北陸新幹線開通前の富山までの交通機関の主役はANAが運航する羽田-富山空港間の飛行機でした。実際に羽田富山便はANAグループの利用者実績数の上位10路線に常時ランクインしており、ANAにとってドル箱であると言っても過言ではありませんでした。

ところが、新幹線が開業した多くの地と同様に羽田富山便も大きな利用者減が予測されており、新幹線開業日以降、ANAは羽田富山便の全便について、これまでと異なる小型機による運航を決定しました。

さらには、北陸新幹線の利便性に対抗するために、3月14日以降の富山便については大胆な価格設定を打ち出してきました。なんと、75日前までの予約で最安8,900円、28日前までの予約でも最安9,300円と、1万円を割り込んでいます。池袋から出発する富山行きの高速バスが8,000円程度なので、その安さが一際目立ちます。https://www.ana.co.jp/pr/14_1012/14-091.html

さらに、3日前まで予約可能な特割でも11,290円とJRの北陸新幹線のネット購入の価格を下回る設定となっており、ANAの本気度がわかります。富山空港は市街地からも近いので、横浜の京急沿線にお住いの方は、羽田から富山へ向かわれるのも良いと思います。

しかし、今回のANAの新価格の恩恵を被るのは、羽田空港の利用者だけではありません。航空会社各社には乗り継ぎ割引という制度があるのですが、今回の新価格により、乗り継ぎ割引の価格も大幅に安くなったのです。そこで、

とやどこからの提案

九州四国の方は、富山きときと空港でお待ちしております!


連日のように北陸新幹線の特集が組まれておりますが、その全てが「東京から」の視点で描かれており、特に九州四国在住の方におかれては、その特集を見るたびにつまらない思いをされているケースも多いのではないでしょうか。しかし、とやどこでは、北陸富山とはまた異なった素晴らしい文化を持つ九州四国在住の方にこそ、富山の食、風景、文化を評価してもらいたいと思っています。

例えば、普段から桜島を臨んでいる鹿児島の方々が立山連峰を見たらどう感じてくれるのか、普段からおいしいカツオを食べている高知の方々は、(この時期に寒ブリは終っているので)地元民が愛する「ふくらぎ」の刺身をおいしいと感じていただけるのか、想像しただけで胸が踊ります。

そんな「異文化コミニケーション」を実現させてくれるのが、ANAの乗り継ぎ割引です。28日前までの予約が必要ですが、九州四国の各空港から富山きときと空港まで最安16,000円代から移動が可能です。東京富山間の新幹線グリーン料金よりも安い設定日が多いです。

加えて、この乗り継ぎ割引は那覇空港からの便にも設定されているので、南国沖縄の方が立山黒部アルペンルートを楽しむことも可能です。同じ昆布文化を持つ沖縄の方に、富山の昆布料理を楽しんでいただきたいものです。

さらにもう一つ、富山きときと空港は、能登空港、小松空港とそれぞれ相互利用が認められているため、行きと帰りで異なる空港を同一料金で利用することが可能なのです。http://www.ana.co.jp/dom/airinfo/ml/hkr/

これにより、富山から高岡、さらには能登半島を観光して、帰りは能登空港から帰路に就く能越の縦断観光も可能です。

北陸新幹線によっては富山は、首都圏の方々にだけでなく、九州四国の方々にとっても、より気軽に訪れることが出来る場所となったのです。

尚、ANAの新価格発表後、富山便の予約は新幹線開業後も好調な実績を見せ、一部便については今後も大型の機材で運航されることとなりました。乗って残そう全日空便。
続きを読む

フォッサマグナの日本海側の始点でもある糸魚川市は、日本の電力周波数が50Hzと60Hzに分かれる境界点でもあります。糸魚川中心部より富山寄りの一部地域は、新潟県内であるにもかかわらず北陸電力の電気供給エリアとなっており、JRも緑字の東日本ではなく青字の西日本エリアとなっています。そのため何かと富山エリアと人的交流が多い地域でもあり、買い物や通勤で越境する方も多く見られます。

そんな富山県民にとって最も親しみがある「新潟」である糸魚川駅を見学してきましたが、駅と大糸線そのものが鉄道のミュージアムになっていることがわかりました。


こちらは日本海側の、通称「日本海口」。コンパクトな駅舎となっています。日本海口というネーミングとそのフラッグもセンスいいです。

「日本海口」背にした風景です。この道を5分歩くと、そこは日本海。連なるアーケードがこの地の冬の厳しさを物語っています。

「日本海口」側待合室には、電車とバスの時刻を表示した大きなモニターが。これは、観光客にも優しいサービスです。


駅ナカには、開業日イベントのポスターが。この日は開業12日前でしたが、富山の新三駅でも、これだけのイベントを告知している駅は皆無でした。開業に対しての地元の大きな期待を感じさせます。

こちらは、みんなからプラレールの「寄付」を募り、それをつなげて新幹線を走らせるという企画。早くも、鉄道マニアが喜びそうな風景を発見です。


 


工事途中の新幹線改札。お隣にはセブンイレブンが開業予定。これも何かと便利です。

こちらは、反対側「アルプス口」からの全景。レンガ造りのオブジェの向こうに気動車らしきものがあります。

キハ52待合室とありますが、中には本物のキハがあります。それも、展示されているのではありません。

 

なんと、実際の待合室として利用されているのです。懐かしいキハ52で時間を過ごした後、最新のE7系に乗り込む。鉄道マニアとっては至福の時間です。この部分に、糸魚川駅が他の北陸新幹線の新駅とは異なった独自のポジションを目指していることが垣間見えます。

糸魚川駅は、最速タイプのかがやきはすべて通過してしまうダイヤを享受させられることとなってしまいました。さらには、同じ上越地区の中心都市である上越市に開業する上越妙高駅の方に話題が集中している現実もあります。(後日談、3月14日の開業日に北信越地域の日本テレビ系の各局で放映された特番では、現地中継は上越妙高駅からのものでした。)これでは、利用客がいない本当の「通過駅」となってしまう可能性があります。

そこで、糸魚川駅では、かつてあったレンガ造りの機関車庫をシンボルに、そこにキハ52と大糸線を結びつけた「鉄道観光」を前面に押し出しました。最近は、さいたま市にある「てつはく」こと鉄道博物館が人気ですが、糸魚川駅は新幹線の改札を降りたら現実の「キハ」を体験できる「てつはく」を目指したのです。

                    駅構内にもレンガ車庫をモチーフにしたメッセージボードが。



この日は、実際に大糸線にも乗ってみましたが、険しい地形が逆に美しさを感じさせてくれ、さながら観光列車に乗っている気分でした。

車窓から、フォッサマグナの上を流れる雪景色の姫川。

 
 並行する国道は、その険しい地形のため、シェード区間が続く。

さらに上流となる、終点南小谷駅横の姫川。

  
萌えキャラに飾られた大糸線の車両。大糸線沿線は、この季節でも雪深いことがよくわかります。

大糸線各駅に掲示されているポスターも北陸新幹線と一体したアピールをしています。

大糸線は、3月14日以降もJRが運行するため、青春18きっぷでも乗車が可能です。東京から新幹線で糸魚川に来て、帰りは大糸線で戻る周遊コースが面白いかもしれません。特に、ゴールデンウィーク期間中の大糸線は、遅く来る春が広がり本当に美しい風景が堪能できるので、富山からの帰りに大糸線でゆっくり首都圏に戻るのも面白いです。

とやどこ、今回は、お隣糸魚川のスピンオフでした。

連日テレビでは北陸新幹線についての特番、CMが放映されています。CMでは北陸新幹線の名称のあと「富山、石川、福井」の北陸三県の地名が仲良く呼ばれていますが、こと特番になるとその半数以上を「古都金沢」に関するものが占めてしまうのが現実です。

さらには、先日のテレビ東京系列の特番のように、北陸新幹線の新駅周辺を一つづつ巡るという企画であるにも関わらず、「富山駅」だけは駅前風景を30秒程度放映しただけで過ごされてしまったものも存在しました。(同じ富山県内の黒部宇奈月温泉駅、新高岡駅周辺は大きく取り上げられていました。)

このことは、県都「富山駅」周辺は、金沢は言うに及ばず、黒部アルペンルートを拝する黒部宇奈月温泉駅、飛騨能登の玄関口となる新高岡駅と比較しても、「テレビ的な」観光資源に乏しいということを意味しています。そんな富山駅の開業直前を見てきました。

ガラス面が多くを占めるのが特徴です。新幹線の発着風景が駅の外からも見えました。


県内の新駅の中では最も建築高が低いため、全体的に横長の印象を与えてくれます。駅名の右側には、新幹線と同時に開業する「あいの風とやま鉄道」のロゴも。

駅舎を背にした風景です。典型的な地方都市の駅前風景ですが、駅前には路面電車、通称「市電」が走っています。

こちらは反対側、「北口」の風景です。新駅の駅舎そのものは、北口までは網羅していないため、旧来の駅舎がそのまま使われます。このショットを見る限り、風景的にかなりの改善が求められます。


「北口」駅舎を背にした風景です。駅舎とは対照的に、美しい遊歩道が広がります。

南口に戻り、駅下にはショッピングモールが。あの「富山ブラック」も出店します。

しかし、駅下の本当の主役はこちら、日本で初めて新幹線の真下に乗り入れる路面電車、通称「市電」の「新」富山駅です。実は、この「市電」にこそ、県都「富山駅」が他の街とは一線を画す秘策があるのです。

多くの地方都市と同様、富山市も郊外に人口が移り、さらには高齢化も相まって、市街地の空洞化に悩んでいました。中心部の小学校の多くが統廃合となり、かつて人で溢れていた商店街「総曲輪(そうがわ)通り」は西武百貨店の撤退を引き金に閉店が相次ぎました。

県都富山市の深刻な状況を、現職である森市長は、大胆な発想で改革しようとします。それは、コンパクトシティという考え方で、都市の機能や人口を一ヶ所にまとめることで街全体を活性化することを目的としています。

森市長は、市中心部に人口を呼び戻すための手段として路面電車の拡充を図りました。高齢化が進むと、車の運転も困難になり、公共交通がより重要になると考えたからです。

具体的には、富山駅と富山港を結んでいたJR線を譲り受け、まるごと路面電車の路線に改造しました。それが、現在のポートラムですが、その主要駅ではフィーダーバスがさらにその先の富山市内各地を結んでおり、市内北部の都市交通としての機能を果たしています。

さらに、森市長は市中心部に、路面電車の路線を新規開業させてしまいます。市の象徴である富山城をぐるっと一周する環状線を新たに開業したのです。これは市の中心部を走るため、「セントラム」と名付けられました。

富山市は、東名阪の各都市に次いで鉄道の環状線を持つ都市となったのです。低床の路面電車であるため、東名阪の各環状線と比較しても、最もバリアフリーな高齢者と身体が不自由な方に優しい交通機関と言えるでしょう。そこで、

とやどこからの提案

路面電車で行く「各駅停車の旅」で富山市内を楽しもう!

全国の地方都市にある新幹線駅の中でも、富山駅の二次交通の充実度は群を抜いています。 先述の、ポートラムやセントラムに加え、富山駅横には、立山駅まで一本で行ける「ちてつ」こと富山地方鉄道の駅もあります。新幹線で富山駅を一歩降り立つと、迷うほどにさらなる鉄道の旅が楽しめるのですが、まずはグルメぐりクーポンhttp://www.chitetsu.co.jp/?p=16397を手に入れて、路面電車で市内を楽しむのはいかがでしょう?
これは1000円で、市内南側を走るセントラムと「市電」が乗り放題の切符なのですが、富山名物を一品貰えるクーポンも付いてくるのです。これで、ます寿司を食べるのもよし、地元の甘味を楽しむのもよし。

実は、この切符は、新幹線開業前からも、富山を訪れる方々に大好評で、元日経トレンディ編集長の北村 森氏も地元テレビ局の番組で大絶賛されていました。

さらに、市内南側を制覇したら、今度は北側のポートラムを楽しむのは、いかがでしょうか?専用のICカード「パスカ」を手に入れれば、実質510円で乗り放題になるサービスがあります。http://www.t-lr.co.jp/news/update/file_0128.pdf

この「パスカ」のフェイスがなかなかイケています。記念のお土産としてもいいです。


この春は、路面電車で富山市の春を堪能してください! さらに、「市電」には数え切れないくらいの多くの種類の電車が走っているので、それを全制覇するのもいいのでは。






続きを読む

↑このページのトップヘ