ついに始まりますゴールデンウイーク。今年の北陸地方は、例年にも増して熱いことになっています。

なんてったって、北陸新幹線の予約が対前年在来線比3.6倍!富山、小松両空港の減少分を差し引いても、前年比で3倍の方々が北陸地方を訪れることになります。(写真は、2015年4月24付読売新聞富山県版より)

そんな中、富山県内でも大変なことになりそうなのが立山黒部アルペンルートではないでしょうか。今年は同じ黒部の観光ルートである黒部峡谷鉄道の全線開通が延期。観光客の皆さんの集中が予測されています。
地元の期待も大きく、地元で購読率1位の新聞社であるは北日本新聞は、立山の室堂に通信部まで設置。富山県全体が立山で盛り上がっています。
(2015年4月26日付北日本新聞より)

そこで、とやどこではアルペンルートの玄関口である立山ケーブルの立山駅に一足先に足を運び、現地の情報を収集。GWに立山駅で困らないための基礎知識をお送りします。

こちらが立山ケーブルの立山駅です。バスで来た方は駅前のロータリーで降りることになります。

まず、体験して頂きたいのが、こちらの熊王の水。立山連峰からの湧水で、本当に美味しい水です。

ここで、空のペットボトルに水を汲んで道中の飲料水にするのは基本中の基本です。

みなさん次々にペットボトルを片手にいらしてます。

そしてもう一つ外せないのがロータリー前にある「おにぎりの志鷹」。

店内にはうどんとそばもありますが、イチオシは、、ほかほかのにぎりたてで出てくるおにぎり。


それを、路上のテラス席で食べると気分は最高です。350円でかなりのボリューム。正直、お腹いっぱいになりました。

こちらは駅ヨコにある駐車場。春スキーの方が多くいらっしゃいました。もちろん無料で、ピーク時にも河川敷に広大な駐車場を用意してあるので、どこかの北陸新幹線の新駅のように常時「満車状態」とうことはありません。

駐車場横にはこいつが鎮座。思う存分撮り鉄も出来ます。

アルペンルートの長野側で車をピックアップしたいなら、こんなサービスも。ネットからの予約なら2万円と少しから。

踏切を渡りロータリーの反対側に行ってみます。向こうにはレッドアローと大根が仲良く鎮座。

右手には、ちてつの立山駅。ちてつで立山駅に来た方のほとんどは立山ケーブルに乗り継ぐため、駅前は閑散としています。

左手には民宿を兼ねた簡易郵便局もありますが、

営業は平日のみ。GW中はほとんど営業していません。ATMは不設置で、出金は窓口でゆうちょカードのみとなっています。立山駅周辺には徒歩で行けるコンビニがないため、お財布の中は余裕を持って。

こちらが駅の入口です。

立山ケーブルを含めたアルペンルートの乗車券は駅ナカではなく、入口横の切符売り場で購入。

長野県の扇沢までの切符が買えます。

注意したいのは、立山ケーブルの乗車券はすべて時間指定になっているということです。よって、窓口ですぐに購入できても、実際に乗車出来るのは1時間後のケーブルということもあります。それでも、個人用のチケットの方が待ち時間は少ないようになっています。

12:04購入で、12:10発は満席、一本見送りで12:20発分の乗車券になりました。服装の関係で美女平までの往復とします。(この日富山市内は夏日でしたが、アルペンルートのほとんどは未だに冬の気温でした。)

駅ナカの売店にはポンチョが売っています。室堂あたりは本当の山岳地域なので、天気は変わりやすくポンチョが必要になることが多いです。高度と物価は比例するの法則はアルペンルートでも当てはまるので、持参されてない方は立山駅で、本当なら大宮駅構内の300円ショップなどで予め購入しておくのが賢明です。

室堂の天候は、駅構内の数カ所に設置された情報モニターがリアルタイムに教えてくれます。富山市内が夏日となったこの日、室堂は6.5度。アルペンルートの一番の難所は服装です。

スポーツシューズも売っています。休日くらいなると一日に一組くらいの割合で「丸の内を歩くような」靴で室堂周辺を散策しようとして、現地の案内人に止められる女性がいるそうです。

天然記念物である雷鳥くんもいます。白いのは冬、黒いのは夏の色です。

もちろんベタな菓子箱もあります。

こちらは駅ナカにある休憩所に併設された売店。

正午過ぎまではのどかですが、

長野側からの観光客が降りてくる午後になった瞬間からこの状態に。よって、食事は先ほどのロータリー周辺のお店で済ませた方が落ち着けます。

こちらが、立山ケーブルの改札。個人客と団体客に分けられます。

改札が始まるとこのような状況に。これは、少ない方のレベルです。前の方も春スキーの模様。尚、ケーブルの乗車時間は8分程度と短いため、どうしても座りたい方以外は早くから並ぶ必要もありません。そもそも、改札は団体客→個人客の順に行われるので、先に並ぼうが後に並ぼうが何れにせよ、個人客が座れる可能性は少ないです。

また、下りケーブルの乗客が下車するのをホームで待ってからの乗車になるので、ケーブルの撮影時間も十分にあります。

改札内から見た団体レーンです。実はこの団体、すべて日本の方ではありません。多くは台湾からの参加とのこと。また、今年はタイからの参加も多くなっています。そんな台湾からの皆さんに人気だったのがこちら、

おなじみの記念撮影ボード。

次から次へと。

なぜか情報モニターも人気でした。

今から、実物を見に行くはずなのに、どうしてモニターを撮影するのでしょうか。

売店のアルプス牛乳も人気でした。中国語表記がその人気ぶりを示しています。

もし、時間に余裕があるなら駅ヨコにあるカルデラ砂防博物館にも是非。鉄道マニアにとっていつも体験会がプレミアムとなる砂防トロッコの展示もあります。

しかし、ケーブルの乗り継ぎだけにとどまらない色々な見所がある立山駅。実は、ジモティーはドライブがてら立山駅に来て周囲を散策して気軽に休日のレジャーとしているケースも多いんです。

シーズン中の立山駅周辺は観光客のワクワク感が伝わってきて、いるだけでも本当に楽しいのです。

今年は、北陸新幹線からのお客様に加えて、台湾とタイの方々で大いに盛り上がる立山駅で、例年以上の是非ワクワク感を感じて下さい。

(後日談)
今年は5月3日が入り込みのピークになったようです。