(c)Bungeishunju Ltd.

今年、全国的に別の意味で「知名度」を上げてしまった富山市議会。

そんな富山市議会のトホホぶりが世間に明らかになる端緒を作った1つが、富山県内シェアNO1を誇る県紙、北日本新聞社なのですが、そんな北日本新聞社の奮闘ぶりが、あのセンテンススプンリングの総本家たる月刊文藝春秋の12月号に掲載されています。

この記事を読んで印象に残ったのは、当初は取材を担当していた記者誰もが、あの「辞職ドミノ」につながるとは思っていなかったという点です。

実は、イチ富山シミンたるとやどこ管理人自身も、「きっかけ」となった記事を読んだ以降、まさか、こんな大事になるとは思っていませんでした。

そんな「きっかけ」となる記事が掲載されてから、「辞職ドミノ」が発生するまで2ヶ月以上の時間が流れていて、その間、様々なニュースが流れ、すっかり印象が薄れていたというのが本音です。

先述の文藝春秋の特集からは、イベントが目白押しで多忙の中、粘り強く取材を続けていた北日本新聞社の記者の姿がよく伝わって来ました。

正直、今までは富山県内の市町村の単なる御用新聞としてしか見ていなかった北日本新聞、ところがわっしょい、エッジな部分に切り込んで、富山ケンミン並びに富山シミンの溜飲を下げてくれたこの富山市安住町にある地方紙への尊敬と、自らの県紙に対する認識の甘さの自省の念も込めて、北日本新聞社の145日間をまとめwikiしてみました。

  (c)THE KITANIPPON SHIMBUN.


6月9日、まずは市議会の議事録をもとに作成した議員報酬の月額10万円増額案の全貌を紹介。

この記事が掲載された当日、同社は議員報酬の増額案について、富山市議会議員への直接取材を予定していたのですが、その時に、全富山シミン及び富山ケンミンの怒りを買う事件が発生。


(c)THE KITANIPPON SHIMBUN.

まさか、別の議員を取材中の同社女性記者から、自民党会派の会長が取材メモを強奪。この事件は当日の在富のテレビ局各社の夕方のニュースでも取り上げられたため、北日本新聞社以外の在富マスコミ各社にも、議員報酬増額に対する批判のメール、電話が殺到、奇しくも中川氏の取材妨害がケンミン及びシミンの議員報酬増額問題への関心に火を付けることとなりました。

(c)THE KITANIPPON SHIMBUN.

しかし、この時は誰も(おそらく、北日本新聞社の記者ですらも)、この中川氏の名前が、これから二ヶ月後に、県内どころか全国ニュースで話題にあがろうとは思っていませんでした。

(c)THE KITANIPPON SHIMBUN.

それから、1週間後、賛成多数で議員報酬増案が市議会で可決。反対したのは共産党議員をはじめとしたごく一部のみ。世間の関心も、回転寿司屋やリゾートホテルで都政に関する会議を行った帝都の知事の辞職問題に移っており、多くのケンミンは割り切りない思いを抱いたまま。

そんな中、同紙は政治部長の署名入りの論説を一面に掲載。

これは、単なる最後の「一矢」だったのか、それとも反撃の狼煙(のろし)だったのか。

しかし、この後イギリスのEU離脱関連のニュースが巷を席巻、多くの富山ケンミンもこの話題を忘れかけていたその時、

同紙は、社会部、政治部、高岡支部の記者3人よる「民意と歩む」と題したキャンペーン記事を展開、
(c)THE KITANIPPON SHIMBUN.

議員報酬問題を中心にケンミンの関心事を記事で解説。ちなみに、富山市議会の記事なのに、なぜお隣の高岡支部の記者かというと、この方、かつて「高校生の未履修問題」を全国紙に先駆けてすっぱ抜いた敏腕記者らしいです。あの時は、高岡市の県立の進学校が記事上がっていましたっけ。

なるほど、政治部長の論説は、反撃の狼煙だったわけですね。

さらに、同紙は「二の矢」を放ちました。

社会部の別の記者が、富山県議会議員の出納記録を調査。

その中で、ある県議の、政治とは凡そ関係がない昆虫や鉄道に関する1冊3万円以上もする高額な書籍を何十冊も購入している領収書を発見。

この領収書発見から、裏付けの取材に至るまでの経緯は非常に手に汗握る展開となっていて、是非、当該の文藝春秋の記事を読んで頂きたいと思います。

そして、
(c)THE KITANIPPON SHIMBUN.

7月13日、富山県内の政務活動費不正受給に関する辞職議員の第一号となる矢後県議の記事が一面に掲載。

この日、陛下の「生前退位」の御意志が明らかとなったため、翌14日の紙面では一面ではなく三面に、
「民意と歩む」チームの後追い記事が掲載。

(c)THE KITANIPPON SHIMBUN.

この後、7月はポケモンGO、8月はリオオリンピックと、同紙の議会問題の追求記事は鳴りを潜めたかに思えましたが、

あの「民意と歩む」チームが、この間、密かに今度は、富山市議会議員の全出納記録を調査し始めていたのです。

ある日「民意と歩む」チームは、ある市議会議員の政務活動報告会とその配布物の印刷費に関する領収書に不自然な部分を発見します。

その市議会議員とは、誰あろう二ヶ月前に同紙が取材妨害を受けた中川市議。

8月19日、この日は、在富のマスコミにとってターニングポイントとなった日でした。

(c)THE KITANIPPON SHIMBUN.

同紙はこの日、前日早朝に金メダルを獲得した登坂選手の見開き二面記事を特別面として、一面の上に重ねた上で発行、ケンミンの度肝をぬきます。

そんな中、同紙記者は、中川市議の政務活動報告会未実施のウラはとってあったので、不自然な印刷費の領収書を発行した印刷会社を取材。翌日の一面トップのスクープを狙っていたのかもしれません。

しかし、この印刷会社の担当者は、「この領収書は確かにうちのもので、印刷も実際に行った。」と証言、先述の矢後県議と同様「架空の領収書」だと確信していた同紙記者は肩透かしをくらいましたが、
これには理由がありました。

なんと、北日本新聞社が取材を始めていた頃、同じ富山のJNN系テレビ局が中川市議の領収書の情報公開を請求、それを市議会事務局が中川市議にリーク。事を隠蔽したい中川市議は、印刷会社に口裏合わせを依頼したというのが真相です。

事務局のモラルが問われる事態でした。

それでも、そのJNN系テレビ局はこの日の夕方のニュースでスクープとして中川市議の疑惑を報道、ケンミンに二ヶ月ぶりに中川市議の名前が伝えられます。(あっ、あの中川さんだ!)

この報道により、安住町と奥田新町だけではなく、根塚町と牛島町まで加わった県内マスコミの報道合戦の火蓋が切られました。
(c)THE KITANIPPON SHIMBUN.

翌、20日、同紙も社会面に中川市議の疑惑を掲載。1面掲載とならなかったのは下の記事からもわかるように、まだリオオリンピックの開催期間だったからかもしれません。

ところが、各社一斉に中川市議の疑惑を報じた20日、
(c)THE KITANIPPON SHIMBUN.

中川市議が、まさかの行方不明に。幸い大事には至らず発見されましたが、相当精神的に追い込まれていたのかもしれません。

(c)THE KITANIPPON SHIMBUN.

結局、疑惑報道から一週間後の27日に、中川市議は辞職を表明しました。

(つづく)



本日は、富山市議会の補欠選挙の投票日。

欠員13人に、25人が立候補。

任期は来年の4月まで。しかし、そんな半年足らずの任期のためにかかる経費は、

1億2千万円!

富山市の有権者が34万人くらいだから、頭割りすると今回の投票所への「入場料」350円ほどを強制徴収された計算になります。

ちなみに富山県の水墨美術館の入場料は200円。

そんなシラけたムードの中、午前10時の投票率が、

3.53%

少ないように、感じますが、前回選挙の同じ時間帯の投票率は9.13%!

つまり、少ないを通り越して、前回の6割減という富山市政への高い「不支持率」を反映した結果となっています。

そんな低調なムードが予想されていたのか、地元紙は一面に、投票を促す社説を掲載。

投票締め切りは、今夜8時。

本日は、日曜日のためローカルニュースの放送時間が少なく、補選の状況はなかなかわかりづらいのですが、全国放送ではTBSの夕方のニュースで扱いがあるようです。
(実は、今回の不正発覚の端緒は地元のTBS系列局の取材だったのです。)

さて、そんな今日、今年の夏、地元マスコミを賑わせた、中川某氏や谷口某氏は、どなたに投票されたのでしょうか。

そして、13時、富山市選挙管理委員会発表の投票率は10.36%。

前回選挙の最終投票率が53%なので、今回の補選への関心の薄さがさらに明らかになりつつあります。

15時の投票率は13.6%。

各陣営は、今回の投票率は30%台と予測していた所が多いようですが、このままの推移で行くと20%台もあり得るかもしれません。

(c)TBS

夕方のTBS系の全国ニュースで続報来ました。

17時の投票率が16.92%。

ここまで、2時間につき3%の投票率が増加している傾向が続けば、残り3時間で投票率30%台に届くのはかなり困難。

投票率20%台が現実味を帯びてきました。

 (c)NHK

先程、日曜日なのでローカルニュースの時間が少ないと書きましたが、地元のNHK富山放送局では、開票速報を行える体制でいるようです。

もしや、8時の真田丸の放送と同時に、最初の当確速報が来るのか!?

19時半の投票率は20.66%。これで、投票率20%台が確定ですね。

21時過ぎに、最終の投票率は26.94%と選管が発表。

これ、前回の市議会選挙の投票率53%のほぼ半分。誰も期待していない富山市政。

開票作業は21:15から富山市総合体育館で行われていますが、少ない投票率の中、多くの候補者が立候補したせいか、地元マスコミも出口調査からの予想に苦戦しているようで、投票締め切りから2時間以上経過しても、あのNHKですら、当確予想を誰一人打てない状況に。

23時時点で、開票率64%にも関わらず、定員13人の中、16人の候補者が同一の得票率、まさに混戦!

23時半、NHK当確第一弾来ました!




明けて、0:30、開票率100%ですべての当選者が確定。
と、ここまで、12人、

最後の1議席の明暗は、

まさかの、14票差、低い投票率ながら激戦だった今回の富山市議会補選。

ちなみに、13人目の当選者の金井氏は、地元で有名なオムレツ屋さんの元オーナー。

初夏から続いた、富山市の陣(乱?)、ここで一応終結。


今年も天候に恵まれた「富山マラソン」。

今回は、大阪マラソンと日程が重なったため、県外ランナーの参加者が昨年に比べ600人ほど減少したものの、全てのカテゴリーで昨年より700人ほど増加した1万4700人が大会に参加。

昨年、とやどこでの「富山マラソン2015」のエントリーが、思いのほか当ブログにおける「おわら」「べるもんた」と並ぶ人気エントリーとなってなっていたため、今年もマラソンが苦手ないち富山ケンミンの視点から「富山マラソン2016」をまとめてみました。

まずは、大会前に予想外に降りかかった珍事から。

「全国的に有名」になったあの富山市議会の補選の告示日が、富山マラソン2016の開催日である10月30日にバッティング。富山市の中心地で交通規制が敷かれる中、どう有権者にアピールするか、各陣営の頭が痛い問題となっていたようです。


大会開始前、ボランティアのミーティング。青いコートの背面ロゴは手を繋いで走るランナーのモチーフに。参加ランナー1万4700人に対して、ボランティアの総数は4500人!まさに、万全の体制で臨みます。


こちら、スタート前の屋上カメラ、スタート位置がいくつかのブロックに分かれており、後ろの方のブロックだと、実際にスタート出来るのは号砲の7分後とかになるケースも。


1万人以上のランナーがスタートを待ちわびます。


スターターは、つい1週間前に知事として再選を決めたばかり、昨年に引き続き大会委員長も務める石井富山県知事。


午前9時、富山マラソン2016がスタート!

今年も、地元ケーブルテレビ局が、完全生中継。この新聞の配送トラックを、急遽中継車に仕立ててしまうあたり、東京のテレビ局には真似出来ない芸当です。


スタートして直後、ランナーたちは古城公園までのつきあたり200mを直進。


つきあたりの古城公園北口交差点を左折してから、古城公園の外郭を1周するようなコースで高岡大仏前を目指します。


高岡市の南部にある赤祖父交差点手前で折り返します。


富山マラソンの最大の見どころは、ここ新湊大橋。


ここだけ走れるショートコースがあったら絶対に走りたい。


見どころだけじゃありません、富山マラソンの最大の難所と言われているのが、新湊大橋をぬけて富山市街地に入る前まで続く田園地帯。写真はTwitterからのものですが、とにかく単調な風景が続き応援も少ないので心が折れそうになるとのこと。


今年の逆転劇は、ゴールまで2kmくらいの市電の新富町電停付近で起きました。ここで、富山県入善町のランナー大野颯(赤いビブス)さんがトップに浮上。


 (c)BBT

大野さんが、そのままゴールテープを切りました。

女子の部優勝は、
 (c)BBT

東京都の廣瀬 光子さん。東京都の陸連に所属されている方とのこと。

今回は、地元紙が参加者全員の名前を紙面に載せるという粋な演出を。特に、県外ランナーの方にとってはいい思い出になったのではないでしょうか。

1万4700人が晩秋の越志路を駆け抜けた、富山マラソン2016。

来年度は、お隣石川県で開かれる「金沢マラソン」と同日に開催されることが決定しています。



↑このページのトップヘ