本日は、富山市議会の補欠選挙の投票日。

欠員13人に、25人が立候補。

任期は来年の4月まで。しかし、そんな半年足らずの任期のためにかかる経費は、

1億2千万円!

富山市の有権者が34万人くらいだから、頭割りすると今回の投票所への「入場料」350円ほどを強制徴収された計算になります。

ちなみに富山県の水墨美術館の入場料は200円。

そんなシラけたムードの中、午前10時の投票率が、

3.53%

少ないように、感じますが、前回選挙の同じ時間帯の投票率は9.13%!

つまり、少ないを通り越して、前回の6割減という富山市政への高い「不支持率」を反映した結果となっています。

そんな低調なムードが予想されていたのか、地元紙は一面に、投票を促す社説を掲載。

投票締め切りは、今夜8時。

本日は、日曜日のためローカルニュースの放送時間が少なく、補選の状況はなかなかわかりづらいのですが、全国放送ではTBSの夕方のニュースで扱いがあるようです。
(実は、今回の不正発覚の端緒は地元のTBS系列局の取材だったのです。)

さて、そんな今日、今年の夏、地元マスコミを賑わせた、中川某氏や谷口某氏は、どなたに投票されたのでしょうか。

そして、13時、富山市選挙管理委員会発表の投票率は10.36%。

前回選挙の最終投票率が53%なので、今回の補選への関心の薄さがさらに明らかになりつつあります。

15時の投票率は13.6%。

各陣営は、今回の投票率は30%台と予測していた所が多いようですが、このままの推移で行くと20%台もあり得るかもしれません。

(c)TBS

夕方のTBS系の全国ニュースで続報来ました。

17時の投票率が16.92%。

ここまで、2時間につき3%の投票率が増加している傾向が続けば、残り3時間で投票率30%台に届くのはかなり困難。

投票率20%台が現実味を帯びてきました。

 (c)NHK

先程、日曜日なのでローカルニュースの時間が少ないと書きましたが、地元のNHK富山放送局では、開票速報を行える体制でいるようです。

もしや、8時の真田丸の放送と同時に、最初の当確速報が来るのか!?

19時半の投票率は20.66%。これで、投票率20%台が確定ですね。

21時過ぎに、最終の投票率は26.94%と選管が発表。

これ、前回の市議会選挙の投票率53%のほぼ半分。誰も期待していない富山市政。

開票作業は21:15から富山市総合体育館で行われていますが、少ない投票率の中、多くの候補者が立候補したせいか、地元マスコミも出口調査からの予想に苦戦しているようで、投票締め切りから2時間以上経過しても、あのNHKですら、当確予想を誰一人打てない状況に。

23時時点で、開票率64%にも関わらず、定員13人の中、16人の候補者が同一の得票率、まさに混戦!

23時半、NHK当確第一弾来ました!




明けて、0:30、開票率100%ですべての当選者が確定。
と、ここまで、12人、

最後の1議席の明暗は、

まさかの、14票差、低い投票率ながら激戦だった今回の富山市議会補選。

ちなみに、13人目の当選者の金井氏は、地元で有名なオムレツ屋さんの元オーナー。

初夏から続いた、富山市の陣(乱?)、ここで一応終結。


今年も天候に恵まれた「富山マラソン」。

今回は、大阪マラソンと日程が重なったため、県外ランナーの参加者が昨年に比べ600人ほど減少したものの、全てのカテゴリーで昨年より700人ほど増加した1万4700人が大会に参加。

昨年、とやどこでの「富山マラソン2015」のエントリーが、思いのほか当ブログにおける「おわら」「べるもんた」と並ぶ人気エントリーとなってなっていたため、今年もマラソンが苦手ないち富山ケンミンの視点から「富山マラソン2016」をまとめてみました。

まずは、大会前に予想外に降りかかった珍事から。

「全国的に有名」になったあの富山市議会の補選の告示日が、富山マラソン2016の開催日である10月30日にバッティング。富山市の中心地で交通規制が敷かれる中、どう有権者にアピールするか、各陣営の頭が痛い問題となっていたようです。


大会開始前、ボランティアのミーティング。青いコートの背面ロゴは手を繋いで走るランナーのモチーフに。参加ランナー1万4700人に対して、ボランティアの総数は4500人!まさに、万全の体制で臨みます。


こちら、スタート前の屋上カメラ、スタート位置がいくつかのブロックに分かれており、後ろの方のブロックだと、実際にスタート出来るのは号砲の7分後とかになるケースも。


1万人以上のランナーがスタートを待ちわびます。


スターターは、つい1週間前に知事として再選を決めたばかり、昨年に引き続き大会委員長も務める石井富山県知事。


午前9時、富山マラソン2016がスタート!

今年も、地元ケーブルテレビ局が、完全生中継。この新聞の配送トラックを、急遽中継車に仕立ててしまうあたり、東京のテレビ局には真似出来ない芸当です。


スタートして直後、ランナーたちは古城公園までのつきあたり200mを直進。


つきあたりの古城公園北口交差点を左折してから、古城公園の外郭を1周するようなコースで高岡大仏前を目指します。


高岡市の南部にある赤祖父交差点手前で折り返します。


富山マラソンの最大の見どころは、ここ新湊大橋。


ここだけ走れるショートコースがあったら絶対に走りたい。


見どころだけじゃありません、富山マラソンの最大の難所と言われているのが、新湊大橋をぬけて富山市街地に入る前まで続く田園地帯。写真はTwitterからのものですが、とにかく単調な風景が続き応援も少ないので心が折れそうになるとのこと。


今年の逆転劇は、ゴールまで2kmくらいの市電の新富町電停付近で起きました。ここで、富山県入善町のランナー大野颯(赤いビブス)さんがトップに浮上。


 (c)BBT

大野さんが、そのままゴールテープを切りました。

女子の部優勝は、
 (c)BBT

東京都の廣瀬 光子さん。東京都の陸連に所属されている方とのこと。

今回は、地元紙が参加者全員の名前を紙面に載せるという粋な演出を。特に、県外ランナーの方にとってはいい思い出になったのではないでしょうか。

1万4700人が晩秋の越志路を駆け抜けた、富山マラソン2016。

来年度は、お隣石川県で開かれる「金沢マラソン」と同日に開催されることが決定しています。




先月で開業1年半を迎えた北陸新幹線。

今月から車内販売に、あの「幸の小分け」シリーズでも1番人気のホタルイカの素干しが登場。

そんな中、とやどこでは、まだネットやテレビで晒されていない、北陸新幹線を巡るトリビアを3つ紹介したいと思います。

1.そもそも富山県内では、北陸新幹線反対派が多かった。

写真は1983年の北日本新聞から。

1982年に北陸新幹線の富山県内ルートが公表されると、特に通過地なる県内山間寄りの住宅地や農家から、反対運動が噴出。多くは、騒音や農業への影響を考慮してのことだと思われます。

当時の県民会館で行われた住民説明会では、新幹線絶対反対の横断幕をかかげようとる人も。

中には、当時の知事である「中沖さんちの玄関横に通せばいい。」という怒号もあったそうです。

他にも、北陸本線が「廃止」になるという噂が流れ、「北陸新幹線よりも生活の足を!」という看板があちこちに立っていたような記憶もあります。

2.魚津ー糸魚川間は、開業の20年以上前から着工が始まっていた。

写真は1993年の北日本新聞から。

これはトンネルが多く難工事が予想された同区間を先に着工することで、「既成事実」を作り上げようということだったようです。

驚きなのは、この時点で糸魚川から先の長野までの区間は具体的工事計画が全く定まっていない状態だったということです。

公表された計画では、先に同区間を新幹線規格で作って、ほくほく線からの特急を暫定的に走らせるという内容だったようですが、これは、ミスターオリンピックである森「元」がどこかのインタビューで答えていたように、工事予算をつけるための方便だったようです。

そんな工事計画の名残が、糸魚川市青海地区の北陸新幹線高架に残っています。高架の右側(黒部宇奈月温泉駅方面)と左側(糸魚川駅方面)で、コンクリートの色合いが明らかに異なっています。

公表された計画では、この場所から在来線の北陸本線に接続しようとしていたようです。

現在のとき鉄は、先程の場所からすぐに北陸新幹線をアンダークロス。その場所には「信号所」用に取得された用地が。

糸魚川市街を走る北陸新幹線の高架は、まだまだ新しいコンクリート色です。

森「元」氏は、「新幹線とは政治だ!」と公言されていますが、まさにそんな大人の事情から作られた北陸新幹線先行工事区間でした。

3.富山駅の発車メロディは、開業前にある映画のエンディングで使われていた!?


富山駅の新幹線メロディは、小杉町出身の元CBSソニーの音楽ディレクター須藤晃氏の作曲。

しかし、この発車メロディと全く同じフレーズがある映画のエンディングに流れているのです。

映画のタイトルは、
「復活 尾崎豊 横浜アリーナ 1991.5.20」


タイトルからもわかるように、あの伝説のカリスマ、尾崎豊氏の最期のライブをドキュメンタリーで追ったものです。

その映画のエンディングで、富山駅の発車メロディと同じフレーズの曲が流れるのです。

この映画の公開は2012年、北陸新幹線開業の3年前です。

映画でのエンディングの作曲者名を見ると、TOMI YO氏。まさか、須藤氏がこのTOMI YO氏の作品を盗作?と驚きましたが、何と、このTOMI YO氏、実は須藤晃氏の実の息子。

実際は息子さんの作品を、知名度があるということで、須藤晃作曲名義で公表されたようです。
(TOMI YO氏自身が、ツィートで「あれ、実は俺の作曲」と認めていらっしゃいます。)

北陸新幹線と尾崎豊、まさに、不思議なつながりです。

以上、北陸新幹線開業1年半記念トリビアでした。



↑このページのトップヘ