、その中の17人に選ばれたそれだけでも快挙です。例えは違うかもしれませんが、あの春の選抜高校野球ですら全国から32校出場できるわけですから、いかに激戦区を勝ち抜いてきたかがわります。

しかし、草野星華さんには他の出場者にはない話題性があります、それは、彼女は富山市立中央小の現役小学生で齢なんと11才!

IMG_2360
 (富山新聞 9月23日付より)

東京ガールズコレクションモデルということで言えば、13歳のアヨナ万華(まは)さんが最年少ということになりますが、代々木のランウェイを歩く出演者全体で言えば、当然のようにこの草野星華さんが最年少。話題性がこちらの方が勝ります。

そんな
草野星華さん、総曲輪コレクションでは11才ということで、キッズ部門で出演していたのですが、
IMG_2363
 (C) 総曲輪コレクション (C) Toyama Television

東京ガールズオーディションでは、上は28歳までの16人の年上の女性たちと入賞を競いました。
http://spotlight-media.jp/article/186360222343578970

入賞すれば、ファッション誌の専属モデル等の道が待っているのはもちろんですが、次回以降の東京ガールズコレクションに今度はモデルとしての出演が約束されています。

この東京ガールズコレクションからは、モデルの宮城舞さんがパリコレにデビューしており、まさに富山の11才が世界への扉を開けようとしたわけです。

IMG_2181
 今回は、惜しくも入賞とはなりませんでしたが、11歳とは思えない堂々したランウェイでのウォーキングぶりは、日本中の方々に強い印象を残したのでは。

余談ですが、草野星華さん、出演者であるにもかかわらず招待券は2枚しかもらえず、その2枚はご兄弟にゆずり、自らは自由席の場所をとるために並んだとのこと。

このエピソードからも、このイベントの注目度、そして激戦ぶりがよくわります。

かつて、工業製品で富山から世界を制した吉田忠雄(YKK創業者)は20歳の時に夜行列車で魚津から東京へ向かったそうですが、

2015年、モデルとして世界を目指す11歳は「かがやき」で東京へ向かったそうです。
CPyFIO4UwAAzA_D
 出典https://twitter.com/ykys410

草野さんに刺激を受けた富山女子の中から、今度は、2016のT.G.CのSpring/Summerのランウェイを目指す方も出てくるはず。

富山から世界へかがやけ! 草野星華